Fandom


星のカービィ
ロボボプラネットの大冒険!
Takase-07a
読み: ほしのかーびぃ ろぼぼぷらねっとのだいぼうけん!
ISBN: ISBN 978-4046316547
著者: 高瀬美恵
出版社: KADOKAWA(角川つばさ文庫)
分類: 児童書
初版発行日: 2016年7月15日
前後巻:

星のカービィ ロボボプラネットの大冒険!とは角川つばさ文庫から発売された、カービィを題材とした高瀬美恵作の小説第7弾。

概要 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

2016年7月15日に発売。執筆は高瀬美恵。絵は苅野タウ・ぽとが担当。2016年4月28日に発売された『星のカービィ ロボボプラネット』のストーリーにほぼ沿う展開となるが、一部本書オリジナルの設定やストーリー展開もある。ハルトマンワークスカンパニー側の台詞の多くは原作に準拠している。

あらすじ 編集

カービィたちが住む平和な星・ポップスターに、ハルトマンワークスカンパニーと名乗(なの)る、なぞの集団(しゅうだん)がやってきた。その集団はなんと、住民(じゅうみん)や植物(しょくぶつ)など星中(ほしじゅう)のすべてをキカイに変えてしまった……! たまたま無事(ぶじ)だったカービィとワドルディは、ポップスターを元に戻(もど)すため、大冒険(だいぼうけん)を始(はじ)めることに! カービィたちは、ポップスターの平和を取り戻すことができるの!? カービィが新(あら)たな力で大活(だいかつ)やくしちゃうよ! (角川つばさ文庫より転載)

章構成 編集

  1. なぞの敵、あらわる!
  2. 敵の正体
  3. ロボボアーマー!!
  4. 美人社長秘書スージー(当初は誤植で「芸術で仲直り」という前巻の章名のままになっていた)
  5. 二人との再会!?
  6. 社長ハルトマンと星の夢
  7. 最後の戦い
  8. 戻ってきた平和

