ローナ
読み: ろーな
英名: Princess Rona
初登場: 星のカービィ (アニメ)
分類: キャラクター
声優: 笹本優子

ローナとはアニメ 星のカービィに登場するキャラクター。

概要[編集 | ソースを編集]

第21話『王女ローナの休日』に登場。ピピ惑星の王女で旅の途中にポップスターププビレッジに立ち寄った。初登場の時点で本物の近衛兵ヴィーと入れ替わっている。この記事では、カービィたちと行動を共にした本物のローナ王女について記述する。

第21話における経緯[編集 | ソースを編集]

前述のとおり、近衛兵と入れ替わった状態で登場。入れ替わった方の偽物の王女は、フーム曰く「おしとやか過ぎて物足りない[1]。」とのこと。

だが本物の王女ローナ(ヴィーに扮している)は気が強く、本物のローナがデデデに決闘を挑まれた時でも、偽物のローナである近衛兵ヴィーに「あの人は一度言い出したら聞かない」と言われている。

近衛兵に扮した本物の王女ローナは、城の外へ脱出してからはずっとフームやカービィと一緒に行動している(途中でブンも加わった)。村の中を見学し、カービィが釣った魚をコックカワサキの店でさばいてもらった。自分が本物のローナ王女だということは隠していたが、羊に襲われたカービィを助けた時に帽子が脱げ、王家の紋章の入ったペンダントも見つかってしまった。その後、デデデに求婚された本物の近衛兵を救うべく、デデデの決闘を受け入れる。あっさりとデデデを倒すも、彼がひそかに用意していた魔獣スッシーが現れる。そこへカービィが登場し、共に闘うことに。ソードをコピーしたカービィと一緒にスッシーを倒すと、ちょうどそこへじいやの宇宙艇が到着。そこで、ヴィーは村のみんなやデデデに正体を打ち明けた。そして、じいやや近衛兵らと共に自分の惑星に帰って行った。

備考[編集 | ソースを編集]

  • 彼女はププビレッジ住人にマズいと言われているコックカワサキがさばいた寿司をおいしそうに食べている(さばいただけで、味付けなど一切していないからかもしれない)。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. ^ 第21話『王女ローナの休日』の次回予告より。

関連記事[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。