カービィWiki
Advertisement
バウンシー
バウンシー wii.jpg
星のカービィWii』のバウンシー
読み: ばうんしー
英名: Bouncy
能力: スカ
初登場: 星のカービィ2
分類: ザコ敵

バウンシーは、星のカービィシリーズに登場する敵キャラクター

概要[]

UFOカービィのような姿に大、中、小の3つの輪っかが重なったような形をしたバネの脚と、後頭部に大きな赤いリボンをつけている。登場当初はゲーム中のドット絵でも公式イラストでも頭から2本の毛が生えていたが、『3』以降はなくなった。「バウンー」とするのは誤記であり、稀に名前の似ている「バウンダー」と誤認される事もある。
基本その場で跳ねていたり、一定範囲内を跳ねて回るだけ。性別については特に示されていないが、上記のような容姿や、『Wii』で登場した亜種「シスターバウンド」や、『TDX』でのキーホルダー配列、星のカービィ25周年公式Twitterにて、リボンドロシアといった女性キャラと一緒にパーティーを楽しむ公式イラストが公開されるなど、女性として扱われることが殆んどで、漫画作品などでは基本的に女の子として登場する。
公式絵は『2』と『ブロックボール』、『3』と『タッチ! カービィ』が存在し、『2』と『ブロックボール』は向きと体色が異なるのみである。ゲーム中では、彼女の目は主に線が多く、『64』でも見た目デフォルメされたデザインだったが、『Wii』以降のデザインではカービィワドルディ等と同じ瞳で描かれ、頬も描かれた。
ちなみに「『星のカービィ3』任天堂公式ガイドブック p.4」には「カービィとまちがえられるのがイヤで、最近はリボンをつけている。」という解説があり、さらに『タチカビSR』では「いつも飛びはねているのは、ジャンプしたときに見える景色が好きだから」という解説がされている。

登場作品[]

