Fandom


(ドキッ! かたづけられない女) ← 第81話 | 第82話 | 第83話 → (魔獣教師3)
Theater082

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater082h

シアターの間で見られたアニメの表紙

何だ!?すっげぇキモいデザインだな!

—トッコリのセリフ

合体ロボ・リョウリガーZ!』(がったい - ぜっと)はアニメ『星のカービィ』の第82話のサブタイトルである。初回放送日は2003年5月17日、初回放送の視聴率は5.0%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

魔獣

登場したコピー能力 編集

あらすじ 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

次回予告の台詞 編集

レン村長(以下レ)&サモ(以下サ)&ボルン署長(以下ボ):(レ)諸君、現代は男が料理を作る時代。(サ)今どき料理のできない奴は男じゃない。(ボ)私は卵焼きを作れる。(レ)私だって、カップラーメンにお湯を注げる!(サ)ダメだなぁ。カービィだってコックになれるのに。(ボ)そう言うサモ、君は…?(サ)そ、それは…次のお楽しみ…(レ&サ)ハハハハハ…。

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 Cooking Up Trouble
面倒な“炊く”らみ[2]

備考 編集

  • サブタイトルは某ロボットアニメのパロディである[3]
  • サブタイトルが後半部分のネタバレになっている。
  • この回では「料理のできる男」についても取り上げられている。
  • コックオオサカの料理シーンがチャンネルDDDのテレビショッピングの宣伝映像として再登場している。ただし、コックオオサカ本人の台詞はない。
  • フームの台詞がスパークコピー能力が初めて登場したような言い回しになっている[4]

名台詞・迷台詞 編集

  • コックカワサキの店で晩ごはんを食べることをフームブンに反対されて「そりゃ、命の危険があるが、たまにはスリルを楽しむのもいいんじゃないか?」(パーム
  • ブンの「何か料理作れ」「だって女じゃん」に対して「(料理が)できるできないの問題じゃない!女が料理作るのが当たり前って考えが許せないの!」(フーム)
  • ブレイド。甘い家庭生活を望みはしないが、この匂いだけは…」(ソードナイト
  • パームが村の女性たちにちやほやされるのを見て「今どき料理のできない男は…」「単なる粗大ゴミ」(レン村長&キュリオ
  • 「本日のメニュー。ビールで煮込んだ苺のリゾット!」(コックカワサキ
  • カスタマーサービスに今までのツケを請求されて「愚か者めが、ワシにそんながあると思うか!?」(デデデ) - エスカルゴンに「それはいばることじゃないでゲしょうが!」とツッコまれている
  • 「またテレビに踊らされて...全然懲りない大人たちね」(フーム)
  • フームとブンの「あの二人(ソードナイトとブレイドナイト)も…」「フードプロセッサー買ったの?」に対して「彼らも食事に困っている…大目に見てくれ」(メタナイト卿
  • 「何だ!?すっげぇキモいデザインだな!」(トッコリ
  • 計量機能付きフードプロセッサーを使い、フライパンに一滴ずつワインを垂らして「大匙一杯!」(ブレイドナイト)
  • 「ばっかじゃないの」「あんなことしている間に」「もう終わってます」(メーベル&ハナ&サト) - 上記のブレイドナイトに対してのツッコミ。
  • 「殿方は料理より道具のほうがお好きなのね」(メーム)
  • メームの発言に続いて「みんな機械に頼りっきりだね」(パーム)
  • 「皆さん、何か勘違いしてませんか?お料理が素敵なのは、切ったり剥いたり楽しく作ること!手作り料理は何よりおいしいわ!」「大事なのは道具や機械じゃないわ。大事なのは心をこめて作ることよ、男性も女性も」(フーム)
  • 「でも!私はパパを立派だと思います。なぜなら、料理は女の仕事だなんて言わず、面倒がらずに作ってくれたことです。ママの自由時間のために」(フーム)

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。