FANDOM


ロボボアーマー
RBP-RoboboArmor
読み: ろぼぼあーまー
英名: Robobot Armor
初登場: 星のカービィ ロボボプラネット

ロボボアーマーは、『星のカービィ』シリーズで登場するマシン。

概要 編集

星のカービィ ロボボプラネット』で登場。倒した、もしくは搭乗者の居ないインベードアーマーカービィが乗り込むことで、ボディがピンク色に変化しロボボアーマーとなる。通常通りの攻撃の他、ジャンプで敵を踏みつぶしたり、ネジ3Dウッドブロックなどのロボボアーマー専用の仕掛けを作動や破壊したり、更にコピー能力を持った敵をせいのうスキャンすることで、カービィのコピー能力のように変形することができる。ジャンプは2だんジャンプからの一定時間のホバーまでしか出来ないが、その攻撃はどれも強力。またせいのうスキャンした能力はいつでもリセットし、新たな能力を手に入れる事が出来る。ロボボアーマーの乗り降りは特定の場所にある発着ガレージで可能。ロボボアーマーに乗るときに、体力は全回復する。発着ガレージを使えば、何度でも体力の全回復が可能。一部ステージを除き、ロボボアーマーがあるステージでも、それに乗らずにステージを進むことも出来る(ロボボアーマーに乗ったままステージをクリアしても次ステージには持ち越されない)。

インベードアーマーは乗る者によって性能が変化し、発揮するパワーが異なる。カービィが乗るとコピー能力の特性を得て、せいのうスキャンの出来るロボボアーマーに変形した。ここまでアーマーの性能が向上するのはカンパニーも想定外だったらしい[1]。元々は星の夢によって作られたものらしい[2]。CMなどムービーによればインベードアーマー内部にはゲーム内の3DS下画面に表示されているものと同じような操作パネルがあり、ロボボアーマー搭乗中に、攻撃ボタンを押すと、カービィが操作パネルを結構適当に押している様子が伺える。ラストでは星の夢に止めを刺すべく、腕を超巨大なドリルに変形させる。星の夢を倒した後は、気を失ったカービィを自らポップスターに返そうとしたり、目から涙(冷却水[3])を流すなど、カービィが乗った事でそれなりの自我が生まれたような描写もある。その後、ロボボアーマーがどうなったのかは不明。ちなみに重量は8.6t。

『ロボボプラネット』の開発初期では、パワードアーマーと呼ばれており、最初は熊崎信也によるラフスケッチによる初期案があり、これを元にデザイナー陣によるスケッチにより、「ジェット機タイプ」、「ギアタイプ」、「多脚砲台タイプ」、「スパナタイプ」、「ドライバータイプ」の5種類が考えられ、これを乗り換えていく予定だったが、そうはいかなかったようで、スパナタイプに絞り、さらにこれから100案ほどデザインを揃えたという[4]。ドライバータイプは秘書スージーの乗るリレインバーなどに受け継がれているのが分かる。

その他の登場作品 編集

カービィのすいこみ大作戦
『ロボプラ』のすれ違い通信のデータが存在する場合、エントランスにロボボアーマーの像が追加される。
星のカービィ スターアライズ
ストーン能力の変身の1つとして登場。イラストの1つ「ロボボメモリーズ」でも描かれている。また、「星の○○○○ スターフレンズでGO!」をマホロアタランザ秘書スージーでクリアした時の一枚絵にも登場。

性能 編集

ニンテンドーキッズスペース - 「ロボボアーマー」のヒミツを分析!より。

ロボボメット (Robobot Helmet)
ロボボアーマーに乗ると、自動的に出現するヘルメット。ロボボアーマーを自由自在に操縦できる気分になれる。
ロボボエレクトロアイ (Robobot Electro Eyes)
暗い所でも敵を識別できる高性能なカメラが入っている。敵をロックオンすると、すぐに性能をスキャンできる。
スキャニングシステム (Scanning System)
口の中に敵の性能をスキャンする、スキャニングシステムが収納されている。スキャンされた敵は分析後にデータ化されるが、その後、どこに消えるかは不明。
ロボボアーマーボディ (Robobot Armor Body)
ハルトニウム合金で作られた硬いボディ。カービィが乗ることでカラーリングが変化するが、そのメカニズムは謎。手足をボディの中に収納できるほか、ボディ内部のパーツを分子レベルで組み替える事で、すぐに変形を行う。
ロボボパワードアーム (Robobot Powered Arms)
ボンカースの100倍の腕力を持つ。腕にはステッカーを貼ることができるオシャレ要素もある。巨大なネジを巻く為に、肩にスパナにもなるドライバーが付いている。
ロボボブースター (Robobot Booster)
体重8.6tのボディを浮かせる高出力なブースター。宇宙空間であれば自由に飛行できる。
ロボボレッグ (Robobot Legs)
腕に比べて小さいが、重量のあるボディでもガンガン走る。さらに、ブースターを使ってホバー移動することで、カービィのダッシュより速い速度で進むことができる。

