Fandom


星のカービィ ショートコミック劇場
Enix-shorta
読み: ほしのかーびぃ しょーとこみっくげきじょう
ISBN: ISBN 4-87025-914-1
出版社: エニックス
分類: アンソロジー
発売日: 1996年10月11日

星のカービィ ショートコミック劇場は、エニックスから発売された、星のカービィを題材としたアンソロジーコミック

概要 編集

エニックスから発売された4冊目のアンソロジーコミック。カービィのアンソロジーコミックで数少ないショートコミック本である(ただし、4コママンガ劇場4巻など、一部だけショートコミック形式を取っている物もある)。カラーページを含めて、4コマ形式ではなく通常のコミックの自由なコマ割りをしている。総扉イラストは藤森ナッツ、目次イラストはタイジャンホクト。ちなみに佩月なおこのカービィのアンソロジーはこの巻のみである。

描いた作家 編集

タイトル一覧 編集

カラーページ 編集

カラーページは本編中のショートコミックとは関係のない話が1頁ずつ掲載されている。

「ライバルのセリフ」(タイジャンホクト)
「きもダメシ」(タイジャンホクト)
「おそろい」(藤凪かおる)
「ホリデー」(藤凪かおる)
「無敵キャンディー」(栗本和博)
「発毛のすすめ」(栗本和博)
「りんごでダイエット」(藤森ナッツ)

最強コピー決定戦 (タイジャンホクト) 編集

タイジャンホクトによるショートコミック。ヘルパーのバイオスパークが、現代っ子風に怠惰なカービィを諭すべく、自らのニンジャの能力を使っていろいろと画策をするが、殆どが失敗に終わる。最終的に手裏剣やくないなどでカービィを追い詰めるが、カービィがやられるとヘルパーも消えてしまうと逆にカービィに諭され、バイオスパークはカービィに絶対服従を乞う事になる。

カービィ
非常に怠惰な感じで、ひねくれた様子はウキウキ大冒険に通じるものがある。カービィ自身がやられたり、ヘルパーを切り替えると、以前のヘルパーは消えてしまうので、結局逆らうバイオスパークを失格扱いにする。
バイオスパーク
怠惰なカービィを諭すべく、色々手を講ずるヘルパー。だが結局、カービィがやられると、ヘルパー自身も消えてしまうと言う事を聞いて、カービィに絶対服従を逆に乞う事になる。余談だが、カービィがやられるとヘルパーが消えるのは、ヘルパーがCP操作の時である。
ロッキー
なぜかカービィ石像に変身していた。

星の転校生 (藤真つかさ) 編集

藤真つかさによるショートコミック。プププ学園に転校してきたカービィは、周りの女の子にモテモテ。それを恨めしく思うメタナイトはメイスナイトとあれやこれや、カービィに嫌がらせをしようとするがことごとく失敗する。メイスのミスにより気絶したメタナイトはカービィに介抱され、給食を食べるような仲にまでなったが、カービィがクラスメイトごと給食を吸い込んだためにカービィはまた転校することにした。ちなみに4巻に続編がある。

カービィ
転校生。ワープスターごと教室に突撃して登校。女の子にモテモテ。メタナイトが嫌がらせをしていても特に気にかけていない。
メタナイト
カービィがモテモテなのを根に持ち、カービィに嫌がらせを仕掛けるがことごとく失敗。最終的にカービィに介抱されて仲良くなる。意外に弱虫。
メイスナイト
メタナイトの子分。どこかとぼけている。2連主砲の操作を誤って、メタナイトを気絶させる。
2連主砲
カービィを倒す武器。メイスナイトが操作を誤り、メタナイトにレーザー砲を発射した。
ジュキッド
クラス担任。
ウォーキー
クラスメイト。カービィ転校早々コピーされたので欠席扱い。
バグジー
クラスメイト。体育のドッジボール中にコピーされたので、居なくなった。
スカーフィ
クラスメイト。元々吸い込まれないので、カービィの吸い込みからの唯一の生存者。
ファッティホエール子
巨体。女の子の中で唯一名前が判明している。

