FANDOM


(最強番組、直撃! 晩ごはん) ← 第59話 | 第60話 | 第61話 → (肥惨! スナックジャンキー)
Theater060

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater060h

シアターの間で見られたアニメの表紙

宝剣ギャラクシア!』(ほうけん - )はアニメ『星のカービィ』の第60話のサブタイトルである。初回放送日は2002年12月7日、初回放送の視聴率は5.5%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

ゲストキャラクター
魔獣

登場したコピー能力 編集

あらすじ 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

次回予告の台詞 編集

メタナイト卿:長く続いた銀河大戦は多くの生と死のドラマを生んだ。次世代の戦士として生まれたカービィもいれば、無念の思いで散っていった愛しい戦友もいる。だが、その娘にこともあろうにこの私が狙われることになろうとは、誰が予想しよう?私の剣、ギャラクシアの秘密のカギは!?

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 Crusade for the Blade
剣への改革運動[3]

備考 編集

名台詞・迷台詞 編集

  • メームの発言を受けて「家庭に一台カービィだね」(パーム
  • 「あっ、いや~ん、そこ触っちゃいやん。もう!」(エスカルゴン
  • 「お前たちは原住民か?」(シリカ
  • 「姿こそみっともなくあらせられるが、このお方は驚くなかれ、デデデ大王でゲース!」(エスカルゴン)
  • メタナイトに対して「たまには働くでゲスよー」(エスカルゴン)
  • 「まるで生き物みたい」(フーム
  • 「彼女も持ったのね。ギャラクシアを持てる力を…」(フーム)

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。