FANDOM


星の○○○○ スターフレンズでGO!
サブゲーム・ゲームモード
GuestStarTitle
タイトル画面
読み: ほしのまるまる すたーふれんずでごー!
英名: Guest Star ???? Star Allies Go!
初登場: 星のカービィ スターアライズ
ラスボス: バルフレイナイト
分類: メインゲーム

星の〇〇〇〇 スターフレンズでGO!は、『星のカービィ スターアライズ』のゲームモードの1つ。

概要 編集

フレンズヘルパーを操作して「へいわなくに プププランド」から「遥か、きらめきの勇者たち」のステージを順番に攻略していくモード。レベルアップハートを取ることで、攻撃力・体力・素早さを強化できる(5回強化可能で、最大時は体力はストーリーモードと同じになり、攻撃力・素早さはストーリーモードより強化されるが、レベルクリアすると強化はリセットされる)。ポイントスターは効果の同じ「ポイントハート」に置き換えられる。

基本的な進め方はストーリーモードと同じだが、フレンズスターは使えず、その該当マップ及び一部のステージが省略されている。また、ワールドマップは無く、ストーリーモードのワールドがそのままレベルに置き換わっている(「へいわなくに プププランド」全体がレベル1、「きせきの星 ポップスター」全体がレベル2といった具合。ただし、「遥か、きらめきの勇者たち」はワールド自体が長いので、前半がレベル4、後半がレベル5となる)。

多人数プレイ時にCP操作のフレンズがいない場合は1Pと同じキャラが呼び出される。

また、ゴールトビラが普通のに置き換わっており、セーブは途中のチェックポイントを通過するか、レベルクリアした際に行われる(途中で終了すると最後にセーブしたチェックポイントから再開)。同時に各キャラの各レベル毎にクリアタイムが記録される。なお、ステージの後戻りはできず、選択したキャラによってマップ構成が一部異なる他、ドリームロッドも基本的にレベル1の序盤の1つしか入手できない(一部、ドリームロッドを2つ以上取れるキャラもいる)。デデデ大王メタナイトはストーリーモード同様、撃破時にフレンズハートを投げればその場で仲間にできる。

クリアするとドリームフレンズも使えるようになり、サウンドテスト、(難易度1〜5のいずれをクリア済の場合)The アルティメットチョイスの難易度6・7が解放される。

過去作の「○○でゴー!」では専用ボスとの戦いの舞台以外にはオリジナルのマップがなかったが、今回は通常のステージでオリジナルのマップがいくつか登場する。さらにVer2.0.0以降の追加ドリームフレンズにはそのキャラクターの登場する作品の再現マップや、そのキャラクターの技を試すマップなどが新たに用意される。またVer2.0.0以降、ドリームフレンズのクリア後のスタッフロールに写る最後の写真は、出展作品(バンダナワドルディは『USDX』)で活躍していた頃の原作の画像に差し替えられ、スタッフロール後には追加時期が同時であるドリームフレンズ3人ごとに1枚ずつ特別な一枚絵が用意されている。

ステージ 編集

概要の通り、選んだキャラによって通過するステージに違いがある他、ストーリーモードで通らなかったオリジナルマップもある。逆に、どのキャラを選んでも通らないストーリーモード専用のエリアもある(フレンズスターを使用する場面やエクストラスターδの後半部分など)。

レベル1
へいわなくに プププランド」のステージを攻略していく。途中にフレンズれっしゃを使うオリジナルマップがある。追加ドリームフレンズの再現・技おためしマップ1つ目がグリーングリーティングと入れ替わりで入る。
レベル2
きせきの星 ポップスター」のステージを攻略していくレベル。途中にザコ敵と連続で戦うオリジナルマップがある。また、第1弾追加ドリームフレンズはネイキッドナチュレが、第2弾ドリームフレンズはフレンズフィールドがオリジナルの構成になる。Ver3.0.0からエコーズエッジフレンズつりばしを必ず使用しなければならない場所が撤去され、そのマップは使用しなくても進めるところからスタートするようになった。
レベル3
暗黒ようさい ジャマハルダ!」のステージを攻略していくレベル。途中にフレンズれっしゃを使うオリジナルマップがある。追加ドリームフレンズの再現・技おためしマップ2つ目は、第1弾追加キャラはえい門への道、第2弾はこうおつへいの区画と入れ替わりで入る。
レベル4
遥か、きらめきの勇者たち」を惑星フォルアースから小惑星ガベルの部分まで攻略する。途中にザコ敵と連続で戦うオリジナルマップがある。また、第1弾追加ドリームフレンズは惑星ポッカラが、第2弾は惑星フォルアースがオリジナルの構成になる。小惑星クードのみ、全面がストーリーモード専用となっており、本モードには登場しない。
レベル5
「遥か、きらめきの勇者たち」を新星ドルムアーツから神降衛星エンデまで攻略(エクストラスター含む)。エクストラスターδ前の敵ラッシュや、大魔星マジュハルガロア前のフレンズれっしゃのようなオリジナルマップがある。ハイネス撃破後は、専用ボスバルフレイナイトと戦闘。追加ドリームフレンズの再現・技おためしマップ3つ目が大魔星マジュハルガロア、神降衛星エンデの2つと入れ替わりで入り、その先にはHAL部屋のように、ブロックでドリームフレンズの名前を表した場所がある。また、追加ドリームフレンズはザン・パルルティザーヌ~バルフレイナイト戦までのフィールドの背景が変わり、バルフレイナイト戦については戦闘曲も変わる。追加されたバージョンに応じて背景は異なる。ver.3.0.0から、フレンズヘルパーの構成において、エクストラスターδが削除されている(追加ドリームフレンズのみエクストラスターδの一部を攻略する)。

