Fandom


星のカービィ デデデでプププなものがたり 12巻
Hikawa-12a
読み: ほしのかーびぃ ででででぷぷぷなものがたり 12かん
ISBN: ISBN 4-09-142682-4
著者: ひかわ博一
出版社: 小学館
分類: 連載漫画
発売日: 2000年2月25日

星のカービィ デデデでプププなものがたり 12巻は、ひかわ博一作の漫画『星のカービィ デデデでプププなものがたり』の単行本第12巻。

概要 編集

1994年年度から月刊コロコロコミックで連載開始された、ひかわ博一による『星のカービィ』を題材とした漫画『星のカービィ デデデでプププなものがたり』の第12巻。第5話で、アドが登場したが、この時点ではレギュラーには加わらなかった(登場人物紹介に載ったのは14巻より、また14巻以降は「アドレーヌ」と呼ばれている)[1]。また、第7話では、カインに人間の足が生えるという衝撃的なシーンが描かれた。背表紙のコピー能力は「スパーク」。

主要キャラクター 編集

収録話 編集

第1話 どっちがしあわせ?
通販で「しあわせになるペンダント」を購入し、幸せ気分に浸るデデデ大王だったが、偶然にもカービィが同じものを持っていて…。
第2話 カービィ虫とり名人になる!!
自称「虫とり名人」のデデデ大王は、カービィに腕前を見せつけようとするが、全く上手くいかない。
第3話 カービィの夏休み
今年の夏こそ、カービィに連れまわされまいとデデデ大王が用意したのは、大量の夏休みの宿題だった。
第4話 のろいのカービィ人形
のろいの人形を使ってカービィに仕返しを企むデデデ大王だったが、自分の人形をカービィが手に入れてしまい…。
第5話 デデデ大王がいっぱい!?
アドが描いた立派なデデデ大王が本物になって現れた。ついでに落書きのおかしな大王たちも現れ、大反乱が起こってしまう。
第6話 怪奇!恐怖旅館にいらっしゃい
カービィたちが泊まった不気味な旅館で、デデデ大王は次々と怪奇現象を目の当たりにする。
第7話 いきなり人魚姫!
人魚姫になったカービィは、デデデ王子の隣の果物に一目惚れ。しかし、デデデ王子と結ばれるはずがなく…。
第8話 キノコでカービィ大変身!?
キノコ狩りにやってきたカービィ一行。カービィはもう毒キノコ「ヤジュウダケ」を食べ、猛獣になってしまう。
第9話 カービィ・ムサシあらわる!!
戦国時代、天下を騒がせる「食べ放題のムサシ」と「ちゃぶ台返しのコジロー」の二人が大食いで対決することに。
第10話 いけ!プププ防衛軍
ジャングルボム軍曹の訓練から逃げたいデデデ大王は、カービィとジャングルボムを仲たがいさせて戦わせようと画策する。
第11話 カリスマ美容師カービィ誕生!!
髪の毛が無いためにカリスマ美容師ブームがおもしろくないデデデ大王は、カービィを偽の美容師に仕立て上げていたずらしようとする。
第12話 ビッグスクープを追え!!
デデデ大王に私物化されているプププ新聞を立て直すために、カービィが編集者として活躍。同時に自分を目立たせたいデデデ大王と対立することに。
第13話 太陽は真っ暗だ!?
気性の上げ下げが激しいMr.ブライトは、ちょっとしたことですぐに落ち込んだり明るくなったり。そのたびにプププランドの気象は混乱する。
第14話 2000をさがせ!
2000年前のツボから出現した「に仙人」から次々とご果報を授かるデデデ大王。羨ましくなったカービィは、何が何でも2000にまつわる記録を立てようとする。

ゲストキャラクター 編集

マドゥー
デデデ大王の依頼で、カービィとデデデ大王の「のろいの人形」を製作。11巻などに登場する、行商のマドゥーと同一人物かどうかは不明。
アド[1]
絵の修業のためにポップスターにやってきた女の子。描いた絵を実体化させることができるが、生き物を操ることはできない。デデデ大王の落書きをたくさん描いたため、反乱を起こさせてしまう。
ガボン
「どくろ旅館」の主人。常にドクロをかぶり、不気味な雰囲気を醸し出している。デデデ大王がのっぺらぼうと見間違えるほどに目が小さい。
キャピィ
カービィたちがキノコ狩りにやってきた山に住んでいる。キノコに詳しく、毒キノコの症状を治す薬草も持っている。
ジャングルボム
プププ防衛軍の軍曹。デデデ大王にまとわりついていたハチを倒すために、大王もろとも爆弾で攻撃するなど、少し危ない面もある。カービィたちを訓練しようとするが、デデデ大王の策によってカービィと戦うことになる。
カニィ
巷で人気のカリスマ美容師。「○○よ~ん」が口癖。物語序盤でカービィに吸い込まれたため、あまり活躍はできずに終わった。
ペラン
「プププ新聞」の編集長。デデデ大王に新聞を私物化されて困っていた。
Mr.シャイン&Mr.ブライト
プププランドの太陽と月を務めるコンビ。Mr.シャインはしっかり者、Mr.ブライトは気性の上がり下がりが激しく、時としてプププランドの住民たちは迷惑をこうむる。
に仙人
2000年前のつぼから出現した、2000年に一度復活する仙人。姿はワポッド。2000にちなんだ功績を立てたものに果報を授ける。

用語 編集

しあわせになるペンダント
デデデ大王が「プププ通販」で購入した怪しいペンダント。身に付けていると幸せになれるらしい。「しあわせのかぎ」「しあわせのブレスレット」などの類似品も。
どくろ旅館
カービィたちが泊まった旅館。寂れていて、電気も通っていない。窓からは墓地が望める。主人はガボン
ヤジュウダケ
食べると猛獣へと変貌する恐ろしい毒キノコ。他にも「ワライダケ」や「ナキダケ」などの毒キノコが存在。苦い薬草で治すことができる。
プププ新聞
ペランが編集長を務めるプププランドの新聞。ほとんどデデデ大王に私物化されている。

パロディ等の元ネタ 編集

11ページ 4コマ目
映画『七年目の浮気』よりマリリン・モンローのスカートが風で浮き上がる有名なシーン。いわゆるププッピドゥ。
12ページ 5コマ目
水前寺清子 1968年のシングル「三百六十五歩のマーチ」の替え歌。
17ページ 2コマ目
荒井注のギャグ「This is a pen!」。
20ページ 5コマ目
童謡「あめふり」の歌詞。
26ページ 5コマ目
石川優子とチャゲのコラボレーション・シングル『ふたりのアイランド』の替え歌。
第7話
童話『人魚姫』のパロディ回。
112ページ 2コマ目
「宮本武蔵」-江戸時代の剣豪。
113ページ 4コマ目
「佐々木小次郎」-江戸時代の剣豪。
123ページ 5コマ目
カービィの歌っている「プレステなんかに負けないぞ」とは家庭用ゲーム機「PlayStation」の略称。当時の次世代機戦争に勝利し、トップシェアを誇っていた。
166ページ 5コマ目
「いただきマンボ」-アニメ『イタダキマン』のオープニングテーマ。
171ページ 5コマ目
「キャンディーズ」-解散発表時に発言した「普通の女の子に戻りたい!」は当時の流行語にもなった。
174ページ 1コマ目
美空ひばり 1986年発売のシングル『愛燦燦』の替え歌。

画像 編集

脚注 編集

  1. ^ a b ペポポ編』再録時には「アドレーヌ」となっている。


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。