格闘家への道 (藤森ナッツ) 編集

藤森ナッツによるショートコミック。メタナイトの手に堕ちたプププランドを救うため、ナックルジョーがカービィを上手い事バナナで釣って鍛え上げる。しかしカービィはナックルジョーの教えを聞かずに、ボンカースやタックに襲われてもナックルジョー頼りである。そんな時、倒されたタックがナックルジョーを奪って行く。それを見たカービィはタックにとうとうスマッシュパンチを決め、自信をつけ、グルメット制覇を目指す事になる。

カービィ
食べてばかりいる所をナックルジョーの修行に付き合わされることになるが、ロクにスマッシュパンチも出来ない。最終的にスマッシュパンチをマスターするが、目的を忘れグルメット制覇を目指す。
ナックルジョー
プププランドを救うべく、カービィを鍛え上げようとするが、逆に襲われたカービィを助けてばかり。
ボンカース
カービィの食べていたバナナを嗅ぎつけてやってきた。
タック
カービィのファイター能力を奪いに来た。失敗した後、ナックルジョーを連れ去ろうとした。
メタナイト
名前の文字と戦艦ハルバードの影が出るだけ。

子分なヘルパー (佩月なおこ) 編集

佩月なおこによるショートコミック。デデデの次に大食い自慢なワドルドゥが、グリゾーを捕食するカービィを見て子分になる。クラッコと戦う時は、クラッコ本体の出すワドルドゥと紛らわしくなったり、プラズマウィスプに襲われた時は、スナッチで人霊(プラズマウィスプ)となって現れたり、足を引っ張ってばかり。デデデ戦ではカービィはストーンで石化して一人で戦っていたりと苦労しており、トロッコの中で70年後もヘルパーとして苦労する夢を見るほど(だが子分として仕える気持ちは確かなようだ)。

カービィ
大食い。ワドルドゥと共にデデデを倒し、食べ物を取り戻す。
ワドルドゥ
カービィの大食いっぷりを見て子分になるが、迷惑を掛けたり、一人で戦わされたりと苦労する。その一方でカービィに仕える気持ちは確かである。しばしばスナッチでロッキープラズマウィスプに変わる。大食いな割りに口の場所が分からない。
クラッコ
ワドルドゥ(別個体)を出す敵。
プラズマウィスプ
ワドルドゥがこれにやられてスナッチで変身する。
デデデ大王
食べ物を奪った。食べ過ぎでお腹を壊した。
アックスナイト
デデデの部下。
ラブリー
ワドルドゥの夢の中での登場のみ。

台風のおとしもの (池野カエル) 編集

池野カエルによるショートコミック。ワドルドゥはカービィのヘルパーで一緒に暮らしていた。台風の過ぎ去った日、家の前にダイナブレイドのヒナが倒れていた。カービィたちは、ウィスピーのリンゴをエサとして与え、元気になったヒナを巣へと帰す事にした。しかし、巣は急勾配な山の上になった。そこでカプセルJを利用してトロッコで一気に駆け上がるが、調子に乗ったカプセルJのせいで痛い目に遭う。何とか巣に辿り着いたものの、親であるダイナブレイドは居なかった。ダイナブレイドはワドルドゥが鳥よけの目玉に見えて近づけないのだった。

カービィ
主人公。慣例通り喋らない。ちなみにカービィの家にはリックとの記念写真が飾ってある。
ワドルドゥ
カービィのヘルパー。カービィと一緒に暮らしている。
ダイナブレイドのヒナ
台風が過ぎ去った翌日、家の前で倒れていた。カービィの2倍ほどの背丈。ピーしか言わない。
ウィスピーウッズ
台風でボロボロになるも、カービィと戦うためのリンゴは保持していた。
カプセルJ
山を登る際に協力してもらった。語尾に「っス」をつける。調子に乗ってスピードを上げるも、空中でガス欠になってカービィ達と共に落下。
ダイナブレイド
ワドルドゥが鳥よけの目玉に見えて、近づけずに巣の上でぐるぐる回っていた。

