Fandom


(え〜っ! 宇宙のゴミ捨て場) ← 第33話 | 第34話 | 第35話 → (栄光のプププグランプリ 前編)
Theater034

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater034h

シアターの間で見られたアニメの表紙

究極鉄人、コックオオサカ』(きゅうきょくてつじん - )とは、アニメ『星のカービィ』の第34話のサブタイトルである。初回放送日は2002年6月1日、初回放送の視聴率は5.0%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

ゲストキャラクター
魔獣

あらすじ 編集

Cut ネタバレ注意: 以降の記述でゲーム・アニメなどに関する核心部分などの、ネタバレ要素が記述されている可能性がありますので注意してください。(読み飛ばす

ププビレッジの村外れ、フームブンカービィが野菜を運んでいた。川の魚に気を取られているカービィを呼ぶフームとブン。そこへカービィの前にあのコックオオサカが現れ、レストランカワサキの場所を訊いてきた。急いで3人はレストランカワサキへと向かう。

一方、レストランカワサキ、今日も客が一人も来ず仕事がないコックカワサキだったが突然の来客に飛び上がる。それは以前魔獣が化けていた師匠、コックオオサカだったのだ。駆けつけてきたフーム達と共に追い払おうとするが、師匠にしか持ちえない包丁を突き出される。彼は本物のコックオオサカだった。彼はカワサキの腕前を見に来たのだと言う。カワサキは持ちメニューを次々と師匠に出し試食してもらうも「まずい」と言われてしまう。おまけにカワサキは商売道具であるプライパンと店ののれんまでを没収されてしまい大ショックを受ける。また、このままではオオサカが店を構えてしまうのでは、とひどく不安がる。

一方デデデ城では本物のオオサカがやって来たと一騒動、装甲車で宿屋を探すオオサカを迎えに行き、美味い料理を食わせるのと引き換えにデデデ城に泊めてやると言った。オオサカを招いたデデデ達は急遽テレビの番組で料理の様子を生中継、試食席にはデデデやエスカルゴン、大臣夫婦、レン村長ハナ夫妻が並んだ。オオサカは華麗な料理捌きを見せつけ、カワサキに「どうせ暇やろ、手伝いに来い」と言葉を投げた。

みじめに感じながらもデデデ城に向かうカワサキ。フーム達と合流しオオサカとも鉢合わせになるが、用があったら呼ぶから控え室で待っとけ、と言われる始末。「オオサカの料理には何か秘密があるはず」と彼らは秘密を突き止めようとする。すると控え室に置いてあったオオサカの持ち物の中から怪しい調味料を見つけた。それは「ギジラエキス」という食べた人に幻覚症状をもたらしどんなまずいものでも美味しく感じられるようにする薬品だった。そこでカワサキはアナウンスでオオサカにスタジオまで来るよう呼ばれた。

スタジオに着くも「お前も肉じゃがくらい作れるやろ」と馬鹿にするような言葉を投げつけられるカワサキ。そこでカワサキは肉じゃがの調味料として隠し持ってきたギジラエキスを入れる。完成した肉じゃがを試食席の人に食べてもらうとまさかの高評価。しかしカワサキは美味いのは当然、ギジラエキスを使っているからと暴露する。カワサキの料理がインチキだったと野次を受ける中、カワサキはオオサカもこのエキスを使っていたと言った。オオサカは笑いだし、「バレちゃしゃあない、けど覚えておき、これが味覚の正体や」と開き直る素振りを見せる。カワサキは料理を侮辱するような態度を見せるオオサカにギジラエキスを投げつける。しかしそのまま跳ねかえったギジラエキスをカービィが丸ごと食べてしまった。ゾッとするフーム達。カービィの目の色が変わり、彼の視覚に入る全てのものが食べ物に見えてしまう。スプーンとフォークを両手に追いかけるカービィ、逃げ惑うデデデ達。デデデとエスカルゴンはスタジオを出て城内へ、電話ボックスに入りカスタマーサービスと連絡を取り、特急料金を払ってまで魔獣を注文した。

送り込まれてきた魔獣は巨大なトウモロコシの容姿をした「モロコシー」。スタジオで目の前をモロコシーが立ちはだかるも、目の色を変えて喜び近づくカービィ。だが、巨大な手で潰されてしまい返り討ちに合ってしまう。さらにトウモロコシの皮に捕まるとコーンを狙い撃ち攻撃されてしまう。そこでブンがカワサキの持っていたフライパンを投げるとカービィはそれを吸い込みコックカービィ」となり催眠も解けた。カービィはフライパンを投げつけモロコシーの体を崩していき、さらにそれをフライパンで料理すると、スタジオを埋め尽くすほどのポップコーンが出来上がった。

コックオオサカとの別れ、カワサキは「ワシに立てついたその意気で料理に臨め」と言われのれんを返してもらった。最後に去ろうとするオオサカにカワサキは本当にギジラエキスを使ったのかと聞いた。するとオオサカはあれはカワサキに土産として持ってきたものだと言った。料理の味なんてちょっとした事から変わるという事を教えたかったのだった。ぼろぼろになってしまったオオサカの面目を気に掛けるカワサキだが、オオサカは教え子が成長するならそれでいい、何でも美味しく食べてくれる強い味方がいるんだから頑張れ、と言い残して去って行った。

Cut 以上でネタバレ部分は終了です。

次回予告の台詞 編集

コックカワサキ(以下コ)&カービィ(以下カ):(コ)カービィ、覚えてるかい?前にオレの師匠、コックオオサカに化けた魔獣がやって来たよね。(カ)ぽよ。(コ)次はなんと本物がやって来るんだって!(カ)ぽ~よ!ぽよ(舌舐めずり)。(コ)俺にも意地があるもんね。料理の戦いに負けないように、きっと師匠の味の秘密をつきとめるよー!(カ)ぽよ。

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 Recipe for Disaster
災いの元[2]

備考 編集

  • コックカワサキが想像したコックオオサカの店は大阪にある株式会社くいだおれが経営する飲食店「くいだおれ」に似ている。
  • 上の幻覚の詳細だが、カービィの場合、フームやデデデ大王まで肉まんや若鶏のように見えてしまう(『星のカービィ64』のムービー「はらへったぁ」に通じる所がある)。

名台詞・迷台詞 編集

  • 「何とか努力しないで商売繁盛しないと…」(コックカワサキ
  • 「と、と、鳥肉!?」(トッコリ
  • 「ワシは高い金を払ってカービィにポップコーンを買ってやった訳かぞい?」(デデデ
  • 「みんな聞いて! ギジラエキスは幻覚症状を起こさせる、キノコからできた薬よ!」(フーム
  • 「雑巾食うても極上のフィレ肉や! 泥でもゴミでも高級キャビアや! 親子同士でもうまそうに見えて、食いたくなるでぇ?」(コックオオサカ

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集


Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。