Fandom


ホロ・アイスドラゴン
Holo-IceDragon
星のカービィ ロボボプラネット』のホロ・アイスドラゴン
読み: ほろ・あいすどらごん
英名: Holo-Ice Dragon
能力: アイス(つらら、けっしょうカッター)
初登場: 星のカービィ ロボボプラネット
分類: 大ボス

ホロ・アイスドラゴンは、星のカービィシリーズに登場する敵キャラクター

概要 編集

星のカービィ ロボボプラネット』で初登場。エリア2「ラスタード ロード」のボス「ホログラフ防衛システムズ」が3番目に繰り出すホログラフのボス。新規の3Dデザインである。技や攻撃パターンはほぼ『星のカービィ2』の物が基になっており、技名もきちんと付けられた。『星のカービィ2』と同じく、尻尾で空中を飛んだり、つららを落とすなどの動作はそのままである。新技「けっしょうカッター」もアニメ『星のカービィ』アイスドラゴンの攻撃技が元と思われる。「メタナイトでゴー リターンズ」では強化版のRe:ホロ・アイスドラゴンが登場。背びれの形状がひし形になり、腹部にも同じような模様が描かれている。色はホログラフのため、現段階では不明。

ホロ・アイスドラゴンが登場するゲーム 編集

星のカービィ ロボボプラネット
概要の通り。

攻撃技 編集

とっしん Term icon official
地面を左右に移動しながら突進する。Re:だと突進の時間が長く、速度も速くなる。
ブリザード Term icon official
吹雪を口から吐いて攻撃。Re:は移動距離が大きくなる。
テイルズホバー Term icon official
尻尾の力でなぜか宙を飛ぶ。
ヒッププレス Term icon official
宙に浮いている状態から、落下して攻撃。
つらら Term icon official
天井から3本のつららを落とす。『2』同様割れた後も当たり判定がある。Re:は5本に増加し、サイズも大きくなる。テイルズホバー→ヒッププレス→つららの攻撃パターンも『2』の時のまま。今回はコピーするとアイス能力。
カーリングアイス Term icon official
地面から氷柱を出して、横方向に飛ばす。壊せない。『2』の時にもあった技。HP半分以上では1回(Re:では2回)半分以下では2回(Re:では3回)行う。
けっしょうカッター Term icon official
口から結晶のカッターを3つ(Re:では合計5つ飛ばし、最後に3つ)飛ばす。コピーするとアイス能力。アニメ版のアイスドラゴンが使ってきた技が由来と思われる。

ポーズ時の説明文 編集

星のカービィ ロボボプラネット
ホロ・アイスドラゴン
ドラゴンと よばれる、まぼろしの 生き物の
ホログラフ。いく年月もの 時間を生きてきた
古代の生命体。炎を はくタイプも 存在する
ようだが、この青いドラゴンは 体内で氷を
せいせいし、こうげきする タイプのようだ。
Re:ホロ・アイスドラゴン
かつて 存在した、古代のドラゴンという
生命体の データから 生み出された
ホログラフだが、もしかしたら 今でもまだ
どこかの 島の どうくつの おく深くで、
ひそかに 生きのびて いるのかも しれない。

画像 編集

余談 編集

  • かつてのボスを繰り出す系のボス「アド」、「アドレーヌ」、「ホログラフ防衛システムズ」において、アイスドラゴンは皆勤であるが、当の本人はアニメやカルタの絵柄、キーホルダーを除き『星のカービィ2』以来22年間『みんなで! カービィハンターズZ』まで全く登場していなかった。
    • ちなみにその『ハンターズZ』で登場したアイスドラゴンの行動パターンはこのホロ・アイスドラゴンとほぼ同じである。

脚注 編集

関連記事 編集


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。