アックスナイトの野望編 (あずき・まめお) 編集

あずき・まめおによるショートコミック。メタナイトの逆襲で敗れたメタナイトの仇をとるべく、アックスナイトがカービィに色々と策略を企てる。最初は斧を投げてカービィを攻撃したものの、外れて斧は湖に落ちてしまった。すると、湖から女神様が現れ、童話「金の斧」のような展開が始まる。カービィが純金と言ってしまったため、アックスナイトの斧は没収されてしまった。次に食いモンの中に毒を入れてみる物の、カービィは拾い食いしなかった。最後にワドルドゥを人質として誘拐しようとしたが、あっさりタックに取り戻され、アックスナイトはカービィ達に料理される事になってしまった。

カービィ
どこかとぼけている。食べ物の事ばかり考えている。
ナックルジョー
カービィと一緒にいた。
ツイジー
カービィと一緒にいた。「オーノー(Oh,no、斧)」というギャグを言っている。カービィにフライドチキンと言われて食べられそうになる。
ノディ
カービィと一緒にいた。寝るシーンは無し。
チリー
カービィと一緒にいた。女神様を眉毛の海苔でナンパする。
タック
カービィと一緒にいた。ワドルドゥを取り戻す。
ワドルドゥ
カービィと一緒にいた。ギャグのネタの責任を取らされたり、誘拐される。
アックスナイト
カービィにメタナイトの仇を取ろうとするも、失敗し、料理される。
ワドルディ
アックスナイトの仲間だが、特に協力せずダメだしばかり。
女神様
アックスナイトの斧が落ちた湖から現れた。普通に人型。

刺激を求めて (浅村イオン) 編集

浅村イオンによるショートコミック。平和すぎて退屈なメタナイトは刺激を求める為に「刺激コンテスト」を開催した。メタナイトに最も刺激を与えた者に、自分の素顔を見せると言う。ワドルディ・ホイール(ウィリー)・コックカワサキ・ロッキー・バーニンレオと、参加者が刺激を与えることをしたが、いずれもメタナイトの欲求を満足させる事は出来ず、平和なプププランドが悪いと決めつけて、ハルバードでプププランド征服を開始する。カービィとの決闘で仮面を斬られたものの、仮面を二重に付けていたため素顔は見えなかったとか言っているうちに、カービィは艦外へ離脱。ハルバードは堕ち、メタナイトは自分が自分の心を熱くしたとして、自分をコンテスト優勝者だとか言う始末。

カービィ
メタナイトのプププランド征服を阻止した。
メタナイト
刺激が足りないとしてコンテストを開催するも、平和なプププランドに原因があるとして、プププランド征服をするも、失敗に終わる。素顔は始めから見せる気が無かったようだ。
アックスナイトトライデントナイトメイスナイト
メタナイトの部下。
ワドルディ
コンテスト1番。メタナイトの顔面をパラソルの先でつつく。
ホイール(ウィリー)
コンテスト2番。自分のスピードに酔いしれて勝手にどこか行く。なぜか名前が「ホイール」である。
コックカワサキ
コンテスト3番。激辛料理でもてなす。
ロッキー
コンテスト4番。マッチョ像の肉体美で攻める。
バーニンレオ
コンテスト5番。とりあえず炎を吐きまくる。

未来分岐点 (栗本和博) 編集

栗本和博によるショートコミック。バーニンレオと暮らしていたカービィはとても食べてばかり。そんな時、未来からカービィの孫であるマーゴがやってきた。未来のプププランドはカービィの大食いの所為で食べ物がなくなっており、マーゴはカービィの大食いを直すためにやってきたのだ。マーゴは大食らい矯正作戦を開始し、1週間後カービィはよれよれになっていた。そこでマーゴはうんとかさばる食べ物を作る事にした。だが、パン1コ分で作った巨大スカスカパンは失敗に終わる。そんな時、コックカワサキが現れた。コックカワサキはパイの中にセメント10袋を混ぜ込んだ「セメントミックスパイ」を作った。セメントゆえ、腹もちもよく、なかなか消化されない代物だった。こうして未来の食糧難は救われる事となった。一方、デデデの元にも、デデデの大食らいが原因で食糧難だと、未来から孫であるダダダ大王がやってきたのであった。

