Fandom


リックバーニング
Rick-burning1a
読み: りっくばーにんぐ
初登場: 星のカービィ2
分類: 仲間と合体

リックバーニングは、カービィが仲間と合体して使えるコピー能力の1つ。

概要 編集

リックと合体した状態でバーニングをコピーしていると使えるコピー能力。リックが口から炎を吐いて攻撃する。『星のカービィ 夢の泉の物語』などにおけるファイア能力と似たような能力である。射程はそこそこあり、炎を吐き続けることが出来るので意外と有用な能力である。

登場作品 編集

星のカービィ2 / 星のカービィ3
概要の通り。
カービィファイターズ!(星のカービィ トリプルデラックス)/カービィファイターズZ
クーの森のステージギミックとしての登場。前方のカービィにダメージを与える。本作ではリック単独で使っている。
星のカービィ スターアライズ
ドリームフレンズリック&カイン&クーが使える技の1つとして、これをモチーフにしたと思しき「リックファイア」が登場。前後に長い直線状ではなく、上下に広い扇状に火炎弾を連射。コマンドは「B」。この技に他の仲間が風属性の技を当てることで、カットインは出ないが、フレンズ能力メラインガバーナー」が発動する。

漫画でのリックバーニング 編集

星のカービィ デデデでプププなものがたり 編集

7巻 第3話「忘れんぼカービィの探しもの!」
何を探していたか断片的にしか思い出せないカービィはキャピィのお巡りさんを頼ったが、いくら説明してもわからない様子。業を煮やして火炎弾を浴びせるが、それはリックバーニングによるものだったため、リックが逮捕されてしまう。どうやら(リックから見て)強制的に合体・攻撃させられたらしい。
7巻 第5話「カービィ、花火に大変身!?」
おやつのリンゴを横取りしたカービィに対して使用。この時のカービィは花火をコピーしていて爆発の危険性があったが、それを知っていたデデデ大王が身を挺してカービィを庇ったことで事なきを得た。

画像 編集


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。