Fandom


(発進! エスカルゴン・ロボ) ← 第78話 | 第79話 | 第80話 → (強壮! ドリンク狂想曲)
Theater079

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater079h

シアターの間で見られたアニメの表紙

ボンカースあらわる!』はアニメ『星のカービィ』の第79話のサブタイトルである。初回放送日は2003年4月26日、初回放送の視聴率は5.9%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

ゲストキャラクター
魔獣
  • ボンカース

登場したコピー能力 編集

あらすじ 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

ある日のこと、ゴリラの大男がププビレッジにやってきた。彼はカービィを探しに村人に訪ねるが、彼に訪ねられた村人は、図体の大きい彼を大男を暗殺者や地上げ屋、取り立て屋、ターミネーターかもしれないと噂をし始めた。その噂はすぐにデデデ城まで広がり、フームとブンたちは急いでカービィが見つからない内にとカービィを探しに出た。一方デデデとエスカルゴンもワドルドゥ隊長からの伝言により大男の存在を知り、その大男は借金を抱えているデデデを脅すため、カスタマーサービスが送りつけた取り立て屋だと勝手に思い込み文句を言いたい放題。そしてデデデもその大男を追跡する。

次回予告の台詞 編集

フーム: 突然ププビレッジに現れた、ハンマー担いだおそろしい魔獣。と誰もが思ったゴリラそっくりの大男は、実はカービィの熱狂的なファンだった。なんとカービィの弟子になりたくて、ながーい旅をして来たんですって。ほんと有名になったわねカービィ。次はどうする?

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 Goin' Bonkers
気狂えボンカース[2]

備考 編集

  • ボンカースがフームをさらって塔に上るシーンは、映画『キングコング』のパロディである[3]
  • この回では、このアニメ71話以前)のDVDを見るシーンが存在する。

名台詞・迷台詞 編集

  • ボンカースカービィの居場所を訊かれて「うちはレストランだけど、イルカはいないよ~。これはカービィだ、イルカじゃないよ~」(コックカワサキ
  • メーベルの発言に対して「とんでもない。直ちに治安維持法を発令します!」(ボルン署長) - 「そんな法律あったっけ?」と言われている
  • ボンカースの印象に対して
    • 「あれは暗殺者だ!そういう目つきだった!」(キュリオ
    • 「というより凌ぎ屋かもしれん。でなければ、取り立て屋かも!」(ボルン署長)
    • 「マフィアかもね」(メーベル)
    • 「いや、ターミネーターだよ!」(コックカワサキ)
    • 「ターミネーチャン?何よそれ」(フーム
    • 「何?ターミリンちゃんの取り立て屋!?」(デデデ
  • 「住所氏名年齢職業を言いな!」(トッコリ
  • 食うことと寝ること以外取り柄のないカービィの弟子になってどうするんだよ!?」(トッコリ)
  • 「見かけ倒しでのろまな馬鹿正直なヤツかも」(エスカルゴン)
  • 「あれ…?ドーナツ?…どうなってんの?」(ボンカース)
  • 「このバカゴリラめが!」(デデデ)
  • 「このけなげなバカゴリラをさっさと魔獣にしてやるゾイ」(デデデ)
  • 「んじゃ、すっごく売れてるとか言うアニメでも見るとすっか」(サーカスの団長らしき男) - このアニメのセルフ広告
  • 「しかし、今回の作戦も」「ゴリ押しな内容だったゾイ…」(エスカルゴン&デデデ)
  • 「さよ…おなら」(ボンカース)

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。