Fandom


Bunki この記事はメタナイトとの戦闘時に流れる楽曲について書かれています。
  • メタナイトとの戦闘内容の詳細については、メタナイトをご覧ください。
VS.メタナイト
楽曲
読み: ばーさす めたないと
英名: Meta Knight
作曲者: 石川淳
初出作品: 星のカービィ スーパーデラックス

VS.メタナイト ( バーサス - ) とは、『星のカービィ』シリーズにて使用されている楽曲である。英語名Meta Knightは『毛糸のカービィ』のもの。

概要 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

メタナイトと戦う際に流れる戦闘曲。シリーズでも珍しく5拍子で構成されている。星のカービィ25周年記念オーケストラコンサートでの石川淳の談によると、当初『SDX』のメタナイト戦BGMのオーダーは「あまり戦闘曲っぽくなく、イメージは例えば『ジュリアナ東京』みたいな感じの曲」であった。しかし、『SDX』は当時開発期間が長引くことが予想され、「ゲームが完成した頃にはもう『ジュリアナ東京』はなくなっているかもしれない」といった理由により、「ジュリアナ東京」のような曲にするのは結局やめることになったとのこと。ところが、改めて石川氏がいざ曲を作ろうとしても、当初のオーダーである「ジュリアナ東京」というワードのイメージが頭からこびりついて離れなかったらしく、どうにかして頭の中から振り払うために曲を5拍子にしようという発想に至り、当楽曲が完成したとのこと。また、桜井政博談によると「当時、本当は『ジュリアナ東京』というよりは『レイヴ』っぽいイメージでオーダーをしたつもりだった」らしい。[1]なお、当楽曲以外のBGMがメタナイト戦にて流れることもある。

楽曲の経緯 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。
  • 流 - 流用
  • ア - アレンジ
  • 派 - 派生
  • メ - メドレー

初出は『星のカービィ スーパーデラックス』(以下基本的に「SDX」と記す)の「メタナイトの逆襲」のメタナイト戦。

ゲーム作品におけるVS.メタナイト 編集

星のカービィ スーパーデラックス「VS.メタナイト (仮)」
当BGMの初出。
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス「VS.メタナイト」
  • 公式曲タイトル - 「VS.メタナイト」[2]
  • 経緯 - 原曲 → 当楽曲(流)
  • 使用箇所 - メタナイト戦、ムービー27「ナイトの冒険 シーン7~8」
  • サウンドテスト - 053
毛糸のカービィ「メタナイト」
  • 公式曲タイトル - 「メタナイト」
  • 経緯 - 原曲 → 当楽曲(ア)
  • 使用箇所 - メタナイト戦
  • サウンドテスト - 50
星のカービィ ロボボプラネット「己が精神との闘い」
  • 公式曲タイトル - 「己が精神との闘い」
  • 経緯 - 原曲 → 当楽曲(ア)
  • 使用箇所 - メタナイトボーグ改
  • サウンドテスト - 084

各サウンドトラックにおけるVS.メタナイト 編集

星のカービィ ウルトラスーパーデラックス オリジナルサウンドトラック
トラック20「VS.メタナイト」
  • 経緯 - 原曲 → USDX(流) = 当楽曲
トラック35「ボスバトルメドレー/エレクトロニックver.」
  • 経緯 - 原曲 (SDX) → 当楽曲(派/メ)
ボーナストラック。「巨大ボスとの戦い」 + 「VS.アイアンマム(仮)」〜VS.メタナイト〜「VS.マルク」〜「ボスとの戦い」〜「銀河最強の戦士」という、他のUSDXボスバトルBGMとのメドレーアレンジ。
星のカービィ ロボボプラネット オリジナルサウンドトラック
DISC2 トラック15「己が精神との闘い」
  • 経緯 - 原曲 → ロボプラ(ア) = 当楽曲

脚注 編集

関連項目 編集


Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。