Fandom


この記事のタイトルは公式な名称が不明であるため、仮に付けられたものである可能性があります。もし、この記事の公式名称を知っている方がいらっしゃればノートページに記事の名称変更願いを出すか、直接記事の移動を行ってください。
SA Butterfly01
星のカービィ スターアライズ』オープニングの蝶
読み: ちょう
英名: (Butterfly)
初登場: 星のカービィ
分類: キャラクター


は、カービィシリーズに登場するキャラクター。名称は不明であるため当Wikiで便宜的につけたもの。

概要 編集

初代『星のカービィ』から、多くの作品に何かしらの形で登場している蝶(複数個体の事もある)。

登場作品 編集

星のカービィ
ステージ1「グリーングリーンズ」の開始デモで登場。1匹の蝶をカービィが追いかけていたら、5匹の蝶に追い返される。
カービィボウル
オープニングに登場。色は黄色、ピンク色、水色の3種類。
星のカービィ スーパーデラックス
はるかぜとともにのステージ1「グリーングリーンズ」の開始デモで登場。基本的には初代と同じだが、カラーになった。
星のカービィ64
ムービー「オイラもいくっス」に2頭登場。どちらもモンキチョウのような色合い。これとは別に、ポップスター・ステージ1等にはモンシロチョウのようなモンチョが登場する。
タッチ! カービィ
ステージ中にヒラヒラ蝶が登場する他、ペイントパニックのお題の1つとなっている。
星のカービィ 参上! ドロッチェ団
オープニングに登場。モンキチョウのような色合い。
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
スーパーデラックスに同じ、及び大王の逆襲のステージ1「パープルプランツ」の開始デモで登場。1匹の蝶をカービィが追いかける所は同じだが、追い返すのは蝶ではない。
毛糸のカービィ
初めて手に入るステージワッペンが「ちょうちょ」であり、このワッペンでステージ「おはなばたけ」が解放される。ステージ内やグラスランド・マップ内の蝶もやはり毛糸になっている。
星のカービィ Wii
オープニングとエンディングに登場。翅の色は内側が黄色、外側が赤色で構成されている(『スタアラ』まで本編作品では全てこの配色)。このデザインの蝶はゲーム雑誌「Nintendo DREAM」2018年7月号p.35[1]では「チョウチョ」と呼ばれており、シリーズにおける平和の象徴と扱われている。
星のカービィ トリプルデラックス
オープニングに登場。
タッチ! カービィ スーパーレインボー
オープニングに登場。翅は黄色のみで構成されている。
星のカービィ ロボボプラネット
エンディングに登場。同じデザインの蝶が2頭同時に画面内に映っている。
みんなで! カービィハンターズZ
まちで船員ワドルディに追い回され続けている。翅は黄色のみで構成されている。
星のカービィ スターアライズ
オープニングに登場。へいわなくに プププランドのマップの右下の方に飛んでいることもある。また、モード「星の〇〇〇〇 スターフレンズでGO!」では、ハイネス戦後に登場するギャラクティックナイトのランスにとあるチョウチョが止まり、ギャラクティックナイトのもたらした長年の生命の叫びに共鳴し、彼を消してしまう。そしてそのチョウチョが中央でパワーを纏うようなエフェクトを発し、バルフレイナイトとして降臨する。このチョウチョはバルフレイナイトのスペシャルページで「何かが絶え、その審判の日にどこからか飛来する極楽の夢見鳥」と紹介されている(「夢見鳥」とは蝶の別の呼び方、北米英語版ではFluttery Fiend(はためく悪霊))。バルフレイナイトEXのスペシャルページには「アナザーディメンション」から飛来している、ということが書かれている。その他、Ver2.00以降の「星の○○○○」をバンダナワドルディデデデ大王メタナイトのどれかでクリアした時の一枚絵にも登場している。先述の通り「平和の象徴として扱われていたチョウチョが、ハッピーエンドのように出てきたにも係わらず、危機が再来するイメージは唖然とする」ことと「チョウチョは日本でも古くは黄泉の国を感じさせる不吉なイメージがあった」ことから今回の登場が決まった[1]イラストピースの「さよならカービィ」にも描かれている。

脚注 編集

  1. ^ a b 星のカービィ スターアライズ Vol.4 インタビューTheアルティメット 後編(2018年7月号より)より"熊崎 HDでちゃんと3Dモデルまで作ったギャラクティックナイトを、すぐ消滅させるというインパクトから考えました(笑)。『カービィ』シリーズにおいて平和の象徴としてチョウチョを出しているのですが、ハッピーエンドのようにチョウチョが出てきたにも係わらず、危機が再来するイメージってハッとするなぁと思ったのです。チョウチョって、日本でも古くは黄泉の国を感じさせる不吉なイメージがありましたよね? なので、平和の象徴と思っていたチョウチョが介入して来たら、じつはものすごい敵だったと。そういう考えから、新たなるナイトのボスとして、チョウチョのデザインのバルフレイナイトを復活させました。名前はチョウチョの英語となるバタフライから命名しました。"

画像 編集

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。