FANDOM


星のカービィ
デデデでプププなものがたり
Hikawa-10a
読み: ほしのかーびぃ ででででぷぷぷなものがたり
著者: ひかわ博一
出版社: 小学館
分類: 連載漫画
連載誌: 第1期:コロコロコミック 他
第2期:コロコロアニキ
連載期間: 第1期:1994年度5月号~2006年度11月号
第2期:2017年12月(2018年冬号)〜連載中
単行本数: 25巻+傑作選2冊、25.5巻

星のカービィ デデデでプププなものがたりは、ひかわ博一による星のカービィを題材としたギャグ漫画。略称は『デデププ』など[1]。かつてコロコロコミックを中心に2006年まで連載されていた。その後、雑誌『コロコロアニキ』で2018年6月より正式に再び連載が開始している(実際は2017年12月から特別編として掲載)。

コロコロコミックでの連載終了時の連載期間は12年7ヵ月と、カービィ漫画の中で2番目の長さ。単行本は全25巻だが近年、傑作選や付録冊子の25.5巻が販売されている。

概要 編集

月刊コロコロコミックで1994年度5月号より連載された、ひかわ博一によるカービィシリーズを題材とした漫画。キャッチコピーは「パワフル(ほのぼの)ギャグがさくれつ(いっぱい)」。連載期間も長く、カービィシリーズの漫画としては、一、二を争うほど有名である。最も連載誌が多かった時期には『別冊コロコロコミック』・『てれびくん』・『小学四年生』・『小学六年生』・『てれコロコミック』にまで連載されていた。絵柄はとても丁寧で、可愛らしい。漫画を連載し始めた頃はカービィの書き方について「こんな丸だけのキャラクター、どうやってかいたらいいかずいぶん苦労しました。」と20巻の作者のことばで書いている。プププランドでのカービィデデデ大王とその仲間たちとのドタバタコメディをテーマとしている。さくまカービィほどはカービィはわがままな性格ではなく、見た目からすると穏やかな方で、まったりとしたギャグ・パロディ・時事ネタが多いものの、実際、カービィのやる行動はかなり凄まじく、デデデ大王はほぼ毎回巻き添えをくらったり、酷い目に遭わされている(ニードルで突き刺す、クラッシュやトルネイドで吹き飛ばす、マイクで歌う、ボムを投げまくる、バーニングやファイアで燃やすなど)。

連載初期は、『星のカービィ 夢の泉の物語』の設定に忠実で、デデデ大王がプププランドの秘宝「スターロッド」を奪い、カービィとチービィがそれを取り戻すと言うストーリーであったが、2巻辺りから一話完結型の日常を題材としたストーリーに変わり、それが最終巻まで続く。特技のある敵キャラ1人を中心として話が作られる事もしばしばある。また作者の絵が全巻を通じて変化しており、特にそれはカービィに於いて顕著であり、1・2巻ではカービィは目が細長く、腕も先がややとがり気味など、当時の公式設定にかなり忠実に描かれているが、8巻辺りから目が丸みを帯び、光の反射が輝きとして描かれるようになり、それに伴い、表紙絵もどんどん派手になって行き、10~18巻辺りでは表紙絵には実写を用いたり、キラキラと輝く演出が入れられたり、カービィもとても可愛らしく描かれるようになる。21巻辺りからカービィの足がやや小さめになる。だが、23巻表紙絵で突如、背景の輝くエフェクトが入れられなくなり(ファンへの年賀状イラストの使い回し)、24巻第2話から、サブタイトル絵の背景がほぼ真っ白になり、24巻第7話からカービィの目の輝きが全く描かれなくなる。そしてコマの背景などに使用するトーンも殆ど使われなくなり、25巻で最終巻となってしまう。これらの変化について、2017年頃にその原因がひかわ博一本人より語られた(詳細はひかわ博一の記事を参照)。その後、連載終了から約11年、コロコロコミック伝説カフェでの一件を経た後、季刊の『コロコロアニキ』2018年冬号(2017年度冬)で新作が掲載された。同誌を中心に特別編が数本掲載、更に単行本の傑作選が発売された後、2018年6月発売の『コロコロアニキ』2018年夏号で正式に連載が再開している。

物語中にはカービィ・デデデ大王・ポピーブロスSr.が4コマを除き、毎回登場している(ただし、ポピーブロスSr.はちゃお2018年4月号内の2ページ漫画では登場しなかった)。

