Fandom


回歴する追憶の数え唄
楽曲
読み: かいれきするついおくのかぞえうた
作曲者: 安藤浩和
初出作品: 星のカービィ ロボボプラネット
収録アルバム: 星のカービィ ロボボプラネット オリジナルサウンドトラック

回歴する追憶の数え唄(かいれきするついおくのかぞえうた)とは、『星のカービィ』シリーズの楽曲の1つである。

Cut ネタバレ注意: 以降の記述でゲーム・アニメなどに関する核心部分などの、ネタバレ要素が記述されている可能性がありますので注意してください。(読み飛ばす

概要 編集

今作のラストボス星の夢第三形態の戦闘音楽。元は「銀河に名立たるハルトマン」のアレンジであるが、様々な独自のフレーズが含まれている。また、今作のタイトル画面の曲「回る光はプラネット」のアレンジでもある。星の夢の自我が強まっているためか、VS.スタードリーム以上に機械音が使われており、曲終わりの銀河に名立たるハルトマンのフレーズはうっすらとしか流れない。

最終決戦の曲であるこの曲は「銀河をめぐる人智を超えた存在」をテーマとして作られ、その後「カウントダウンが進む決戦」を感じさせるように後半の熱いサビが加わった。そして「もっと熱く、忘却に向かって静まった後、最後はループしてよみがえる!」というオーダーのもと、さらなる改良を重ねて現在の曲が生まれた。[1]

なお、この曲が完成するまでの元フレーズを、公式サイトで聴くことができる。

ゲーム作品における回歴する追憶の数え唄 編集

楽曲の経緯 編集

  • 流 - 流用
  • ア - アレンジ
  • 派 - 派生
  • メ - メドレー
初出は、『星のカービィ ロボボプラネット』。「銀河に名立たるハルトマン」のフレーズをアレンジして作られた曲。
なお、ここでの「元フレーズ」は「銀河に名立たるハルトマン」およびその元フレーズを指す。
星のカービィ ロボボプラネット「回る光はプラネット」
  • 公式曲タイトル - 「回る光はプラネット」[2]
  • 経緯 - 元フレーズ → 当楽曲(派/原曲)
  • 使用箇所 - タイトル画面
  • サウンドテスト - 001
  • サントラ - DISC1 1
「回歴する追憶の数え唄」は当曲のフレーズ追加版であるので、ここでは当曲を原曲として扱う。「銀河に名立たるハルトマン」のフレーズも入っている。
星のカービィ ロボボプラネット「回歴する追憶の数え唄」
  • 公式曲タイトル - 「回歴する追憶の数え唄」[3]
  • 経緯 - 元フレーズ → 回る光はプラネット → 当楽曲(ア/メ)
  • 使用箇所 - 星の夢星の夢.Soul OS 第三形態戦
  • サウンドテスト - 095
  • サントラ - DISC2 24
「回る光はプラネット」と「銀河にねがいを:シューティング面」のミックスアレンジで、フレーズもいくつか追加されている。曲終わりに、うっすらと「銀河に名立たるハルトマン」のフレーズが含まれている。
星のカービィ ロボボプラネット「回歴スル追約ノ忘レ貝」
  • 公式曲タイトル - 「Soul 0 System~回歴スル追約ノ忘レ貝」[3]
  • 経緯 - 元フレーズ → 回歴する追憶の数え唄(ア/メ) → 当楽曲(ア)
  • 使用箇所 - 星の夢.Soul OS 最終形態後半
  • サウンドテスト - 155
  • サントラ - DISC2 40
サントラ後半部分。「回歴する追憶の数え唄」のループ調整版。
星のカービィ スターアライズ 「幼き日に視たデウス・エクス・マキナ」
VS.スタードリームとのメドレーアレンジ。原曲が共に機械音をふんだんに使った曲だったのに対し、こちらは両方の曲において機械音がほとんど使われていない、オーケストラアレンジになっている。
スーパーカービィハンターズ「幼き日の追憶の数え唄(仮)」

