Fandom


星のカービィ!
も〜れつプププアワー! 12巻
Taniguchi-12a
読み: ほしのかーびぃ! も〜れつぷぷぷあわー! 12かん
ISBN: ISBN 978-4091421593
著者: 谷口あさみ
出版社: 小学館
分類: 連載漫画
発売日: 2016年4月28日
初版発行日: 2016年5月3日

星のカービィ! も〜れつプププアワー! 12巻は、谷口あさみ作の漫画『星のカービィ! も〜れつプププアワー!』の単行本第12巻。

概要 編集

谷口あさみによる『星のカービィ』を題材とした漫画『星のカービィ! も〜れつプププアワー!』の第12巻。月刊コロコロコミック'15年7月号~'16年2月号、別冊コロコロコミック'15年8月号~'16年2月号掲載作品収録。夏〜冬にかけての話が中心で、新しくブリッパーが第1話より準レギュラーとなる。表紙はこの巻に収録されている各話の集大成のようになっている。裏表紙の方に過去の作中に登場していた「メタくん」の4コマ付き。カバーをめくった裏表紙には13巻の予告が載っている。ちなみに、『星のカービィ ロボボプラネット』と同日発売である。

主要キャラクター 編集

登場人物紹介掲載キャラクター
それ以外
  • ワドルディ - 第4話でカービィの家でなぜか一緒に寝ている

登場するコピー能力など 編集

収録話 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。
第1話 プールを作るのだ!!
自分の家の前にプールを作ったカービィは水を汲みに行く。口の中に水を含むもデデデ大王に妨害されてしまう。改めて水を運ぼうとするも今度は干からびているブリッパーを助けることになる。次にはメタナイトに妨害されてしまう。するとさっきのブリッパーの母親がカービィを手助けしてくれることになった。
第2話 カービィVSドロッチェ団 おかしな戦い!!
お菓子の家を見つけたカービィだが、ドロッチェ団と奪い合いになってしまう。アリに紛れてお菓子の家を食べるもあっさりばれてしまったカービィは、家ごと吸い込もうとする。しかしドロッチェは吸い込み対策にコショーを振る。すると、くしゃみしたカービィにお菓子の家とドロッチェ団は崖に飛ばされてしまった。何とかカービィのバブル能力で事なきを得るも、再びくしゃみをしたカービィによって、お菓子の家は宇宙まで飛んで行ってしまう。
第3話 プールの底に潜む敵
カービィがプールに入ろうとすると、ブリッパーが干からびているのが見つかる。プールはスキッドランスが占拠していた。同じくプールに入ろうとしたデデデ大王とメタナイトも応戦するも歯が立たず、プールの奥へ行ったスキッドランスを追いかける。するとそこでスキッドランスは快適な生活をしていた。カービィとスキッドランスは色んなゲームで勝負をするも、実際はスキッドランスが遊びたかっただけであったが、本人は否定しつづけ、そのまま遊ぶのであった。
第4話 ラジオ体操に行くのだ!!
ラジオ体操のシールを集めて、いいものを貰うために、欠かさずラジオ体操に行こうとするカービィとワドルディ。しかし家が木の上に飛んだり、バナナの皮が散乱したりと、行くのに苦労する。そこでカービィは家に細工をする…。
第5話 恐怖のカービィハザード!!
デデデ大王視点の話。くしゃみをするカービィだったが、そのくしゃみを浴びた住民がカービィみたいになってしまった(すいこみもできる)。カービィ化を逃れるために、デデデ大王は薬局へマスクを求めに行く。しかし薬局の店員をしていたのは…。
第6話 カービィVSデデデ大王 熱血レース!!
スケボーに乗って、カービィとデデデ大王がレースをする。住宅街ではカービィは家を貫き、食事を盗りながらすすむ。とまらん坂、極寒コースを越え、砂漠地帯に突入すると、カービィはアニマルで地中を掘って進み、デデデ大王は走り出す。結果、同着となり、アイスは半分になるが、そのどちらが良いかでまた揉めるのであった。
第7話 愛と情熱の焼き肉バトル!!
焼肉に来たカービィだが、タランザがブリッパーを食材と思い焼く。カービィはブリッパーを返してもらうために、タランザと焼き肉早食い対決をすることになる。しかしそれを見かねたコックカワサキにより、肉をおいしく焼けた方の勝ちに変わる。タランザは6本の手を自在に使い、肉を美味しく焼くことに成功する。一方カービィは肉をほめちぎり、恥ずかしくなった肉に自ら焼かせた。
第8話 がんばれメタナイト!
銭湯に来たメタナイトだったが、風呂から上がると仮面が無くなっていた。すると仮面はカービィが卓球のラケットに使っていた。しかしカービィがうっかり投げてしまい、鳥の巣になった。数日後、仮面を取り戻すも、邪悪な者を封じるために、メタナイトの仮面型の鍵穴に仮面をはめるべく仮面を使ってしまう。その後、カービィが別の仮面を見つけるも、またうっかり投げてしまい、鳥の巣になってしまう。
第9話 寒いぜ! ロックンロール
チリーのコンサートに行こうとするカービィは凍ったブリッパーを放っておいて、バウとウォンキィと合流する。壊れた橋を何とか渡ると、マルクと遭遇。カービィとマルクはまた色々やるも、寒さを何とかしたいこともあって、マルクはチリーのコンサートに同行する。しかしチリーの歌を作詞したのはバウなだけあって…。なお最後、カービィのファイア能力により温まっている。
第10話 嵐で大ピンチなのだ!!
嵐でどこかの穴に避難したデデデ大王だったが、そこではカービィがカラオケ練習をしていた(オンチになっている)。寒いので火を焚けるものを探したところ、宝箱から札束が出てくる。デデデ大王は金持ちになったと思ったが、カービィがファイアで暖をとるために燃やしてしまう。そこでデデデ大王とアニマルカービィは更に掘り進めていくと、ソファやテレビ、3DSやWii Uなどがどんどん出てきたので、穴を掘って部屋を作ることにした。実際は公園のドームの中に避難しており、嵐が去った事も知らずに、地下生活を満喫する2人だった。
第11話 お年玉がほしいのだ!!
バウの出したお年玉を争奪する面々(カービィはおしるこを買いに行ったりするが)。メタナイトも加わってお年玉を奪い合っていると中が割れて、煙が出てきて、みんな年寄りになってしまう。
第12話 モ〜レツ! 激突! サッカー大会なのだ!!
カービィチームとデデデチームに分かれてサッカー対決をする。当初カービィは作家大会と思って、物語を執筆する。口でボールを運んだり、作戦タイム中に目玉焼きをワサビで食べる話をしたりする。最後にゴールへ向かっていたデデデ大王だが、カービィの人生のゴールという謎の言葉に気を取られている間に、カービィにボールを取られ点を取られ負けてしまった。
  • メタくん

