Fandom


(お昼のデデデワイドをつぶせ!) ← 第37話 | 第38話 | 第39話 → (忘却のエスカルゴン)
Theater038

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater038h

シアターの間で見られたアニメの表紙

読むぞい! 驚異のミリオンセラー』(よ - きょうい - )はアニメ『星のカービィ』の第38話のサブタイトルである。初回放送日は2002年6月29日、初回放送の視聴率は4.6%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

ゲストキャラクター
魔獣

登場したコピー能力 編集

あらすじ 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

次回予告の台詞 編集

デデデ(以下デ)&エスカルゴン(以下エ):(エ)わーお、ふむふむ。なるほどね、はあはあ。(デ)エスカルゴン、何をしてるぞい?(エ)しっ!今ミリオンセラーの魔法の物語を呼んでるでゲス。(デ)何っ!?面白いのかぞい?(エ)そりゃあもう。あら、あはは。でも陛下は字が読めないでゲしたな。あたっ、あたた。あぃたいたいたい!(デ)それは2人だけの秘密ぞい!(エ)ゴメンなさい…。

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 A Novel Approach
小説の新しい手がかり[2]

備考 編集

名台詞・迷台詞 編集

  • テレビ番組で「ダンシングキングぞい!」- 84話でのガスの発言によると、この番組は、少なくとも204回放送されているようである。(デデデ
  • テレビ番組を見た後「傑作のツッコミぞい! ワシは喜劇の王様ぞい!」(デデデ)
  • 「今の子ども達はテレビしか見ないと思っていたけど…」(サト)、「読書に夢中になるとはすばらしい」(キュリオ
  • 「この本は1枚も挿し絵がないぞい」「全部字だぞい」(デデデ)
  • デデデがぶったことに対して「いってーな、もう。ぶたなくったって…」(エスカルゴン)
  • エスカルゴンが逃げた時に「ゲス、ゲスタポ[6]」(デデデ)
  • デデデが本を燃やすシーンにて「デデデデ~ デデデデ~ デ~デ~デ~デ~」 (ワドルディ)
  • 「今日より書かず、読まず、持ち込まずの非書く三原則ぞい」(デデデ) - 実際の非核三原則は「(核兵器を)持たず、作らず、持ち込ませず」である。
  • レン村長の「まるっきり独裁者じゃ!」という発言を受けて「ワシははじめから絶対権力者ぞい」(デデデ)
  • フームの質問を受けて「私は忙しいの。ファンの手紙をいちいち読んでる暇はないわ」「お金儲けのためよ」「ミリオンセラーになれば儲かるでしょ、何か問題ある?」(偽ローリン
  • 「今では豊かになったけど、当時は生活に困ったこともあったわ。でも、物語を書いたのは夢を見たかったから」「不思議な物語を考えると元気が出てくる。皆さんも覚えがあるでしょう?」「困った時や苦しい時は夢を見ましょう。すると、元気が出て幸せになれるのです」「私のようなおばさんでも大きな仕事ができるの」(ローリン
  • 「やっぱり…例のあの人の手下ね?」(ローリン) - パロディ元に基づいた発言。

脚注 編集

  1. ^ テレビアニメ視聴率まとめ(星のカービィ完全攻略)
  2. ^ サブタイトルリスト(あしかのほびぃ)
  3. ^ あにかびパロディ集(カビページ)
  4. ^ エスカルゴンの第1章の音読より。
  5. ^ デデデ大王は第11話めちゃグルメ食材大百科の文章を読んでおり、ビデオ・DVDの発売の宣伝も兼ねて、該当シーンを確認して見ろということだと思われる。
  6. ^ ナチスドイツの秘密警察であるゲシュタポという言葉が元ネタの可能性がある。

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。