カービィ
食べてばかり。食べてないとへろへろになる。最終的にセメントミックスパイのお陰で何とかなる。
バーニンレオ
カービィと一緒に暮らしている。
マーゴ
本作オリジナル。未来からやってきたカービィの孫の女の子。服を着ていたり髪があったりするが、他はカービィと同じ体型。
コックカワサキ
手をこまねいていたマーゴに手を差し伸べる。セメントミックスパイを作って事無きを得る。
デデデ大王
大食らいの大王。
ダダダ大王
本作オリジナル。デデデの大食らいを直すべく、未来からやってきたデデデ大王の孫。デデデと違ってイケメンである。

運動会大対決!! (志田朋美) 編集

志田朋美によるアンソロジーコミック。なぜか運動会をしているカービィたち。赤組はカービィチーム、白組はデデデチームであり、白組がリードしていた。借り物競走には赤組よりリックが参加。カサをデデデから借りるも、デデデのカサまわしを見たいと言う一言に踊らされて、白組イフリーティに負けてしまう。次の玉入れでデデデはカービィにわざと玉をぶつけ、カービィと玉の投げ合いをするも、途中でカービィがスロウ能力で玉を持ったチームメイトごと、かごに入れて赤組が勝つ。最後の障害物競走はカービィとデデデが参加。デデデはザコ敵を繰り出して妨害するも、カービィにツイスターをコピーされる。しかしスタート地点に置いていたマキシムトマトでカービィを嵌める。怒ったカービィは、空気を一気に大量に吐き出す「カービィ大砲」でデデデを攻撃するも、会場はめちゃくちゃになり、どちらが先にゴールしたなど誰も見ていられなかった。

カービィ
赤組のリーダー的役割。鉢巻きをつけている。
リック
赤組。借り物競走でイフリーティに負ける。
クー
赤組。カービィと一緒に玉入れに参加。
ワドルディワドルドゥポピーブロスJr.
赤組。玉入れでカービィに投げ込まれる。
スパイキーブロントバートブルームハッターチャオカイン
おそらく赤組。
デデデ大王
白組のリーダー的役割。相手を邪魔したりして何とか勝とうとする。
ブレイド
デデデの補佐役。障害物競走に出ようとするも、デデデに無理やり止められる。
イフリーティ
白組。リックに勝つ。ちなみに借りていたものは「やかん」。
バッツマッシャーマスターペンギー
白組のチームメイト。
ノディマスターペンギーバウンシーツイスタープロペラーロッキースカーフィ
デデデが障害物競走中に繰り出した。ツイスターはカービィにコピーされる。

カブーデレラ (佐藤慎子) 編集

佐藤慎子によるアンソロジーコミック。シンデレラを元にしている。昔々ある所に、可愛そうだけど高飛車な少女、カブーデレラが居た。ある日、城で舞踏会が開かれ、カブーデレラは一人留守番。するとまほうつかいが現れ、カブーデララにドレスとボンバーが引く馬車をくれた。ボンバーに無理やり引かせて城へ向かうが、ボンバーは途中で力尽き、カブーデレラ自身が転がって城へ行った。その頃、城ではカービィ王子と姉たちが面会していたが、カービィ王子は疲れており、壊れていて、包丁を振り回していた。カブーデレラは城に着くも、12時になりドレスを置いて帰って行った。いつもの生活に戻ったカブーデレラ。ある日、カービィ王子はドレスの持ち主を探していた。ドレスはカブーデレラにぴったりで、律義なカービィ王子はドレスを無事に帰す事が出来た。おしまい。