ゲストキャラクター 編集

ブリッパー
第1話で登場。川の外の世界に憧れて陸に上がるも、干からびていた。そこをカービィに助けてもらう。その後、ママと一緒にカービィのプールへ水を運ぶのを手伝う。それ以降はカービィの家のプールに住むことになった。以降の話にも登場するが、大抵干からびたり、焼かれたりして死にかけている事が多い。ちなみにママはまつげのある目で、頭にパーマみたいな髪がある。
スキッドランス
第3話で登場。カービィの家のプールに勝手に住み着いていた。プールの中に電化製品や漫画やソファーを置いて、快適な生活をしている。プールを取り戻すべくカービィと勝負をするも、トントン相撲を皮切りにイカトゥーン、Wiiテニス、トレカ、すごろく、オセロ、けん玉と遊んでばかりだった。実際は誰かと遊びたかっただけのようで、その後も勝負と称してカービィとずっと遊び、いつの間にかゲーム仲間と化していた。

用語 編集

お菓子の家
第2話。お菓子の家がなる木に出来たお菓子の家。落ちそうになってバブルで押さえていたが、カービィのくしゃみで宇宙まで飛んで行った。
プププランドのレース大会
第6話。スケボーに乗って、デデデ大王とカービィがレースをする。優勝賞品はキンッキンに冷えたアイス(2つに割るやつ)。通過場所は順に、住宅街→とまらん坂→極寒コース→砂漠地帯。
焼き肉早食い対決
第7話。カービィがタランザに奪われたブリッパーを返して貰うため、タランザに挑まれた勝負。部下のセクトルディ達は勝てるはず無いというも、タランザは手が6本あるから勝てると自信満々(口は1つしかなかった)。一方カービィは、肉だけでは物足りずご飯も一緒に食べる始末。それを見かねたコックカワサキにより対決の趣旨がおいしく焼けた方の勝ちに変わる。
肉布団
第7話。寝ながら焼き肉を食べられる肉で出来た布団。
ナックルスマッシュ
第8話。ナックルジョーが卓球で使っていたスマッシュ。
邪悪な者たち
第8話。箱に封じられていた邪悪な者達。鍵穴にメタナイトの仮面型のものをはめれば封印できる。ちなみにダークゼロと思しきキャラクターが居る。
チリーの髪はチリッチリ〜[1]
第9話。バウが作った曲だけあって、寒いギャグだらけである。
ダジャレを言うのはだ〜れじゃ
惑星が屁をこいた。わ!! くせい!!
ああ〜♬ チリーの髪はチリッチリ〜
カッター買ったよ
カレーは辛ぇ〜♬
メタナイトは剣
持たないと〜
マルクがこたつで
まるくなる〜♬
コンドル今日もめりこんどるし
馬はうまって電話にでんわ♬
ああ〜♬ チリーの髪はチリッチリ〜
このぶどうひとつぶどう?
猫は寝込んでカエルは帰る♬
チリーの髪はチリッチリ〜♬ って
髪ないやん!! 毛根毛根毛根毛根
も〜こんな歌しか歌えないオレ♬
お年玉
第11話。バウが出した玉。中が割れると煙が出てみんな年寄りになってしまった。
プププランドのサッカー大会
第12話。カービィチームとデデデチームの対決。カービィは当初、作家大会と思い、物語を書いていた。

脚注 編集

  1. ^ 歌詞も含め波線の表記は2こぶの波線。

画像 編集


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。