Fandom


(王女ローナの休日) ← 第21話 | 第22話 | 第23話 → (迷子のダイナベイビー)
Theater022

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater022h

シアターの間で見られたアニメの表紙

孤島の決戦・老兵は死なず!』(ことう - けっせん ろうへい - し - )はアニメ『星のカービィ』の第22話のサブタイトルである。初回放送日は2002年3月2日、初回放送の視聴率は7.6%(全100話中、最高視聴率タイ記録(第24話『ニンジャ、ベニカゲ参上!』と同率))[1]

登場人物 編集

メインキャラクター
ゲストキャラクター
魔獣

登場したコピー能力 編集

あらすじ 編集

海水浴をしていたカービィ達は、謎の竜巻に攫われ島に流れ着く。そこに住んでいた老人ダコーニョは、なんと銀河戦士団の一人だという。途轍もなく頑固な彼を説得する中、カービィ達がこの島に流れ着いたと察したデデデとエスカルゴンが魔獣トルネイドンを引き連れてやってくる。

次回予告の台詞 編集

フーム(以下フ)&ブン(以下ブ):(フ)海で突然巻き起こったあの竜巻。まさか、デデデの仕業だったとは思わなかったわ。(ブ)ああ。でも、それより驚いたのはあの島で兵隊の爺さんが生きてたってことさ。(フ)銀河大戦が終わって随分経つけど…(ブ)ナイトメアとの戦いは続いている。(2人)次回のカービィの活躍をお楽しみに!

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 Island of the Lost Warrior
迷子の戦士の島[2]

備考 編集

  • サブタイトルはマッカーサーの「老兵は死なず、ただ消えゆくのみ」という言葉から[3]
  • ダコーニョの生活や所以は、故・横井庄一さんが元ネタ[3]

名台詞・迷台詞 編集

  • 竜巻で島に流れ着いたときに「ねーチャーハン!」(ブン) - 「姉ちゃん!」の発音が鈍ってこう聞こえる
  • ダコーニョの訓練に対して「こういうアニメ、見たことあるよ」(ブン) - 恐らく『巨人の星』のことを指している。
  • エスカルゴンの発言に対して「なるほど、あのバカービィにはその手があったぞい」(デデデ
  • 「必ず勝てる!たとえ疲れ果てようとも、叶わぬ夢に手を差し伸べるのなら…」(ダコーニョ)

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。