カービィ王子
王子様。舞踏会の日は疲れていて、包丁を振り回していた。律義で落とし物であるドレスをカブーデレラに届けるだけ届けた。
カブーデレラ
継母たちに召使として使われている割には高飛車で、急いで移動するときは、途中に居る者に気に掛けず転がる。ドレスを着ると顔が見えない。カービィ王子に一目惚れする。カービィ王子がドレスを届けてくれるも、王子はただ単に落とし物を届けに来ただけだった。
ママ母、姉、妹
カブーデレラの家の継母、姉、妹のポピーブロスJr.。高飛車なカブーデレラに手を焼いているようだ。
まほうつかい
不釣り合いなドレスや、ボンバーの馬車を出してくれたまほうつかい。
ボンバー
馬車を引く役。カブーデレラに反抗するも、彼女のド下手なマイク攻撃でしぶしぶ引いて行く。途中で力尽きると、カブーデレラが転がって移動したために、潰された。
メイスナイト
カービィ王子のお付きの部下。

夏カゼとともに (堀田ナポリ) 編集

堀田ナポリによるアンソロジーコミック。海水浴をやめた途端、チリーがカービィを凍らせてしまった。ワドルディはチリーを撃退するも、カービィはお湯が一瞬で沸くほどの熱のカゼを引いてしまった。カービィのくしゃみは破壊力抜群で、飛んできた唾はワドルディも貫くほどだ。ワドルディは薬を飲ませたカービィを寝かせようとするも、くしゃみの所為で上手く寝かせることができず、衝撃で飛んできたカービィに激突され、仮死状態になってしまう。病人のカービィはワドルディに人工呼吸を試み、ワドルディは命を取り留めるも、カービィの呼吸の息を吐き返して、カービィはデデデ城まで吹っ飛んで行く。デデデ城では、カービィのカゼを聞いて喜んでいたデデデ大王であったが、カービィが城まで吹っ飛んできた、更にそこで強力なくしゃみをしたので、城ごと宇宙へ吹っ飛んで行ってしまった。カービィはカゼが治り、地球が青かった事を日記に書いたのでした(デデデ達と共に宇宙空間に放り出されてるのだが)。

カービィ
海水浴から上がった所をチリーに凍らされ、カゼを引いてしまう。そのくしゃみは超強力で、デデデ城を宇宙にまで吹っ飛ばすほど。
ワドルディ
カービィと一緒に海水浴をしていた。カービィを看病する傍ら、発熱で沸いたお湯でカップ麺を作ったりしている。ワドルディの気絶からの回復後は特に描写無し。
チリー
カービィを凍らせたが、ワドルディに倒される。
デデデ大王
デデデ城に居た。
バイオスパーク
デデデの部下。カービィがカゼを引いた事をデデデに報告。
死神
正式名称不明。ワドルディが仮死状態になった時に、ワドルディを迎える為に辺りをうろちょろしていた。

鬼のカービィ (藤凪かおる) 編集

藤凪かおるによるショートコミック。とうとう憧れのヘルパーになり、準主役の座を手に入れる事が出来たワドルドゥ。しかし、カービィに敵と間違えて攻撃されたり、カービィに食べ物を取ってくるようパシリ扱いされる(取ってきたリンゴはカービィに全部食べられた)。一方で、食べ物を取りに行った先で、ウィスピーに裏切り者と攻撃されたり、大量の敵が裏切り者と攻めて来る一方、カービィはオムレツの方に行き、一人でボコボコにされてしまう。ワドルドゥはこの関係に嫌気が差したが、カービィが反省し、ワドルドゥを主人公にした。そして、ワドルドゥはデデデ大王の相手をされてボコボコにされるのだった。

カービィ
ワドルドゥをパシリに使ったり、敵との戦闘ではワドルドゥ置いて、食べ物の方向に走る。最後はワドルドゥを主人公にするも、デデデと勝負させ、ボロボロになったワドルドゥに対して、「自爆する?」と言うなどタイトル通り鬼である。
ワドルドゥ
カービィのヘルパー。パシリに使われたりと不遇である。また、他の敵からは裏切り者扱いされている。ちなみに1コマだけ口がある。
ウィスピーウッズ
ワドルドゥが食べ物を探しに来た時にリンゴをつけていた。裏切り者のワドルドゥをボコボコにした。
デデデ大王
主人公になったワドルドゥがいきなり相手にさせられた。

画像 編集


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。