FANDOM


ムッシュ・ゴーン
読み: むっしゅ・ごーん
英名: Monsieur Goan
登場話: 第29話
声優: 千葉一伸
アデューカービィ!

—ムッシュ・ゴーン(『アニメ』第29話内セリフ)

ムッシュ・ゴーンとはアニメ「星のカービィ」に出てきた魔獣

概要 編集

料理の不味さに耐え切れなくなったデデデ大王が呼んだ料理魔獣。主にフランス料理を得意とする。「サバ」が口癖。普段は料理人の姿だが、その正体はトーテムポールぐらい長く、何本もの手が生えており、その手にたくさんの料理道具を持つ魔獣。

第29話での活躍 編集

レストランカワサキのすぐ前にレストランを造り、料理の上手さとフルコースでも5デデンという驚異的な安さを売りに大繁盛していた。その後ひょんな事から始まった激辛ブームによりカワサキの店と激辛対決を行った。しかし彼がサービスでつけたシャーベット、シャーベット・ボールが大流行し、激辛ブームは終了。しかも、それには「ピンクで丸いもの」を無性に食べたくなるようになる薬品が使われていたため、村人はピンクで丸いカービィを無性に食べたくなり、そのタイミングでムッシュ・ゴーンは正体を現した。そしてコックカービィと戦う。ムッシュ・ゴーンが優位に立ち、コピー能力を解除されたカービィを氷の入ったボールに閉じ込めてカービィを冷凍しようとする。だが、カワサキホットスペシャルを食べたカービィにより燃やされ自身の店ごと焼かれて消えた。

関連項目 編集