Fandom


(誕生? カービィのおとうと) ← 第15話 | 第16話 | 第17話 → (パームとメームの指輪物語)
Theater016

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater016h

シアターの間で見られたアニメの表紙

私を愛したサカナ』(わたし - あい -)はアニメ『星のカービィ』の第16話のサブタイトルである。初回放送日は2002年1月19日、初回放送の視聴率は5.0%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

登場したコピー能力 編集

あらすじ 編集

海の住人がカインがフームに愛の告白!しかしフームは「陸に上がってきたら考える」とそっけない返事。これに目をつけたデデデ大王は、虹色のサンゴの森のありかと引きかえに、カインを陸に連れ出してしまう。フームはカインとデートをすることになる。

次回予告の台詞 編集

フーム(以下フ)&ブン(以下ブ)達:(ブ)ッハハ。姉ちゃんもショックだよなー。(フ)何がおかしいの?これは生き物の大事な問題よ。(ブ)あの間抜けなサカナ野郎のラブレターが?(フ)どうしたら陸と海の生き物はお互いを理解できるか?私はこのテーマに取り組んでるの!(ブ)次は姉ちゃんが傑作なことになるぜ。な?カービィ。(カービィ)ぽよ!

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 A Fish Called Kine
カインと呼ばれたサカナ[2]

備考 編集

  • ストーリーの前半は陸と海の生き物の違いを描写し、後半は海洋環境破壊についての風刺である。
  • この話ではカインがフームに恋をするが、ゲームではカインには奥さんがいる。

名台詞・迷台詞 編集

  • デデデの「なんだったら(カインと)結婚せい。」という発言に続いて)「陸と海との結婚とはロマンチックでゲス」(エスカルゴン
  •  (カインを料理しようとしたカワサキに対し)「やめろ!それは姉ちゃんの恋人だ!」(ブン

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。