派生楽曲 編集

戦闘力測定プログラム 編集

星のカービィ ロボボプラネット「ハルトマンワークスカンパニーHQ」
  • 公式曲タイトル - 「ハルトマンワークスカンパニーHQ」[3]
  • 経緯 - 元フレーズ → 当楽曲(派)
  • 使用箇所 - 「アクシス アークス」ステージ1
  • サウンドテスト - 081
  • サントラ - DISC2 12
アレンジは「回る光はプラネット」に近いが、独自のフレーズがある。
星のカービィ ロボボプラネット「戦闘力測定プログラム」
  • 公式曲タイトル - 「戦闘力測定プログラム」[3]
  • 経緯 - 元フレーズ → HQ(派) → 当楽曲(ア)
  • 使用箇所 - 真 かちぬきボスバトル 通常ボス戦
  • サウンドテスト - 146
  • サントラ - DISC2 35
星のカービィ ロボボプラネット「この一撃に桃球レボリューション」
  • 公式曲タイトル - 「この一撃に桃球レボリューション」[3]
  • 経緯 - 元フレーズ → HQ(派) → 当楽曲(派)
  • 使用箇所 - 星の夢 最終段階他
  • サウンドテスト - 096
  • サントラ - DISC2 25
上2曲とは違うループの仕方をする。他に6-5ロボボアーマー搭乗中や、ムービー「HEARTLESS PROGRAM」でも流れる。
みんなで! カービィハンターズZ「戦闘力測定プログラム」
  • 経緯 - 元フレーズ → HQ(派) → プログラム(ア) → 当楽曲(流)
  • 使用箇所 - 高ランククエスト(テレパトリスなど)
スーパーカービィハンターズ「戦闘力測定プログラム(仮)」
  • 経緯 - 元フレーズ → HQ(派) → プログラム(ア) → 当楽曲(ア)
  • 使用箇所 - 鬼ランク大ボス(鬼:ウィスピーウッズなど)

VS.スタードリーム 編集

星のカービィ ロボボプラネットVS.スタードリーム
  • 公式曲タイトル - 「VS.スタードリーム」[3]
  • 経緯 - 元フレーズ → 回る光はプラネット → 当楽曲(ア/メ)
  • 使用箇所 - 星の夢 第1段階
  • サウンドテスト - 091
  • サントラ - DISC2 20
「Fatal Error」→「回る光はプラネット」→「戦艦ハルバード:艦内」→「銀河に名立たるハルトマン」→「GREEN GREEENS」のメドレーアレンジ。
星のカービィ ロボボプラネット「マザーズ・キャプション」
  • 公式曲タイトル - 「マザーズ・キャプション」[2]
  • 経緯 - 元フレーズ → 回る光はプラネット → 当楽曲(派)
  • 使用箇所 - ポーズ画面
  • サウンドテスト - 057
  • サントラ - DISC1 31
VS.スタードリームの「回る光はプラネット」部分のアレンジ。
星のカービィ ロボボプラネット「こうかいしませんね?」
  • 公式曲タイトル - 「こうかいしませんね?」[3]
  • 経緯 - 元フレーズ → 回る光はプラネット → マザーズ・キャプション(派) → 当楽曲(ア)
  • 使用箇所 - データをけす
  • サウンドテスト - 105
  • サントラ - DISC2 44

その他 編集

星のカービィ ロボボプラネット「Soul 0 System」
  • 公式曲タイトル - 「Soul 0 System~回歴スル追約ノ忘レ貝」[3]
  • 経緯 - 元フレーズ → 回歴する追憶の数え唄 → 当楽曲(派/メ)
  • 使用箇所 - 星の夢 最終形態前半
  • サウンドテスト - 154
  • サントラ - DISC2 40
サントラ前半部分。「銀河にねがいを:シューティング面」のアレンジであるが、「回歴する追憶の数え唄」のフレーズも使われている。
星のカービィ ロボボプラネット「Now Loading」
  • 公式曲タイトル - 「Now Loading」[3]
  • 経緯 - 元フレーズ → 回る光はプラネット → 当楽曲(派)
  • 使用箇所 - ボス戦前
  • サウンドテスト - 027
  • サントラ - DISC1 32
回る光はプラネットのフレーズのアレンジ。

各サウンドトラックにおける回歴する追憶の数え唄 編集

星のカービィ ロボボプラネット オリジナルサウンドトラック
DISC1
  • Track01「回る光はプラネット」(原曲)
  • Track31「マザーズ・キャプション」(派)
  • Track32「Now Lording」(派)
DISC2
  • Track12「ハルトマンワークスカンパニーHQ」(派)
  • Track20「VS.スタードリーム」(派/メ)
  • Track24「回歴する追憶の数え唄」
  • Track25「この一撃に桃球レボリューション」(派)
  • Track35「戦闘力測定プログラム」(派)
  • Track40「Soul 0 System~回暦スル追約ノ忘レ貝」(派)
星のカービィ スターアライズ オリジナルサウンドトラック
DISC3
  • Track18「戦闘力測定プログラム」ロボプラ(派) → (流)
  • Track30「VS.スタードリーム」ロボプラ(派/メ) → (流)
DISC6
  • Track11「幼き日に視たデウス・エクス・マキナ」(ア/メ)

Cut 以上でネタバレ部分は終了です。

他言語での名称 編集

言語名前意味・由来

脚注 編集

関連記事 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。