カービィWiki
Advertisement
カービィWiki
Bunki.png この記事は曲名としての「最終ボス」について書かれています。
  • 用語としての「最終ボス」またはそのキャラクターについては、ラストボス一覧をご覧ください。
最終ボス
楽曲
読み: さいしゅうぼす
作曲者: 石川淳
編曲者: 安藤浩和など
初出作品: 星のカービィ 夢の泉の物語
収録アルバム: 星のカービィ 夢の泉の物語

最終ボスとは、『星のカービィ』シリーズの楽曲の一つである。

Cut.png ネタバレ注意: 以降の記述でゲーム・アニメなどに関する核心部分などの、ネタバレ要素が記述されている可能性がありますので注意してください。(読み飛ばす

概要[]

星のカービィ 夢の泉の物語』の最終ボスであるナイトメアウィザード戦の曲。登場時のBGMに合わせた演出とともに同作のラストを彩った曲であり、またナイトメアのテーマとして後の作品でも使われている。

楽曲の経緯[]

  • 流 - 流用
  • ア - アレンジ
  • 派 - 派生
  • メ - メドレー

『夢の泉』で初登場し、そのアレンジが『夢の泉DX』でも使われたほか、『スターアライズ』でのバルフレイナイト戦でも「ナイトメアーズバトル」としてアレンジされ、『スーパーカービィハンターズ』でもアナザーナイトメア戦の曲としてアレンジされている。派生楽曲には『タッチ! カービィ』でのアレンジ「スペクタクルスペース」が存在する。

ゲーム作品における最終ボス (BGM)[]

星のカービィ 夢の泉の物語「最終ボス」
イントロ部は別曲扱いで、再戦時もイントロはカットされていた。
星のカービィ 夢の泉デラックス「VS.ナイトメアウィザード(仮)」
テンポが速くなっている。『物語』同様イントロは別曲扱い。
タッチ! カービィ「スペクタクルスペース」
『タッチ!』特有の音源でアレンジされている。
タッチ! カービィ「なつかしの曲3-26」
  • 経緯 - 原曲 → 夢の泉DX(ア) → 当BGM(流)
  • 使用箇所 - LEVEL8 ドロシア ソウル戦前イベント(裏)
  • サウンドテスト - 70
『夢デラ』のナイトメア戦イントロの流用。
タッチ! カービィ「なつかしの曲3-27」
  • 経緯 - 原曲 → 夢の泉DX(ア) → 当BGM(流)
  • 使用箇所 - ドロシア ソウル戦(裏)
  • サウンドテスト - 71
『夢デラ』のナイトメア戦の流用。
星のカービィ ロボボプラネット「スペクタクルスペース」
  • 経緯 - 原曲 → タッチ(ア) → 当BGM(流)
  • 使用箇所 - エリア6「アクシス アークス」ステージ7
  • サウンドテスト - 129
流用。エリア3風のエリアとエリア4風のエリアで流れる。
星のカービィ スターアライズ「ナイトメアーズバトル」
新規アレンジでVer4.0.0で追加。初期のドリームフレンズであるバンダナワドルディデデデ大王メタナイトのいずれかで星の〇〇〇〇またはThe アルティメットチョイスの魂が飛び出る辛さ(星の〇〇〇〇を一度でも3人の誰かでクリアした後)に挑戦するとバルフレイナイト戦がこの曲になる。
スーパーカービィハンターズ「アナザーナイトメア(仮)」
古跡での戦闘はこのBGMになる。もっとも原曲に近いアレンジだがイントロは含まれていない。後半に新規フレーズが追加されている。同作では珍しい「リミックスではないアレンジ曲」のひとつ。
スーパーカービィハンターズ「アナザーナイトメア2(仮)」
天空での戦闘はこのBGMになる。イントロが変更され、さらに古跡の時よりテンポが遅くなっている。
スーパーカービィハンターズ「ラストバトル(仮)」
アナザーナイトメア リベンジとの戦闘前イベントで流れる楽曲。同作の他のアレンジとは異なりイントロが含まれているほか、共通の追加フレーズがない。
スーパーカービィハンターズ「アナザーナイトメア リベンジ(仮)」
リベンジの戦闘は一律でこのBGMになる。イントロがまた変更されている。さらに曲調が変更され、ナイトメアの笑い声のようなSEが追加されるなど、狂った雰囲気を演出している。


各サウンドトラックにおける最終ボス (BGM)[]

Stub sec.png このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

脚注[]

関連項目[]

Advertisement