Fandom


(まぼろしの紫外線!) ← 第85話 | 第86話 | 第87話 → (襲撃! カラスの勝手軍団)
Theater086

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater086h

シアターの間で見られたアニメの表紙

弟子対決! コックナゴヤ』(でしたいけつ - )はアニメ『星のカービィ』の第86話のサブタイトルである。初回放送日は2002年6月14日、初回放送の視聴率は7.0%[1]

登場人物

メインキャラクター

ほか

ゲストキャラクター
魔獣

登場したコピー能力

あらすじ

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

次回予告の台詞

コックカワサキ:次は俺が苦労する番だよ。包丁一本、さらしに巻いて…板場の修業時代に兄弟弟子でコックナゴヤってヤな奴がいてさ~。都会派料理とか言っちゃって肌が合わなかったけど、そいつがププビレッジにやってきたんだ~。魔獣かもしれないから、カービィ気を付けてね~。

海外でのサブタイトル

言語名前意味・由来
英語 A Chow Challenge
食べ物へ挑戦[2]
スペイン語 Un desafió picante

備考

  • 劇中で使われている番組のセットや内容が「料理の鉄人」のセットのパロディ[3]

名台詞・迷台詞

  • コックカワサキコックナゴヤの再会を見て「ほも?」と言っているように聞こえる(カービィ
  • ププビレッジの人々が語尾に「ミャ-」とつけてナゴヤを歓迎したことに対して「何このミャ-ミャ-は…」(フーム
  • 「うんミャー、うんミャー」(ブン他)
  • 「これがにゃごや(名古屋)の伝統、味噌煮込みうどんだがや!」(コックナゴヤ)
  • 「うみゃ~ぜよ」(ブン)
  • 「え?こんなにスナック食べといて、まだ食べられるでゲスか?」(エスカルゴン
  • 「マズさを競いあったナゴヤがあんな料理人に…」(コックカワサキ)
  • 川崎なんちゅう星はさびれた工業地帯の田舎もんだぎゃ!」「それに比べたら、ニャーゴヤは歴史のある都、味噌カツ味噌煮込みうどん外郎、名産品がぎょうさんあるがや!」(コックナゴヤ)
  • 金の鯱鉾100m道路もにゃいカワサキに言われたくにゃーわ!」(コックナゴヤ)
  • 「伝統料理で勝った俺だが、そん(それ)なのに大衆料理でお前に負けた。また修業の旅に出るぎゃ」(コックナゴヤ)
  • 「前にもこんな目にあったでゲスミャー」(エスカルゴン) - 第59話終盤参照
  • 「カービィ、またあのお料理に呼ばれたいがや」(フーム) - ブンに「姉ちゃん、うつっちゃったじゃん」とツッコまれている

脚注

関連項目

外部リンク

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。