Fandom


バル艦長
Bar-sdx-face1
星のカービィ スーパーデラックス』のバル艦長
読み: ばるかんちょう
英名: Captain Vul
初登場: 星のカービィ スーパーデラックス
分類: キャラクター
この空中戦艦『ハルバード』で、プププランドは制圧されるのだ!

—バル艦長(『SDX』ゲーム内テロップ)

バル艦長( - かんちょう)は、星のカービィシリーズに登場するキャラクター

概要 編集

戦艦ハルバードの艦長。鳥のキャラクター。彼の全身は、「メタナイトの逆襲」のオープニングで後姿、「メタナイトでゴーDX」のエンディングの絵で正面姿が確認できる。艦長として冷静に判断を下そうとする一方で、ヘビーロブスターを艦内で強引に発進させたり、真っ先に沈みゆく艦から脱出したりと後先顧みない行動も多い。「メタナイトの逆襲」の件以降も、戦艦ハルバードの管理を任されているらしい[1]

登場作品 編集

星のカービィ スーパーデラックス星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
「メタナイトの逆襲」にのみ登場。隠し部屋にへそくり(トマトキャンディ)を隠していた。CHAPTER 7にて戦艦ハルバードを真っ先に脱出した。カービィと戦うことも無かった。SDXでは彼の名称が明らかになっていなかったが、USDXで彼の名称が明らかになった。
星のカービィ トリプルデラックス
キーホルダーとして登場。
星のカービィ スターアライズ
ストーンの変身で、メタナイトと一緒に登場。

小説作品でのバル艦長 編集

ゲーム内では散々な役回りだが、こちらではまともな性格をしており、メタナイトへの忠誠心も非常に強く、メタナイツが知らないようなことも知っていたりする。一方で原作のようなどこか抜けているような部分も踏襲されている。ゲームをノベライズ化した作品では原作に登場していなくても小説では活躍していることもあり、ゲームシリーズと比べて出番が非常に多い。

星のカービィ メタナイトとあやつり姫
初登場。戦艦ハルバードのワープ機能の作動を連絡し忘れてメタナイトに注意される。
星のカービィ プププランドで大レース! の巻
プププランドからのウォーキーからによる通信が入っていることをメタナイトに知らせた。
星のカービィ ロボボプラネットの大冒険!
原作には未登場。隙をつかれ人質となってしまい、やむを得ずメタナイトは敵に捕まってしまう。メタナイトボーグが敗れた後は、メタナイトを介抱し、戦艦ハルバードに乗ってメタナイトと共にカービィの元へ向かう。ちなみにp.135でバル艦長が「メタナイトの逆襲」のリアクター戦前に言っていた台詞「しぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ! よけいなこと言うなっ!」をそのまんま言う。
星のカービィ メタナイトと銀河最強の戦士
メタナイトがかつてギャラクティックナイトと戦ったことを知っていた。また、クールな過去があるらしく、闇市惑星の存在を知っていた。メタナイトの過失を認められないメタナイツを諌める。
星のカービィ 決戦! バトルデラックス!!
原作には未登場。メタナイトがアックスナイトと共にデデデグランプリに参加している所を一緒に来ていた。
星のカービィ スターアライズ フレンズ大冒険! 編
原作ではストーンの変身パターンでのみ登場。メタナイツと共に、メタナイトの指示で、ポップスター上空の無人調査機で紫色の雲について調べていた。メタナイトが再び戻ってきたときにはアイスクリームの話をしていて、メタナイトにはバル艦長が断じてチリーの話ではないとあわてふためきながら説明していた。その話によればあんこを乗せた上に黒蜜をかけてきな粉をかけて食べるのが好きらしい。無人調査機がカービィ達を映した時は驚いていた。事件解決後、まだ三魔官たちには何か目的があると気づき、ハルバードの大スクリーンに星図を映し出して彼女たちの動向を探っていた。
星のカービィ スターアライズ 宇宙の大ピンチ!? 編
メタナイトの命令でデデデ大王にカービィを連れてくるように頼むが、断られ、通信を切られてしまう。
星のカービィ 毛糸の世界で大事件!
原作には未登場。メタナイトとともに毛糸と化したプププランドを戦艦ハルバードから見ていた。
星のカービィ 虹の島々を救え! の巻
コックカワサキの新作ケーキを買いに来ていたが、カービィが食べつくしてしまっていた。デデデ大王が虹の島々でバカンスをするという話を聞くと、メタナイトに虹の島々の事件のことを伝え、ともに向かう。中盤は乗れる人数の限られた小型艇で雲の上へ向かったため、地上に残ることになる。
星のカービィ 夢幻の歯車を探せ!
世界観が違うので、メタナイトに仕えるバル執事として登場。呼び鈴も鳴らさずに忍び込んでいるドロッチェや入室の許可もしてないのに上がりこんでくるマホロアに手を焼く。

画像 編集

脚注 編集

関連記事 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。