Fandom


カービィ86話 弟子対決! コックナゴヤ 内容

カワサキとナゴヤコックオオサカ師匠の兄弟弟子。

ナゴヤはカワサキの料理がうまいか と聞いた。

皆は嘘をつき、「うみゃぁ」と答えた。

ところが大変。ナゴヤは、そのミンナがうまいと言っている料理をたべると言うのだ

カワサキはフームに手伝ってもらい、本のとおりにラーメンを作る。

ナゴヤは「まずくはない」という。

ナゴヤが料理をだした。

すごくうまい!皆は絶賛。

そのあと、カワサキは皆と「実は自分で作ったんじゃないんだ・・・」という。

それを聞いたナゴヤは怒った。

これを聞いたデデデはカワサキとナゴヤで「料理対決で勝ったほうがあの店(カワサキの店)をもらえる」

等といい、料理対決を始める

しかしあのデデデの悪だくみ。

電気を審査前に消し、エスカルゴンが皆のカワサキの料理に唐辛子を入れる。

ナゴヤはそれに気付く!!

そのあとは↓から

リンク

カービィ86話ー1

カービィ86話ー2

星のカービィオープニング エンディング

次回予告(ワドルドゥ、デデデ)

(ワドルドゥ)陛下は最悪の独裁者であります。何がひどいってカービィの吸いこめないゴミを、そこいらじゅうにばらまいて、私ども兵士にゴミの始末を押しつけます。このままではデデデ城は(デデデ)おーい、ワドルドゥ!ゴミ処理のいいアイデアが浮かんだぞい!(ワドルドゥ)来週は、非常に汚い話であります。


(間違っていたら編集お願いします)

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。