星のカービィ2
基本3回跳んだ後でカービィの居る方へと方向転換したり、その場で踏み込みを3度する。ステージによっては動きが速く、前後から猛スピードで突進してくるものもいる。前頭部の辺りに毛が2本生えており、バネの数は4つ。虹のしずくを全て集めなかったときのエンディングでは「BOUNCY TY」(バウンシータイ)と紹介されている(公式ガイドブック等では単に「バウンシー」である)。
カービィのブロックボール
ステージ9-1、10-2、11-1に出現。倒すとバネや体がバラバラになり、「チェンジャー」に変わる。
星のカービィ3
全て定範囲で跳ね続けており、この作品から現在の大きな赤いリボン(跳ねる度に舞う)と、3つのバネの姿になっている。グラスランドのステージ2、5およびアイスバーグのステージ4以外はステージの中盤か終盤にしか登場せず、クラウディパークのステージ6・アイスバーグのステージ5では彼女の描かれた絵が実体化する(といっても絵のまま跳ねるだけ)。
星のカービィ64
その場で跳ねていたり、跳ねる度に方向転換したり、同じ場所を繰り返し往復しているものがいる。ポップスター・ステージ2では巨大なバウンシーである「デカバウンシー」がルームガーダーとして登場する。その場で跳ねているだけで攻撃はしてこないが、吸い込んで吐き出す際はバネの部分には効かないので注意。リフトアップしても何もないが、投げると変な風に回転しながら飛んでいく。カードナンバーは17番。
タッチ! カービィ
その場で跳ねていたり、跳ねる間隔や高さの異なるものが存在する。この作品からリボンのシワや細かな動きの他、やられた時の表情が加わり、見た目大きなリボンを揺らしながら跳ねている仕草へと変わった。最も高く跳んでいるのは「リフトルイン」のゴール前のマップで、最も飛距離が長いのは「パレットポリス」の2つ目の大きなマップの一番上のノイズエリア地帯のもの。ミニゲームの「ブロックアタック」ではブロックを消してもその場で跳ね続けていたり、カービィの居る方を常に向いている。
あつめて!カービィ
ミニゲーム「カービィのたいけつ! ピンボール」にのみ登場する。左端に3体並び、小刻みに跳ねているだけでまとめて倒すと得点になる。倒すたびに1体当たりの点数が10点増す。
星のカービィ Wii
この作品では表情が細かく、初めて頬や頭のリボンの内生地等が描かれ、これまでのシリーズと比べ、リボンが極端に大きなものへと変わった。動きは『タッチ! カービィ』と大体同じだが、背後に回るとこちらへ振り返るようになった。エクストラモードでは大小の異なるものがいる。またバウンシーよりも一回り大きくなり、目の上辺りに小さな赤いリボンを2つつけ、後頭部のリボンが赤地に白の水玉模様へと変わり、輪っかの辺りがオレンジと赤のフリフリのようなものになった「シスターバウンド」や、黒く目の周りが白いハート形で足が赤、黄、緑の三色になり、頭のリボンが白い羽のようなものになっているハルカンドラ版のバウンシーとでも言うべき「ハルカンバウンシー」という亜種も登場する。
星のカービィ 20周年スペシャルコレクション
星のカービィ トリプルデラックス
サブゲームである『大王のデデデでデン』にてお邪魔キャラとして登場。『Wii』でのデザインがそのまま使われているが、今回は左(プレイヤー)向きのみである。ジャンプの高さは2段階(レベルによっては3段階ある)で、その跳躍力は全作品中、最高クラスだと思われる。本編への登場はない。キーホルダーとしても登場。
デデデ大王のデデデでデンZ
タッチ! カービィ スーパーレインボー
『Wii』にて登場した亜種であるシスターバウンドも登場する。『タッチ! カービィ』と同様、群れで登場するステージもある。本作は瞳が黒く塗りつぶされている。
フィギュア説明文
いつも飛びはねているのは、
ジャンプしたときに見える
景色が好きだから。
はずむ心をおさえきれずに、
今日も元気に飛びはねる。
星のカービィ ロボボプラネット
サブゲームである「カービィの3Dチャレンジ」にてザコ敵として登場する。
カービィのすいこみ大作戦
カービィ バトルデラックス!
パラソルの衣装の一つに彼女を模した「バウンシーがさ」がある。
星のカービィ スターアライズ
通常のザコ敵として登場するほか、星のアドレーヌ&リボンディメンションIVにおいてデカバウンシーが『64』以来の復活を果たした。[1]デザインは『Wii』に近いものになっている。カービィで戦うことはないが、撃破後マルクマホロアブラックホールで吸い込めるため、内部上は撃破後爆発するまでに吸い込めるものと思われる。

漫画におけるバウンシー[]

星のカービィ デデデでプププなものがたり
16巻1話「遊園地を立て直せ!」に登場。「プププゆうえんち」の3代目支配人。隣にできた「ゴージャスランド」の所以で客足が途絶え、最後に楽しんでもらうためにカービィらを招待した。その後、カービィの半ば無理矢理な遊園地改造により、遊園地は崩壊しかけるが、逆に刺激を求める子供たちに人気が出たため、遊園地経営を続けることができた。ちなみにタイトルのページではカービィとの立ち姿の横に「バウンシー1回100円」という看板が置かれているが、何のゲームなのかは不明。ちなみに初登場は2巻7話だが、こちらは上記と異なり毛の生えたバウンシータイで、モブキャラとして1コマのみの登場。
星のカービィ! も〜れつプププアワー!
脇役として随所に登場し、主に他の女の子キャラと一緒にいることが多い。メタナイトに助けられる場面も存在する。カービィ達との直接的な関わりは少ない。

バウンシーを描いた漫画家・イラストレーター[]

