Fandom


星のカービィ スターアライズ オリジナルサウンドトラック
CD
読み: ほしのかーびぃ すたーあらいず おりじなるさうんどとらっく
ジャンル: サウンドトラック
形状: CD (枚数: 6)
作曲者: 安藤浩和
石川淳
小笠原雄太
発売日: 2019年2月14日
価格: 税込9180円 (初回限定版)
税込6480円 (通常盤)
発売元: ハル研究所
型番: KBCI-0008〜13A (初回限定版)
KBCI-0008〜13B (通常盤)
宇宙のはるかかなたで行われた、とあるなぞのぎしきのせいで
平和だったプププランドにも、何やら異変が訪れます。

宇宙からせまるじゃあくなたくらみに立ち向かうため、
カービィは、フレンズたちとともに旅立ちます……

そして、スターアライズの大冒険を彩ってきた音楽たちが
ゲームの世界をとび越えて、ひとつの形となりました。

これまでの冒険に想いを馳せながら、
カービィサウンドをたっぷりとお楽しみください。

—ブックレットより

星のカービィ スターアライズ オリジナルサウンドトラックは、『星のカービィ スターアライズ』のサウンドトラック。

概要編集

2019年2月14日に発売された『星のカービィ スターアライズ』のサウンドトラック。『星のカービィ ロボボプラネット』のサウンドトラックに続いて、一般流通での販売となる。

無料アップデート第3弾の楽曲を含む、ゲームに収録された233曲が網羅されており、CD6枚組ボックスというシリーズ史上最大ボリュームのサウンドトラックとなった。ブックレットには作曲陣の3人と熊崎ゼネラルディレクターによる座談会と、各種設定資料が掲載されている。発売に際して掲載しきれなかった分の座談会エピソードが特設サイトで公開された。

通常盤と初回限定版の2形態で発売された。初回限定版には特典として、後述のPLAYBUTTON™ と、デビュー当時と現在のカービィフェイスがあしらわれたオリジナルデザインのイヤホンが同梱されている。

また、カービィポータル限定購入特典として、通常盤・初回限定版のどちらかを購入するとB6サイズのイラストカード6種[1]が先着でプレゼントされた。

収録楽曲編集

各ディスクの収録曲・収録順は「星のカービィ スターアライズ/音楽」を参照。

スタッフ編集

ブックレットより

ゼネラルディレクター

リードサウンド

サウンド

メインデザイナー、プロデューサーサポート

  • 塩野佑莉

デザイナー

  • 莿木勇斗
  • 川原理恵子

コーディネーター

  • 仲上雅代

プロデューサー

  • 岡田信志

マスタリングエンジニア

  • 唐司真 (Bernie Grundman Mastering Studio)

スペシャルサンクス

  • 坂井一哉 (アンビット)
  • 冠美花 (アンビット)
  • 峰村智大
  • 帯金千恵子
  • 上武理志
  • 山本正宣
  • その他ハル研究所スタッフ
  • ハルデバッグチーム

エグゼクティブプロデューサー

  • 川瀬滋史

KIRBY ARRANGE SELECTION編集

KIRBY ARRANGE SELECTION
CD
読み: かーびぃ あれんじ せれくしょん
ジャンル: サウンドトラック
形状: PLAYBUTTON

「星のカービィ スターアライズ オリジナルサウンドトラック」初回限定版同梱のPLAYBUTTON™で、過去作品のサウンドトラックにボーナストラックとして収録されたアレンジ楽曲などから8曲が厳選収録されている。

年代ごとのカービィが描かれたケースに収納され、本体表面には『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス オリジナルサウンドトラック』のブックレットと同じ指揮者の格好をしたカービィが描かれている。

トラックタイトル出典
01ステージメドレー/アコースティック ver.星のカービィ ウルトラスーパーデラックス オリジナルサウンドトラック
02ボスメドレー/エレクトロニック ver.星のカービィ ウルトラスーパーデラックス オリジナルサウンドトラック
03空の夢と、虹の泉で星のカービィ Wii ミュージックセレクション
04サイゴノタタカイ星のカービィ Wii ミュージックセレクション
05デデデデラックス!!!星のカービィ トリプルデラックス サウンドセレクション
06月下に永遠なる眠り花星のカービィ トリプルデラックス サウンドセレクション
07エレクトロ!カービィ星のカービィ 20周年メモリアルサウンドトラック
08バイバイカービィまたあした!星のカービィ 20周年スペシャルコレクション

脚注編集

  1. ^ アップデート第3弾で追加されたイラストピースとしても使用されたもの

参考リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。