FANDOM


ボクサーダイソン
読み: ぼくさーだいそん
英名: Boxer Dyson
能力: ファイター[1]
登場話: 第53話
分類: フィギュア魔獣
声優: 長嶝高士

ボクサーダイソン[2]はアニメ『星のカービィ』に登場したカプセル魔獣の1人。

概要 編集

青いガードと黄緑のパンチグローブをした姿。たらこ唇である。デデデ城で行われたトーナメントの2番目の相手。ボクシングを得意とし、コロシアム内に用意された特設リング上でカービィとボクシングのような試合をした。最初はカービィをタコ殴りにするも、「バルカンジャブ」のうち合いに負けて、吹っ飛んだところに「ライジンブレイク」を決められて倒された。元モデルはマイク・タイソン。

脚注 編集

  1. ^ 勝ち抜き戦開始前に5体のフィギュア魔獣の光線をコピーしている。
  2. ^ エスカルゴンからは「魔獣界ボクシング超ヘビー級チャンピオン」と紹介された。

関連記事 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。