ロボボアーマーの技 編集

画像 ワザ名
操作 効果
WVW69juCpawr5 dYjR
ジャンプ / 2だんジャンプ A 2だんジャンプはジャンプ後に空中でもう一度A。そのままAを押したままにするとブーストで少しの間浮遊できる。ジャンプで敵を踏んで攻撃できる(ボスでも可)。
WVW69jt2aNgZpCYdUQ
ロボボブースト →→ ダッシュ移動。スライドパッドの時は素早く横に倒す。
WVW69jt2pAAXZ3dC7Z
せいのうスキャン のうりょくのあるてきのそばでB 敵をスキャンして能力を得る。ロボボパンチよりもこちらが優先されるので注意。
WVW69jt2nzEfw2iYn7
せいのうリセット X 能力を捨てて、能力星にする。
WVW69jt2UfYk6DZlt1
ロボボパンチ B 前方に強烈なパンチを繰り出し、殆どの敵を一撃で吹き飛ばす。空中でも出すことができる。
WVW69jt2VxEMnusloT
ロボボたたきつけ Bれんだ 右パンチ、左パンチを連続で出した後、両手を振り下ろして地面を叩きつける。
WVW69jt2WfQAnkJaIR
プロテクトボウル L/R 両手と両足を本体の中に収納し、ガードする。ガード中に攻撃を受けると少しずつ本体が傾いて回転する。
RBP-Nejimaki elevator01
しかけにはめる ロボボアーマー専用のはめるタイプの仕掛けに腕をはめる。

ロボボアーマーの能力 編集

特殊な物を含み全15種類。詳細は各記事参照。

他の作品におけるロボボアーマー 編集

星のカービィ スターアライズ
ストーンの変身やイラストの一つ「ロボボメモリーズ」に登場。また、第三弾アップデート後は、マホロアタランザ秘書スージーで「星の〇〇〇〇」をクリアしたときの一枚絵にも登場する。
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
スピリットとして登場。種類はサポーターで階級はHOPE。攻撃属性。効果は武器攻撃強化。入手のためのバトルでは、体力制でメタル化したカービィ4人と戦う。ステージは戦艦ハルバードで、BGMは「桃球発進! ロボボアーマー」となっている。また、ブキチの商店でも入手可能。

ポーズ時の説明文 編集

星のカービィ ロボボプラネット
ロボボアーマー
乗る者によって はっきする
パワーが ことなる ナゾのマシン。
コピーできる カービィが乗ると、
てきの せい能を スキャンする
変形コピーロボとなった!

ロボボアーマーを描いた漫画家・イラストレーター 編集

  • ※描いた人物が判明している物だけ載せています。
作者 画像 掲載作品 登場モード 備考
まつやま登Robobotcomic017
Robobotcomic018
星のカービィ カービィ&デデデのプププ日記ホイール
谷口あさみRobobotcomic000
Robobotcomic001
Robobotcomic002
星のカービィ! も~れつプププアワー!アイス
ファイア
苅野タウ&ぽとRobobotcomic003
Robobotcomic004
Robobotcomic005
Robobotcomic006
星のカービィ (高瀬美恵)ホイール
ハルバード
ファイナルスクリュー
南条アキマサRobobotcomic007星のカービィ キラキラ★プププワールド
ダイナミック太郎Robobotcomic008
Robobotcomic009
Robobotcomic010
Robobotcomic011
Robobotcomic012
Robobotcomic013
Robobotcomic014
Robobotcomic015
Robobotcomic016
星のカービィ 今日もまんまる日記!ジェット
エスパー
カッター
アイス
ハルバード
ホイール
マイク
ソード

余談 編集

  • 星のカービィ2』に登場するリックカインクーがしもべと呼ばれていた時期には、この3匹は中ボス的な存在でダメージを与えて合体するという、ちょうどロボボアーマーのようなものも考えられていた[5]。なお、「しもべ」が合体前のコピー能力を引き継ぐ予定だったのに対し、こちらはロボボ時と通常時の能力は別で管理されている。
  • ロボボアーマーのせいのうスキャンは、カービィのコピー能力「コピー」のぶんせきのひかりを基にしていると思われる。その為か、本作のステッカーに能力「コピー」のコピー元であるタックが採用されている。
  • Box Armor-1

    ハコアーマー

    Box Armor-2

    ハコアーマーとロボボアーマー

    同じHAL研究所開発のゲーム『さよなら! ハコボーイ!』において、作中の4コマ漫画であるハコ漫画の一つ、「Re:見られてた!」ではキュービィが新たなハコパワーであるハコアーマーを手に入れたと言っていたらカービィがロボボアーマーに乗ってその光景を見ている。ハコアーマーの右腕にはキュービィ、左腕にはキューシィのステッカーを貼っているが、そのうちキュービィのステッカーは『ロボプラ』にも登場している(ロボプラのステッカーでは右を向いているが、こちらは正面向きである)。
  • Squirrel Armor

    『リスボックリ』におけるパロディ

    大川ぶくぶ[6]による4コマ漫画『リスボックリ』に、ロボボアーマーのパロディが描かれた。この画像は4コマ目(オチのコマ)であり、「何故かハムスターがロボボみたいになった」ということ以外の詳細は全くもって不明。ロボットの名称は不明だが、4コマのタイトルは「リススプラネット」である。この話は同漫画の単行本の78ページに掲載されている。

画像 編集

脚注 編集

  1. ^ Nintendo Dream 2016年6月号 p.18
  2. ^ 星の夢のスペシャルページより
  3. ^ Miiverse
  4. ^ スージーのしんりゃくレポートその4より
  5. ^ カービィミュージアムより、参考ツイート
  6. ^ 漫画家で、2018年1月にアニメ化もされた『ポプテピピック』の作者。同アニメの第2話で「0% 0% 0%」のパロディネタが、第9話でプププランドの地面によく刺さっている「アレ」そっくりの物体が登場していた。後に自身のTwitterでSDXのCMを元にした漫画も掲載している。

関連記事 編集

参考リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。