作者 画像 掲載作品 備考
さくま良子 Bouncycomic001.jpg 星のカービィ (さくま良子) 画像は3巻扉絵、基本モブキャラ
ひかわ博一 Bouncycomic000.jpg 星のカービィ デデデでプププなものがたり 画像は16巻
谷口あさみ Bouncycomic002.jpg 星のカービィ! も〜れつプププアワー! 画像は3巻、ややモブキャラ
まつやま登 Bouncycomic032.jpg 星のカービィ カービィ&デデデのプププ日記 97話にてカービィ、チュチュとともに“ピンク3人むすめ”というダンスチームを組んだ
あおきけい&みかまる Bouncycomic029.jpg 星のカービィ プププヒーロー 下巻のWii編でゴライアスのお供をしている
大丸ロケット Bouncycomic033.jpg プププの大冒険 〜星のカービィ〜 ブロックボールの世界の敵として登場
苅野タウ・ぽと Bouncycomic031.jpg 星のカービィ まんぷく4コマぱふぇ 2013年12・1月号にて確認。カラオケ大会の前でワイワイしているキャラの内のひとり
路みちる Bouncycomic034.jpg 星のカービィ ぽよぽよな毎日 2014年 June号にて確認。紹介文は「リボンがカワイイ、ぴょんぴょん はねるキャラだよ。」
2015年 Spring号でも登場し、姿を見たチュチュが赤いリボンやピンクジャンプといった要素に注目し、「あの子もアイドル路線」だと呟いた
池野カエル Bouncycomic003.jpg 星のカービィ 4コママンガ劇場など 2巻ではワイユーにバネを引っ張られる。64-3巻にもちょこちょこ登場
藤森ナッツ Bouncycomic004.jpg 星のカービィ 4コママンガ劇場
藤凪かおる Bouncycomic005.jpg
Bouncycomic011.jpg
星のカービィ 4コママンガ劇場 2
星のカービィ64 4コママンガ劇場
志田朋美 Bouncycomic006.jpg 星のカービィ 4コママンガ劇場 2
玉原誠 Bouncycomic007.jpg 星のカービィ 4コママンガ劇場 2
前島聖美 Bouncycomic008.jpg 星のカービィ 4コママンガ劇場 4
あずき・まめお Bouncycomic009.jpg 星のカービィ 4コママンガ劇場 5
白鳥ハト Bouncycomic010.jpg
Bouncycomic016.jpg
星のカービィ64 4コママンガ劇場など 64-3巻の4コマ楽屋裏で乗ってみたいキャラクターとして紹介されている(下画像)
浅村イオン Bouncycomic012.jpg 星のカービィ64 4コママンガ劇場
栗本和博 Bouncycomic013.jpg 星のカービィ64 4コママンガ劇場 2
水谷みか Bouncycomic014.jpg 星のカービィ64 4コママンガ劇場 2
兼本あつこ Bouncycomic015.jpg 星のカービィ64 4コママンガ劇場 3 3巻扉絵にて
サイキユニ Bouncycomic017.jpg
Bouncycomic021.jpg
星のカービィ64 4コマギャグバトル
星のカービィ64 4コマギャグバトル ミックス編
五十嵐愛美 Bouncycomic018.jpg 星のカービィ64 4コマギャグバトル
都波みなと Bouncycomic019.jpg 星のカービィ64 4コマギャグバトル ミックス編 目次イラストにて
破弓翔 Bouncycomic020.jpg 星のカービィ64 4コマギャグバトル ミックス編
ふしみゆうり Bouncycomic022.jpg 星のカービィ64 4コマギャグバトル ミックス編
大賀一五 Bouncycomic028.jpg タッチ! カービィ 4コマギャグバトル
牧原ひさと Bouncycomic027.jpg タッチ! カービィ 4コマギャグバトル
花果弥佳 Bouncycomic023.jpg タッチ! カービィ 4コマギャグバトル
京侍洋那 Bouncycomic024.jpg タッチ! カービィ 4コマギャグバトル
川本祐太郎 Bouncycomic026.jpg 星のカービィ64 4コマまんが王国 中央に居るのはバウンシーに無理やり扮させられたカービィ
徳永健 Bouncycomic030.jpg 頸文社「星のカービィ2」 挿絵で登場
やまだみどり Bouncycomic025.jpg もっともっと星のカービィ

脚注[]

  1. ^ 正式名称は不明であるが、ここでは同キャラとして扱う。

他言語での名称[]

言語 名前 意味・由来
英語 Bouncy
バウンシー
“bounce”で「飛び跳ねる」の意。”bouncy”では「よく跳ねる」という意味になる。

画像[]

関連記事[]

Sleep.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Advertisement