なお、フィールドの変化の詳細は神降衛星エンデ及びバルフレイナイトを参照。

キャラ一覧 編集

選んだキャラの名前が○○○○の部分に入り、専用のサブタイトルも付く。1Pのフレンズヘルパーは敵キャラとして登場するカラーになり、ドリームフレンズはデフォルトのカラーになる。ドリームフレンズの場合選択時に専用ジングルが流れ、背景も特殊なものになる。また、クリア時に専用の一枚絵が用意される(Ver2.0.0以降)。特にアップデートで追加されるドリームフレンズは出展作品のステージを意識したマップや、当該キャラの名前をアルファベットでブロックを用いて現した部屋がある。

フレンズ サブタイトル
ブレイドナイト この剣に誓って
サーキブル リターントゥ斬刃
ポピーブラザーズJr. 空に弾ける花々
ロッキー 怒りのヘビーアッパー!
ウェスター テンガロンハンター
ボンカース 黄色いバナナを求めては...
バイオスパーク 紫電月影[1]
ギム ギムズプラネットツアー
ジャハルビート 信じられる友こそが
バーニンレオ 燃えろ! ライオンハート
チリー はるかぜそよぐ、その前に...
ワドルドゥ ビームの未知なる可能性について
コンセ 忘らるる希望の光
プルアンナ ウルルン! スプリンクル
ネスパー サイキックエイジス
バードン フリーダムスカイ
ブルームハッター 世界清浄化宣言
ナックルジョー 遥かなる強者たち
バグジー 歴戦のインセクトバトラー
ビートリー 新鋭のインセクトバトラー
コモ 三つ目スーパースパイダー
パラソルワドルディ ふわふわおちて、ひがさして。
ビビッティア カラフル♥ハートフル
コックカワサキ 突撃! 魂の料理人
デデデ大王 王位の復権
メタナイト その闇、我が剣の糧に
バンダナワドルディ レジェンド オブ ワドルディ
リック&カイン&クー 陸海空アニマルズ
マルク 銀河に野望を
グーイ ココはドコでボクだ〜れ?
アドレーヌ&リボン あたしたちもまぜて
ダークメタナイト シャドーサイドストーリー
ドロッチェ 参上! 宇宙かける盗賊団[2]
マホロア 心からのベストフレンズ
タランザ あの花に会うために
秘書スージー 光線銃で、くじょされて❤︎[3]
(カービィ) (副題無し)

余談 編集

  • ニンテンドースイッチを携帯モードにして、「はじめから」と「ベストタイム」の間をタッチするとプレイヤーがカービィになり、「星のカービィ」として遊べるバグがある(各レベルのベストタイムもカービィとして別に保存される)。この状態でポーズ画面を開くと「(未せってい)」と表示される。コピー能力を得ると、星の「コピー能力名」になり、残り数のアイコンも対応したコピー能力のものになる(クリア時のリザルト画面はどの能力でクリアしても「星のカービィ」表記だが、スタッフロール時は別のキャラになる)[4]。なお、このバグはVer3.0.0のアップデートで修正された。
  • 開発中は「ワドルディでゴー!」に絞る案もあったという[5]
  • キャラごとのサブタイトルを付ける案はデザインディレクターのファーマン力、デザインを担当した河田茂幸、リードUIの東藤由実がふざけて話していたものを提案したところ、熊崎信也が乗ったことで実現した[6]。熊崎信也は後のインタビューでタイトル調整には海外版も含めて苦労したということを明かしている。曰く、「提案してきた東藤を、少し恨んでいます(笑)」[7]

画像 編集

脚注 編集

  1. ^ 読みは「しでんげつえい」。
  2. ^ 宇宙の読みは「そら」。
  3. ^ 光線銃の読みは「レーザーガン」
  4. ^ 【星のカービィ スターアライズ】星の○○○○をカービィでプレイするバグ
  5. ^ ニンテンドードリーム 星のカービィ スターアライズ 山梨直送インタビュー
  6. ^ 星のカービィ スターアライズ Vol.3 インタビューTheアルティメット 前編(2018年7月号より)より"東藤 デザイン案の監修の際に、デザインディレクターのファーマン、デザインを担当した河田(茂幸さん)、リードUIの私とで、ふざけて話したのが始まりだったと思います。サーキブルに「斬撃の回転刃」とか、ボンカースに「とにかくデカイ猿」とか、「サブタイトルつけたらおもしろくない?」「ヘルパーひとりひとりの個性が出せるかも!」みたいな感じでわいわい話していました。それを熊崎に提案したら、「じゃあ、サブタイトル考えてみるよ!」とノってくれて(笑)。会話の中で生まれた提案を、皆がノリノリで実現していく過程が楽しかったです。
  7. ^ 「Nintendo DREAM 2019.1月号」p.36

関連記事 編集