Fandom


(各サウンドトラックにおけるCROWNED)
m (60.156.243.29トーク)による編集を61.25.141.149による直前の版へ差し戻しました)
45行: 45行:
 
: 当BGMの初出。
 
: 当BGMの初出。
   
; [[デデデ大王のデデデでデンZ]]<nowiki>「CROWNED:ver.1</nowiki>
+
; [[デデデ大王のデデデでデンZ]]「CROWNED」
 
* 経緯 - 原曲 → 当BGM(ア)
 
* 経緯 - 原曲 → 当BGM(ア)
 
* 使用箇所 - おもて エクストラ
 
* 使用箇所 - おもて エクストラ
77行: 77行:
 
; トラック44「サイゴノタタカイ」
 
; トラック44「サイゴノタタカイ」
 
* 経緯 - 原曲 → 当BGM(派生・ア)
 
* 経緯 - 原曲 → 当BGM(派生・ア)
: ムービー「ゼンブ教えてヤルヨ」の曲~[[飛べ! 星のカービィ (BGM)|飛べ!星のカービィ]]~[[支配してアゲルヨォ]]~CROWNED~[[4人の仲間と:クッキーカントリー|Retern to Dreemland]]のメドレーアレンジ。
+
: ムービー「ゼンブ教えてヤルヨ]]」の曲~[[飛べ! 星のカービィ (BGM)|飛べ!星のカービィ]]~[[支配してアゲルヨォ]]~CROWNED~[[4人の仲間と:クッキーカントリー|Retern to Dreemland]]のメドレーアレンジ。
   
 
; [[星のカービィ 20周年メモリアルサウンドトラック]]
 
; [[星のカービィ 20周年メモリアルサウンドトラック]]

2020年8月2日 (日) 08:47時点における版

CROWNED
楽曲
読み: くらうんど
英名: C-R-O-W-N-E-D
作曲者: 安藤浩和
初出作品: 星のカービィ Wii
収録アルバム: 星のカービィ Wii ミュージックセレクションほか

CROWNEDとは、『星のカービィ』シリーズに使用されている楽曲である。英語名はC-R-O-W-N-E-D[1]

概要

作曲者は安藤浩和[2]

Cut ネタバレ注意: 以降の記述でゲーム・アニメなどに関する核心部分などの、ネタバレ要素が記述されている可能性がありますので注意してください。

初出は、『星のカービィ Wii』のマホロア第2形態戦。

曲名の「CROWNED」は、各ステージの頭文字(クッキー カントリーのC、レーズン ルインズのR、オニオン オーシャンのO、ホワイト ウェハースのW、ナッツ ヌーンのN、エッガー エンジンズのE、デンジャラス ディナーのD)を並べたものであり、マホロアがマスタークラウンを手中に納める、または逆にマスタークラウンに飲み込まれることを暗示した単語となっている。また、この単語を訳すと「王位に就いた」[3]という意味になる。

この曲には「彼方からの旅人マホロア」、「4人の仲間と:クッキーカントリー」、「ぼうけんのはじまり 」など『星のカービィ Wii』のBGMのフレーズと共に、「GREEN GREENS」「カービィ凱旋のテーマ」など星のカービィを代表するBGMのフレーズがメドレー形式で使われている。 また、BGMの最初が『星のカービィ 夢の泉の物語』のナイトメアウィザード戦BGMを彷彿とさせる旋律だという意見や、『星のカービィ 鏡の大迷宮』の携帯電話の音が聞こえるという意見もある。

同じく最終ボス戦で流れる「支配してアゲルヨォ」(石川淳作曲)とは別の作曲者が担当することにより、ボス戦というひとつのクライマックスシーンに大きな変化を生んでいるという。[4]

楽曲の経緯

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。
  • 流 - 流用
  • ア - アレンジ
  • 派 - 派生
  • メ - メドレー

ゲーム作品におけるCROWNED

星のカービィ Wii「CROWNED」
当BGMの初出。
デデデ大王のデデデでデンZ「CROWNED」
  • 経緯 - 原曲 → 当BGM(ア)
  • 使用箇所 - おもて エクストラ
  • 編曲 - 安藤浩和
前半の彼方からの旅人マホロアのフレーズはカットされている。
デデデ大王のデデデでデンZ「CROWNED:Ver.2」
  • 経緯 - 原曲 → 当BGM(ア)
  • 使用箇所 - うら エクストラ
  • 編曲 - 安藤浩和
  • 英語名 - C-R-O-W-N-E-D (Reprise)[6]
表とは別のカット無しアレンジ。
タッチ! カービィ スーパーレインボー「CROWNED」
  • 経緯 - 原曲 → 当BGM(ア)
  • 使用箇所 - サウンドルームのみ
  • サウンドテスト - 36
原曲寄りだがハードなアレンジとなっている。
星のカービィ スターアライズ「覇王戴冠~OVERLORD~」
CROWNEDと、「デンジャラスディナー」・「飛べ!星のカービィ」・「無限のチカラ」・「勝利への道」・「スカイタワー」のミックスアレンジ。

各サウンドトラックにおけるCROWNED

星のカービィ Wii ミュージックセレクション
トラック41「CROWNED」
  • 経緯 - 原曲(Wii) = 当BGM
トラック44「サイゴノタタカイ」
  • 経緯 - 原曲 → 当BGM(派生・ア)
ムービー「ゼンブ教えてヤルヨ]]」の曲~飛べ!星のカービィ支配してアゲルヨォ~CROWNED~Retern to Dreemlandのメドレーアレンジ。
星のカービィ 20周年メモリアルサウンドトラック
トラック41「CROWNED」
  • 経緯 - 原曲(Wii) = 当BGM

脚注

  1. ^ Kirby's Dream Collection: Special Edition Compilation Soundtrack』 Track 23
  2. ^ 「「天空の民」の声は「狂花水月」や「CROWNED」という曲を作成したサウンドスタッフが担当した」(「狂花水月」の作曲は、『星のカービィ トリプルデラックス』サウンドテストより安藤浩和。) Miiverse - 星のカービィ トリプルデラックス スタッフルーム 石田聡さんの投稿(2014/3/27) 「サウンドの秘密」について
  3. ^ 「「星のカービィWii」ですと、 レベル1が「Cookie Country」で、Cから始まり、 レベル7までの頭文字を繋ぐと「CROWNED(王位に就いた)」という単語になる」Miiverse - 星のカービィ トリプルデラックス スタッフルーム 石田聡さんの投稿(2014/2/26) 「レベル名に隠された秘密」について
  4. ^ 「「ハッピーマンボー」と「雲の夢」は懐かしの曲のアレンジだったり、「支配してアゲルヨォ」と「CROWNED」は、別々の作曲者が担当することで、ボス戦というひとつのクライマックスシーンに大きな変化を生み、それらは「カービィサウンド」の醍醐味にもつながっています。」 - 『星のカービィ Wii ミュージックセレクション』リーフレットより
  5. ^ 『星のカービィ Wii ミュージックセレクション』Track 41
  6. ^ https://miiverse.nintendo.net/posts/AYMHAAACAAADVHkyp7JF2Q

Cut 以上でネタバレ部分は終了です。

関連項目



Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。