FANDOM


風邪ウィルス魔獣
読み: かぜうぃるすまじゅう
英名: Cold Virus
登場話: 第63話
分類: 魔獣

風邪ウィルス魔獣[1]とはアニメ「星のカービィ」に登場する魔獣

概要 編集

紫色の球体で目などが虫歯菌に似ている。両側に小さなひれのような突起が3本ずつ生えている。

第63話で風邪が流行したときに、デデデが「バカは風邪をひかない」と聞いて様々な方法で風邪をひこうとしたが、結局全て失敗に終わりどうしても風邪をひきたくて注文した魔獣。デデデの体内で培養・増殖した模様。後で風邪を治そうとマイクロナイザーカービィを小さくして風邪ウィルス魔獣をすいこませようとしたが、途中でデデデがくしゃみをしてしまったことで、カービィが体外に飛び出し、失敗に終わった。結局、デデデは話の最後に風邪の流行が終わった後も、病気にかかっていた。

脚注 編集

  1. ^ プププ大全p179.より

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。