Fandom


ビビッティア
読み: びびってぃあ
英名: Vividria
能力: アーティストカッター(ノコギの絵)、ボム(パラシュートボムの絵)、プラズマ(クラッコの絵)
初登場: 星のカービィ スターアライズ
分類: 中ボス

ビビッティア星のカービィシリーズに登場する敵キャラクター

概要 編集

星のカービィ スターアライズ』に登場する中ボス。ベレー帽をかぶっていて髪は絵筆のようになっている。その絵筆を振って絵の具を飛ばしたり、キャンバスを取り出してノコギパラシュートボムクラッコの絵を描いて攻撃する。また、取り出した石材で手やスージーの彫刻を作って、ぶつけてくることもある。雨のように絵の具を降らせる「ペイントレイン[1]」は被ダメージ後の無敵を無視してダメージを与える。

登場作品 編集

星のカービィ スターアライズ
同作の中ボスで唯一新規。アーティストフレンズヘルパーでもある。空中ではジャンプボタンを押している間上昇する。「星の〇〇〇〇」の過去作再現マップではマスターハンド&クレイジーハンドスフィアローパーと言った宙に浮いている中ボスの代役になっている。
星のビビッティア カラフル♥ハートフル
「見ててね お姉さま方♥ ワタシ、がんばるの!」
バトルも アートも、しんあいなる お姉さま方に
負けないように、このハートに ちかって がんばる
おとめ♥ 一流アート学園入りを 目指して、
お絵かきガールが いざ、むしゃ しゅぎょうへ!

書籍作品におけるビビッティア 編集

星のカービィ (高瀬美恵)
星のカービィ スターアライズ フレンズ大冒険! 編
原作の「星の〇〇〇〇」での設定通り、一流アート学園への入学を目指している。プププランドからは遠い地方に住んでいて、ビビッティアもプププランドという地名は聞いたことがあったが来たことは無かった。紫色のハートのせいでおかしくなった友達から逃げていたらそのハートが降りかかってきて、逃げ切れずに影響を受けてしまっていた。友達のプルアンナを元に戻そうとしたときは、プルアンナの嫌いな自然を汚す物の絵を描いてポイ捨てした。セイントスクエアーズでは融けているチリーを冷やすために冷蔵庫を描いていたが、メタナイトの妨害でその術が破られてしまった。ジャマハルダに乗りこんでからは、ジャハルビートとの戦いでカービィにコピーされることで力になっていたが、フラン・ルージュの攻撃でコピーが解除されてしまった。ザン・パルルティザーヌとの戦いではカービィが狙われているときに、気配を殺して近づいたが察知されていて攻撃を喰らってしまう。その後、水を出せばいいと発覚してからは、スプリンクラー、水道の蛇口、金魚鉢といった水を出すものを描いて攻撃した。
星のカービィ スターアライズ 宇宙の大ピンチ!? 編
エンデ・ニルとの最終決戦で心のみが飛来し、カービィ達に力を与えた。

余談 編集

  • 絵画に関連する能力を持ったドロシアペインシアとの関連が示唆されている。サントラのブックレットの設定イラストには、「ドロシア姉様」、「ペインシア姉様」と表記されており、ポーズ画面の「お姉さま方」とは彼女らのことであると思われる。ドロシア同様クレイシアとの関係は不明であり、サントラブックレットには「クレイシアさん」とあることから、おそらく他人であると思われる。

画像 編集

脚注 編集

  1. ^ ファミ通出版の「星のカービィ スターアライズ かんぺきサポートガイド」p.209

関連記事 編集


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。