Fandom


この記事は『毛糸のカービィ』で見ることができるおはなしのタイトルとその内容の一覧です。

おはなし一覧 編集

けいとのせかいへ
プププランドで魔法の靴下をぶら下げたマント姿の男に声をかけられると、毛糸にされてしまうという噂が広まっていた。そんなある日の昼下がりに、カービィメタモルトマトを発見し、吸い込んで食べてしまう。その時、マントの男が現れ、トマトを食べられた仕返しにカービィは毛糸の世界へ送り込まれてしまう。そこで、カービィは怪物に追いかけられていた、フラッフを救出する。
ききいっぱつ
フラッフからアミーボ・アモーレにバラバラにされた世界を元通りにするため、旅に出るところだということを聞かされる。すると突然アミーボ・アモーレの手下の怪物ベロリンが現れて襲いかかりフラッフを食べようとした。カービィが怪物を倒すと、中からキラキラ光る魔法の毛糸が現れ、キルトのまちグラスランドを結び、先へ進めるようになった。フラッフはカービィに一緒に魔法の毛糸を探すようお願いされ、カービィはそれを聞き入れ、2人の旅が始まるのであった。
たべものさがし
手に入れた魔法の毛糸はグラスランドとホットランドを結び、先へ進めるようになった。カービィが木の上で食べ物を探していると、突然気が激しく揺れ始めた。下を見るとフラッフが木を揺すっていたのだ。やがてカービィはリンゴと一緒に木から落ちてしまう。カービィは怒ってフラッフを追いかけるが、その様子は楽しそうであった…
わるだくみ
手に入れた魔法の毛糸はホットランドとファンタジーランド結び、先へ進めるようになった。プププランドのデデデ城ではデデデ大王ワドルディ達を働かせていた。するとそこへ毛糸でできた怪しいワドルディが現れた。それは、アミーボ・アモーレがプププランドを征服するための序曲に過ぎなかったのだ…
いただきます
手に入れた魔法の毛糸はファンタジーランドとウォーターランドを結び、先へ進めるようになった。旅の途中で大きなケーキを見つけたカービィとフラッフ。カービィは早速食べ始める。フラッフも負けじと食べ始めるが、ケーキはバランスを崩して倒れてしまう。ケーキの中から出てきたフラッフはもうおなかいっぱい。それに対して、カービィはさくらんぼを咥えて出てきた。この大食い勝負はカービィが勝ったようだ。
ぐるぐる
手に入れた魔法の毛糸はウォーターランドとスノーランドを結び、先へ進めるようになった。再びデデデ城。毛糸のワドルディ達が本物のワドルディ達を毛糸で縛ってしまった。デデデ大王は気付くのが遅く、もはや手遅れだった。毛糸のワドルディ達は今度はデデデ大王に襲いかかり、縛ってしまう。するとそこへ、アミーボ・アモーレがどこからともなく姿を現し、デデデ大王も毛糸の世界へ送り込まれてしまう。プププランドはこのまま彼のものになってしまうのだろうか?
ふいうち
手に入れた魔法の毛糸はスノーランドとスペースランドを結び、先へ進めるようになった。プププランドの空の上の戦艦ハルバードからメタナイトが異変に気付いた。しかし、またしてもアミーボ・アモーレがどこからともなく姿を現した。不意をつかれたメタナイトは、何の抵抗もできずに毛糸の世界へ送り込まれてしまった。こうして、プププランドは完全に彼の手に落ちてしまうのであった…
プププランドへ
手に入れた魔法の毛糸はスペースランドとキルトのまちを結び、毛糸の世界の大陸が全て元通りにつながった。フラッフは、カービィにお礼を告げていると、メタナイトが現れてプププランドがアミーボ・アモーレの手に落ちてしまったことを話す。カービィがあわててプププランドに戻ろうとするが、戻る方法が分からない。そこで、フラッフはおしろに残されたもう一足の魔法の靴下を取り出す。カービィとフラッフ、メタナイト、そしてその後から来たデデデ大王は靴下に飛び込み、プププランドの危機を救いに出発するのであった。
またあうひまで
アミーボ・アモーレを倒したことでプププランドは元通りの世界へと戻ったのであった。そして、フラッフはカービィに別れを告げ、毛糸の世界へと帰ろうとする。別れを惜しむカービィにフラッフは靴下があればいつでも会えると言って帰っていった。こうしてカービィの長い旅は終わったのであった。そして数日後、カービィは木陰で昼寝をしていた。大切な友達との思い出を抱いて。なお、フラッフと別れるシーンの後にスタッフクレジットが入る。
ぜんぶみる
星のカービィ64における「ぜんぶみせろ」のように全部見る事が出来る。

関連記事 編集


Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。