登場したコピー能力・変身 編集

また、あらすじの挿絵にはマイクをコピーしたカービィがいる。

ゲストキャラクター 編集

秘書スージー
仕事熱心でとっても偉そうな美人社長秘書。強気な性格で、キカイ化侵略プロジェクトを担当している。スージーは、ポップスターを「こんな銀河の辺境、すなわち田舎」と表している。オクターン オーシャンでリレインバーに乗ってカービィ達を倒そうとするも失敗。その後、アクシス アークス中枢でメタナイトボーグ、クローンデデデをけしかけるも、これもカービィに倒されてしまう。その後、ハルトマン社長が星の夢を起動する際にプログラムコントローラーを奪うも、社長の意識は星の夢に奪われて、生命体を排除しようとする星の夢を倒すよう、カービィに頼み込む。ハルトマン社長の記憶が戻るように願っており、社歌を歌う際に、寂しげな表情を見せるが、最後に星の夢が倒され、社長が居なくなったと思われたときは泣いていたという。原作通り、ハルトマン社長が過去に事故で失った娘であり、人知れずカンパニーに戻り社長の記憶を戻そうとしているのだが、本書でもはっきりと書かず仄めかす程度となっている。
ハルトマン
ハルトマンワークスカンパニーの社長。原作通り「である」の口調で喋る。カンパニーの中枢までやって来たカービィをプレジデンバーに乗って相手するも敗れてしまう。そこで星の夢を使い、倒そうとするも、スージーにプログラムコントローラーを奪われ、星の夢が暴走し、星の夢に意識を取り込まれてしまう。その後、星の夢はカービィ達によって倒され、社長も星の夢ごと消えてしまったと思われたが、記憶を失った状態で見つかる。ワドルディが社長の落としていた金色の懐中時計を差し出すと、金色の懐中時計を持っていた理由と共に記憶を取り戻した(ただし、スージーの正体については理解していない模様)。過去に星の夢の起動実験の事故で娘を失い、その後は星の夢の示す通りの仕事しか顧みなくなってしまい、金色の懐中時計をなぜ大切にしているのかも忘れてしまっていた。
星の夢
銀河の彼方の文明を紐解き、ハルトマンワークスカンパニーのテクノロジーでよみがえらせたマザーコンピューター。社長が起動させようとするもスージーの妨害で暴走し、全生命体を排除しようと動き出すが、カービィ達の活躍により倒された。当初、カービィは星の夢を生き物と思っていたようで挨拶をしている。
ケイン所長
本作オリジナルキャラクター。ハルトマン研究所の所長で、研究熱心だが口数が多すぎる。喋り方が「~だァァァ!」、「~にィィ!」のように、語尾を独特な言い回しで伸ばす。もさもさ頭にドクターの風貌をしたやや太い体型。インベードアーマーの開発をしている。詳細は該当記事参照。
メタナイトボーグ
部下が人質に取られ、やむを得ずカンパニーに捕まり、スージーに改造されてしまう。カンパニーの中枢でカービィと戦うも、敗れて外に吹き飛ばされてしまった。その後、クルーに助けてもらい、戦艦ハルバードに乗ってカービィの元へ駆けつける。
クローンデデデ
ストーリー冒頭で、ハルトワーカーズによりデデデ大王の細胞が採取され、そこから生み出されたクローン。デデデ大王のややこしい性格までは再現できていない。カンパニー中枢でカービィと戦うも、敗れて消えてしまった。
ハルトワーカーズ
ハルトマンワークスカンパニーにたくさん居る従業員。デデデ城に攻め入ったり、スージーと共にハルバードへ乗り込んだりしている。インベードアーマーにも搭乗しているが、カービィが強いと分かると「給料より自分が大事」と逃げてしまった。
コックカワサキ
ハルトマンワークスカンパニーによって機械化されてしまう。機械化時にはオイルタンクを背負い、カービィに飛ばして攻撃してきた。なお、原作には登場しない。
バーニンレオ
同じくハルトマンワークスカンパニーによって機械化される。機械化時にはオイルをかけられたカービィに炎を浴びせようとした。なお、原作には登場しない。
ボンカース
乱暴者で皆から恐れられているが敵にも怖気づかず、こう言うときは頼りになると言われている。同じくハルトマンワークスカンパニーによって機械化される。元に戻った後は、「なんで息してんだよ。なんで目ェ開いてんだよ。なんでピンク色なんだよ。オレにケンカ売ってんのかよ?」と何かしら理由を見つけてケンカに持ち込もうとしていた。
メタナイツバル艦長
ハルバードのクルー達。隙をつかれ人質となってしまい、やむを得ずメタナイトは敵に捕まってしまう。メタナイトボーグ改が敗れた後は、メタナイトを介抱し、戦艦ハルバードに乗ってメタナイトと共にカービィの元へ向かう。ちなみにp.135でバル艦長が「メタナイトの逆襲」のリアクター戦前に言っていた台詞「しぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ! よけいなこと言うなっ!」をそのまんま言う。
インベードアーマー
ケイン所長が作り上げたマシン。カービィに割とあっさり敗れる。ハルトマンワークスカンパニーの精鋭兵が半年以上の研修を受けなければ操縦できないらしい。
ウィリー
やはり機械化されているらしい。ロボボアーマーにスキャンされ、ホイールモードになる。
ネスパー
アクシス アークスの入り口を守っていた戦士。カービィ達を旧生命体と呼ぶ。サイコキネシスやテレポートを披露して、拍手喝采された挙句に、カービィにあっさりコピーされてしまう。

用語 編集

金色の懐中時計
ハルトマン社長が大切にしている、針の止まった時計。元々は娘から貰ったものだが、社長はその事を覚えておらず、なぜ大切にしているのか分かっていなかった。カービィとの戦闘中に落としてしまい、最後にワドルディに返却された時に、誰に貰ったかを記憶と共に思い出しかけたのだが、またしても「カンパニーの永遠なる繁栄」ということにかき消されてしまった。
オクターン オーシャン
コックカワサキとバーニンレオから逃げてきたカービィ達がたどり着いた場所。カービィ達はそこにあった基地に乗りこんだ。最初は複雑な道で迷っていたが、ドクターの能力を手にいれたカービィが、マップを記憶し、セキュリティシステムを解除したことで先に進むことができた。
ロボボアーマー
インベードアーマーにカービィが乗りこむことで変化した姿を「ロボット」という言葉からケイン所長が名付けた。最初に登場したものはホイールモードになるが、カービィが新型車両テスト用コースで信号無視をしたため壊れてしまった。
新型車両テスト用コース
ケイン所長いわく、砂利道あり坂道あり急カーブありの超難関サーキット。信号無視をするとコースに仕掛けられた地雷が爆発する。
ハルトマンワークスカンパニー
ハルトマン社長の率いる、バル艦長曰く「いくつもの惑星で強引に開発計画を進めてきた悪名高い大企業」。
アクシス アークス
ハルトマンワークスカンパニーの母艦。カービィとワドルディは、エスパー能力で鋼鉄の扉を壊して侵入した。

画像 編集

関連リンク 編集


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。