登場人物編集

カービィ
本作の主人公。宇宙一の脳天気者。食べること、歌うこと、寝ることが好き。キャラを吸い込むと、その技をコピーできる特技を持つ。いつもプププランドの住民に迷惑を掛ける問題児ではあるが、デデデ大王曰く「根はいい奴」なので、周りから本気で忌み嫌われる事はない。一人称は「ぼく」。語尾に「ペポ」を付ける。喜ぶ時はしばしば「ペポーイ」などと言う。もちろんボケ担当だが、まれに弱いツッコミをする事もある。デデデ大王とは、ライバル且つ友達のような関係。デデデ大王との喧嘩では必ずと言っていいほど彼が勝つが、本気で怒った大王には手も足も出ない。ジャンケンではグーしか出せないので、コピー能力を使う事もある。アイドル歌手を夢見ている。髪を生やす事が第一の目標。
デデデ大王
プププランドの王様。カービィのライバル。王様なのに滅多に政治的行為を働かず、住民を困らせる事も多々あるので、非常に人望が薄く、支持率も低い(3巻11話など)。我儘でケチでせっかちな性格。語尾に「デ」を付ける。一人称は「おれさま」。稀に「おれ」「わし」とも言う。作品の途中までは比較的リッチな生活を送っていたが、度重なる贅沢が祟り、貧乏暮らしを送る羽目になる。カービィとの喧嘩では当然のように負けてしまうが、非常に高い体力と生命力を誇り、滅多な事では死なない。ボケ・ツッコミ両方を担当する上、やられ役もこなすキャラ。ラストでは大抵、散々な目に遭う凶運の持ち主。ペン習字7級の資格をもっている。終盤には、ヒーロー基地の司令官、学校の校長、テレビ局のプロデューサー、警察署の署長など様々な役で登場した。カービィは連載中わかりやすく顔が変わっていったが、デデデも負けず劣らずである。人生すごろく(元ネタは人生ゲーム)をなつかしいと言っていることから、作者と同世代のような設定があると伺える。
ポピーブロスSr.
デデデ大王の一番の部下。通称「ポピー」。自堕落で不規則な生活をする大王に手を焼いている。爆弾作りの名人であり、花火制作も手掛ける。爆発する目覚まし時計も作った。小生意気な弟であるポピーブロスJr.がおり、彼に「自分がプププランドの王に出世した」と嘘をついた事がある(3巻1話)。作中で最も重要なツッコミ役だが、真面目であるが故に天然ボケをかます事もある。一人称は、デデデ大王に対しては「わたし」で、それ以外は「ぼく」。稀に「おれ」とも言う。ファッティホエールのようなボスキャラに憧れているが、いざ自分がボスキャラの役を担当しても、何処か弱気な面を出してしまい、大王にツッコまれる(10巻の冒険のラスボス、19巻の夢の泉のボスの代理、23巻のミスターXなど)。4巻のコックカワサキ初登場回からキャラデザが変わり、首にフリルが付き、腕の描かれ方が変わった。
チービィ
初期(1・2巻)に登場していたカービィの保護者的存在。詳しくは当該項目参照。
リック
カービィの友達。力強く、食いしん坊だが、カービィ程食べるシーンは多くない。ツッコミが多いが、カービィと一緒になってボケることもしばしば。よくカービィに毛を刈り取られる。
クー
カービィの友達。クールでカッコいいが、ナルシストな面がある(4巻p181「おれは頭もいいし、かっこいいし、性格もいいし、これといって望むことはないんだ。」、21巻p71「もともとかっこいいおれにはあまり必要ないんだが、(エステをすることで)念には念を入れてさらにかっこよさにみがきをかけようと思ってな。」)。そのカッコよさからプププランドの住民には人気があるが、ひとたびカービィが頭の毛を燃やすと幻滅されてしまう(3巻p177)。ツッコミも多いがボケをすることもある。クークリーンにされると傷つく。カービィに羽をとられることが非常に多い。
カイン
カービィの友達。いつもぼーっとしている。アニメと違い、「んぼ」程度しか喋らず、リック・クーに比べ非常に台詞が少ないが、出ているコマは意外に多い。体、特に口の中を洗濯機・風呂・牢屋・寝台車・救急車など様々なことにカービィによって使われる。また他の仲間と居る都合上、陸上でのシーンが多く、ゲームと同様に地上でも普通に移動できる。海に帰りたいと言う願望がある(4巻p183)。
グーイ
カービィの友達。の~んびりして、マイペース。カービィといっしょに暮らしている。当初は敬語で話していたが、途中から「グーイ!」としか言わなくなった。実は、2巻でデデデの新しい手下の中に混じっている。
チュチュ
お転婆な女の子で怒ると非常に怖い。連載中盤以降は出番が激減するが、「プププ乙女チックランド!?」(9巻)や「チュチュの花むこ探し」(11巻)などメイン回があり印象に残りやすい。アドレーヌ、リボンとセットで出ていることもある。初登場は9巻。最終回間近には、音楽の先生、戦隊ヒロイン、スケバンなどで出ていた。
ナゴ
非常に珍しい(約30000分の1)オスの三毛猫。水が苦手。怒ると目を見開き毛を逆だてる。リックとキャラが被っているせいか、かなり地味な扱い。初登場は9巻。
ピッチ
クーに憧れる小鳥。カービィにはクーとまとめて羽を抜かれたりしていた。ナゴと共に出番が少なく、「流そう!感動の涙!」(25巻)ではそれをネタにされた。実はお母さんが登場している。初登場は9巻。
アドレーヌ
絵の修行に来た女の子。12巻で初登場(ただし「アド」表記」)。カービィに天使の服を着せたり(21巻)、デデデから猛アプローチを受けたり(17巻)した。デデデを「デデの旦那」と呼び、カービィを「カーくん」と呼ぶ。
リボン
リップルスターから来た妖精の女の子。その可愛さから大人気で、その人気はそこらを適当に飛んでくるだけで人が集まってくるほど。後にアイドルになる。

