Fandom


強制スクロールとは、プレイヤーの操作に連動することなくゲーム画面が自動的(強制的)にスクロールされることを指す。

概要 編集

基本的に、スクロールに追いつかず画面端と壁などに挟まれると1ミスとなり、カービィの残機が1つ減ってしまう。いかに挟まれないように移動するかがカギとなる。星のカービィ 夢の泉の物語で初登場(ヘビーモール戦)。ボス戦以外(通常ステージ)での初登場は星のカービィ2

強制スクロールが登場する作品 編集

星のカービィ 夢の泉の物語星のカービィ 夢の泉デラックス
ヘビーモール戦。ナイトメアパワーオーブ戦も広義の強制スクロールといえる。
星のカービィ2
スイートスタッフ戦の他、4-4などで登場。
星のカービィ スーパーデラックス星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
白き翼ダイナブレイドマシュマロ城などに登場。銀河にねがいをギャラクティック・ノヴァ戦でも見られる。
星のカービィ3
1-3が初登場。その他、数多くのステージに強制スクロールが存在する。
星のカービィ64
2-1などに登場。
タッチ! カービィ
このゲームでの初登場はマシンマンションマッドメカニズムでは床の上昇があるため、スペクタクルスペースでは足場が少ないため挟まれやすい。
星のカービィ 参上! ドロッチェ団
ヤドガイン戦が本作唯一の強制スクロール。
毛糸のカービィ
シューティングステージにおいて強制スクロール。グレートジャンボツリーなどでは擬似的に強制スクロール面となる。
あつめて!カービィ
3-9(ブリザルドンに追いかけられるステージ)などに登場。
星のカービィ Wii
レベル8ランディアに乗って行うシューティングステージが該当。その他、異空間や強風が吹いている地点も広義の強制スクロールと言えよう。
星のカービィ トリプルデラックス
強制的にスクロールするステージはないが、プレッシャースパイクに追いかけられる地点が広義の強制スクロールと言える。
タッチ! カービィ スーパーレインボー
レベル2イエロー デューンズ・ステージ1のドリコッタに追いかけられる地点が初登場。
星のカービィ ロボボプラネット
1-1の終盤でウィスピーボーグに追いかけられるシーンが初登場。この時はウィスピーボーグを倒せば強制スクロールが止まる。その後は2-2、4-4のシューティングで登場する他、通常のアクションステージでは3-3等で登場。また、5-5、5-7、6-7の電車マップでは画面奥のみが強制スクロールとなる。

余談 編集

任天堂のアクションゲームで強制スクロールが初めて登場したのは、スーパーマリオブラザーズ3の1-4である。

関連項目 編集


Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。