ロイヤル・アカデデデミー・オブ・アーツとはアニメ『星のカービィ』に登場する場所。

概要[編集 | ソースを編集]

デデデ第77話で設立した美術館。デデデが村人達の描いた絵を台無しにした償いとして建設された。フームは村人たちの絵を飾ろうと考えたが、デデデがそれらを飾るには勿体無いということでホーリーナイトメア社から注文した有名な美術品を飾った。最後はカービィペイントローラーの戦いによって建物ごと爆発した。

備考[編集 | ソースを編集]

名前の由来は、実在する美術館『ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ』から。

関連項目[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。