主な小道具など 編集

プチプチくん

単行本一覧 編集

表紙 裏表紙 発売日 ISBN
1巻Hikawa-01aHikawa-01b1995年4月ISBN 4-09-142331-0
2巻Hikawa-02aHikawa-02b1995年10月ISBN 4-09-142332-9
3巻Hikawa-03aHikawa-03b1996年3月ISBN 4-09-142333-7
4巻Hikawa-04aHikawa-04b1996年10月ISBN 4-09-142334-5
5巻Hikawa-05aHikawa-05b1997年2月ISBN 4-09-142335-3
6巻Hikawa-06aHikawa-06b1997年7月ISBN 4-09-142336-1
7巻Hikawa-07aHikawa-07b1998年2月ISBN 4-09-142337-X
8巻Hikawa-08aHikawa-08b1998年5月ISBN 4-09-142338-8
9巻Hikawa-09aHikawa-09b1998年10月ISBN 4-09-142339-6
10巻Hikawa-10aHikawa-10b1999年3月25日ISBN 4-09-142340-X
11巻Hikawa-11aHikawa-11b1999年8月ISBN 4-09-142681-6
12巻Hikawa-12aHikawa-12b2000年2月ISBN 4-09-142682-4
13巻Hikawa-13aHikawa-13b2000年8月ISBN 4-09-142683-2
14巻Hikawa-14aHikawa-14b2001年4月ISBN 4-09-142684-0
15巻Hikawa-15aHikawa-15b2001年10月25日ISBN 4-09-142685-9
16巻Hikawa-16aHikawa-16b2002年2月25日ISBN 4-09-142686-7
17巻Hikawa-17aHikawa-17b2002年6月28日ISBN 4-09-142687-5
18巻Hikawa-18aHikawa-18b2003年1月25日ISBN 4-09-142688-3
19巻Hikawa-19aHikawa-19b2003年4月25日ISBN 4-09-142689-1
20巻Hikawa-20aHikawa-20b2003年12月25日ISBN 4-09-142690-5
21巻Hikawa-21aHikawa-21b2004年7月25日ISBN 4-09-143211-5
22巻Hikawa-22aHikawa-22b2005年4月25日ISBN 4-09-143212-3
23巻Hikawa-23aHikawa-23b2005年11月25日ISBN 4-09-143213-1
24巻Hikawa-24aHikawa-24b2006年6月25日ISBN 4-09-140149-X
25巻Hikawa-25aHikawa-25b2006年11月25日ISBN 4-09-140238-0
25.5巻Hikawa-25 5aHikawa-25 5b2018年3月15日コロコロアニキ2018年春号付録
デデデ編Hikawa-DDDaHikawa-DDDb2018年3月17日ISBN 978-4091426765
プププ編80px80px2018年5月16日ISBN 978-4-09-142709-0

その他 編集

  • 2010年9月からViz Mediaよりデデププが北米向けにウェブページに翻訳公開されていたが、2011年5月に削除された。それゆえ、北米では日本のカービィの漫画の中でデデププが比較的有名なようである。
  • 2007年以降の版の単行本では、「Tentomusi CORO CORO COMICS」の文字が枠で囲まれている。
    DDPPno18

    写真は2003年発行の18巻

外部リンク 編集

画像 編集

脚注 編集

  1. ^ 『星のカービィ』公式Twitterでもこの略称が使用されている(参照ツイートの画像内)。


Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。