カービィWiki
Advertisement
Non kirby.gif この記事は星のカービィシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、カービィWikiではカービィ関連についてしか記述していません。また、編集の際はカービィに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。
熊崎 信也
人物
読み: くまざき しんや
業種: ゲームクリエイター
ゲームデザイナー
ディレクター
所属: HAL研究所
性別: 男性
生年月日: 1979年5月21日 (43歳)

熊崎 信也(くまざき しんや、1979年5月21日[1] - )は、日本のゲームクリエイター(ゲームデザイナー・ディレクター)。現在はHAL研究所の取締役でもある。

概要・人物[]

Stub sec.png このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

岐阜県出身。男性。血液型はA型。1998年、岐阜県立加納高校美術科卒業。[2] 2002年、金沢美術工芸大学デザイン科視覚デザイン専攻卒業。[3] 2002年、HAL研究所に入社。金沢美術工芸大学で視覚デザイン専攻非常勤講師。[4]

星のカービィ 夢の泉デラックス』でデバッグを担当したのが初の仕事[5]。『カービィのエアライド』ではコースデザインなどデザイナーとして参加。このソフト内ではチリーのモデリングが初仕事だったらしい。「タッチ! カービィ』ではストーリー、ラスボス企画担当。[6]星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』、『星のカービィ Wii』ではディレクターとして参加。『星のカービィ Wii』では、おもに全体の監修や調整、シナリオやテキスト周りを担当[7]。それ以降、カービィ作品の多くにディレクターやゼネラルディレクターとして関わっている。

好きなカービィBGMベスト3は、「V.S.マルク」、「こうじょうけんがく」、「クーのテーマ[6]。好きなカービィキャラクターとしてはカービィ中心に様々なキャラクターがいるためあまり贔屓したくはないとしながらも、カービィと最初に関わり物語が動き出したという面でデデデ大王を挙げ、マニアックなものではクラックツイートファニーロバッツゴーストナイトマドゥーシャーベスバーニスロックンギョックンガンサンゴロピョンサーキブルロードキブルバッツチリドックを挙げている[8]。お気に入りのロボボアーマーのモードはジェットモードホイールモード[9]

お気に入りの作品は一つに絞るのは難しいとしながらも、『星のカービィ 夢の泉の物語』を挙げており、終盤のデデデ大王の活躍を推している[10]。番外作品ではやはり一つに絞るのは難しいとしながらも、スピード感あふれるエアライドマシンでコースを駆け抜ける疾走感が新鮮であるとして『カービィのエアライド』を挙げ、お気に入りのコースはデザインを担当した思い入れもありヴァレリオン、好きなエアライドマシンは滑空性能を最も楽しめるウィングスターと語っている[11]

作品リスト[]

Stub sec.png このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

その他[]

  • TETRIS 99 - 『星のカービィ ディスカバリー』のコラボテーマで「BAD MASKED WILD:D.D.D」が使われているため、熊崎信也のボイスも収録されている。

逸話[]

  • ゲームボーイカラーの『RPGツクールGB』で開催された「タッグでツクール!コンテスト」では『MONSTERスクール』で最優秀賞に入賞して、『うちゅう人田中太郎でRPGツクールGB2』にサンプルゲームとして収録されたり[13]、プレイステーションの『RPGツクール3』で行われた「アスキーソフトウェアコンテスト」(通称:Aコン)で『天のお仕事』で努力賞に入賞したり[14]している。
  • 熊崎の個人ブログ「KR」には彼が見てきた1000以上の映像作品、遊んできた1000以上のゲームが列挙されており、記載しきれないほど漫画やアニメも鑑賞してきたということが書かれている。しかもこの列挙されたものについては2017年で更新を一区切りしているが、その後も増え続けていることがブログの更新から伺える。こうした作品のリスペクト、パロディ、影響と思われるものが熊崎信也の作品に反映されていることもある。
  • 石川淳は熊崎信也の楽曲に対する指示に対して、楽曲のイメージを言葉にして伝えるのではなく具体的になっていると語っている。本人が「出来上がった!」と思っていた曲に対してもパソコンの画面を指差して事細かに指示が出るため「私はどうしたらいいんだ」と困らせているようだが、石川本人はそのように困ることが自分の仕事であると語っている[8]
  • カービィのエアライド』において池上正が効果音の仕事が溜まっていて休みの日にこっそり出勤して仕事をしているのを察知すると、新たな仕掛けができたからその効果音も作って、と池上の仕事を増やしたという[8]

余談[]

  • 愛猫としてトムと言う名の猫を飼っており、『ロボプラ』の星の夢の咆哮である「星の産声」や、『スタアラ』のクリーンのナゴクリーンの効果音にもその鳴き声が使われたが、2017年6月に亡くなった。現在はソラという猫やふるるという犬を飼っており、ソラの鳴き声は『ディスカバ』のキャロラインに使われている。
  • KADOKAWAから発売の『星のカービィ Wii』のノベライズ単行本『星のカービィ 天駆ける船と虚言の魔術師』で解説を書いている。

脚注[]

関連項目[]

外部リンク[]


Sleep.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Advertisement