カービィWiki
Advertisement
Non kirby.gif この記事は星のカービィシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、カービィWikiではカービィ関連についてしか記述していません。また、編集の際はカービィに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。
東藤 由実
人物
読み: とうどう ゆみ
業種: ゲームクリエイター
ゲームアーティスト
所属: HAL研究所
性別: 女性

東藤 由実(とうどう ゆみ)は、日本のゲームクリエイター(ゲームアーティスト)。

概要・人物[]

2008年HAL研究所に入社。最初に携わったのは世に出なかった『カービィ』3作の1番最後のプロジェクト。その際にUIや背景デザインのヘルプなど様々な仕事に関わった[1]。『カービィファイターズZ』・『デデデ大王のデデデでデンZ』でデザインディレクターを、『みんなで! カービィハンターズZ』でディレクターを初担当。スージーのしんりゃくレポートでは「スパニエル・トウドウ」名義で第5回に登場[2]
好きなカービィタイトルは『星のカービィ 夢の泉の物語』。

作品リスト[]

逸話[]

発言[]

私が最初に遊んだカービィはファミコン版の『星のカービィ 夢の泉の物語』で、従兄弟のお兄ちゃんから、たくさんもらったファミコンのカセットの中にあったんです。ピンク色のカセットが1本だけ目立っていて「あっ、可愛い!」と(笑)。それがファーストコンタクトでした。インフォメーション画面がセピア調になっているなど、子供心にも「オシャレなゲームだな」と思いましたね。

—ファーストコンタクト[1]

どんな人にも受け入れられるように、カッコよくなりすぎないと同時に、可愛くもなりすぎない。そのバランスを取るのが難しいですね。企画によって傾向も違うので、そこは加味しなければならないところなのですが、たとえば『カービィファイターズZ』の場合はバトルが主軸なので、UIも男の子向けに青色を使っているんです。とはいえ、女の子も遊ぶゲームなので、あまりクールにしすぎずに、その中に可愛さを残して星をつけたり……。反対にカービィはもともとピンクのキャラクターなので、可愛くしすぎると男の子から敬遠されてしまう。いま、発表されているNintendo Switch用の『星のカービィ スターアライズ』だと、カービィがハートを持っているんですが、可愛くなりすぎてしまうところがあるので、バランスには苦労させられています(笑)。

—カービィのデザインについて[1]

参考文献[]

  1. ^ a b c d 宮昌太朗(2017)「25年目のカービィデザイン」『CONTINUE』SPECIAL、p.138-143、太田出版.
  2. ^ 「スージーのしんりゃくレポート 第5回 共闘に3D!?2つのサブゲーム
  3. ^ ニンドリ編集部(2018)「星のカービィスターアライズ インタビューTHEアルティメット」『Nintendo DREAM』2018年7月号、p.31-35、アンビット.
  4. ^ 『スターアライズ』サウンドスタッフ座談会

関連項目[]

外部リンク[]


Sleep.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Advertisement