Fandom


ハルトマンワークスカンパニーは、『星のカービィ ロボボプラネット』に登場する組織。

概要 編集

星のカービィ ロボボプラネット』における敵組織。ポップスターをキカイ化させた。惑星のキカイ化侵略、および経済の発展、資源の採取とその有効活用を事業内容とする。巨大侵略母艦アクシス アークスを拠点とし、一定期間で惑星間を移動する。ハルトマニーという独自の通貨を発行している。社歌は「銀河に名立たるハルトマン」。社章はHの字をデザインしたもの。敵キャラクターをキカイ化する、クローンを生み出すなど高い技術力が伺える。また、各地に研究所やカジノ、アイス工場を建設したりもしている。[1]

従業員 編集

社長 プレジデント・ハルトマン
社長秘書 秘書スージー
従業員 ハルトワーカーズラボトリィ

総数は現地採用含めて約860,000人。幹部はロボットばかりだという[2]。角川つばさ文庫の『星のカービィ ロボボプラネットの大冒険!』ではケイン所長というキャラもいる。

ハルトマンワークスカンパニー開発のマシン 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

詳しくは個々の当該記事参照。

インベードアーマー
ハルトワーカーズが操縦する黒色のアーマー。トランスポーターで輸送されてくる。カービィが搭乗することでロボボアーマーになる。
トランスポーター
名称は『星のカービィ スターアライズ』での秘書スージーの技より。黒いプロペラの付いたマシンで、インベードアーマーやスージーを運んで飛行する。
戦車兵ヴォル
小型の鉄巨兵ギガヴォルトのような兵器。近づくと腕を回転させ攻撃する。頭上のネジを回すことで、素早く倒せる。
鉄巨兵ギガヴォルト
43億ハルトマニーをかけて作られた巨大なロボット兵器。
鉄巨兵ギガヴォルト2
86億ハルトマニーをかけて作られた鉄巨兵ギガヴォルトの強化版。キカイ化しんりゃくプロジェクトの第2段階で地上へ送り出される。邪魔する存在を一掃するために開発された。
ンギュア基地
巨大な歯車で構成されたルート防衛の砲台基地。
コア・カブーラー
研究しせつの動力コアとしてンギュア基地に組みこまれていた空を飛ぶセキュリティマシン。デザインは『USDX』のカブーラーのものだが、上下に砲台が1門ずつ付いている。
ウィスピーボーグ
23億2500万ハルトマニーをかけてウィスピーウッズを改造した兵器。
ホログラフ防衛システムズ
ピクスのようなものが4つ合体したような外見をし、ホログラフのセキュリティシステムを4種類生み出して戦うセキュリティマシン。スージーが事故で異空間に飛ばされ、様々な世界とつながった時に、データを入手した。
リレインバー
幹部専用のインベードアーマー。秘書スージーが用いる。『ロボプラ』開発段階でのロボボアーマーのタイプの一つとしてデザインされていたもの。『スタアラ』でもドリームフレンズの秘書スージーが用いる上、フレンズ能力で属性を受けることで強化される。
メタナイトボーグ
プロダクトナンバーM-7110。23億2500万ハルトマニーをかけてメタナイトを改造したもの。仮面は命令に従うようにプログラムされた洗脳装置。
D3砲
93億ハルトマニーをかけて作られた立体砲台。カービィに一度敗れたクローンデデデに与えられた。ペダルで動力を供給する。
セキュリティサービス
メタルジェネラルに酷似したマシン。撃破すると自爆を試みる。
メタナイトボーグ改
スクラップになったメタナイトボーグがリニューアルされたもの。背中にアームが取り付けられている。
プレジデンバー
プレジデント・ハルトマン専用のマシン。リレインバーを豪華にしたような見た目。価格は約372億ハルトマニー。
星の夢
プレジデント・ハルトマンが銀河のかなたの文明を紐解き、カンパニーのテクノロジーで蘇らせたマザーコンピューター。ハルトマンワークスカンパニーの経営戦略を示す。
強化量産メタナイトボーグ
メタナイトボーグのデータを基に作られた量産型で、かなり強化されているが、実用化には至っていない。
星の夢.Soul OS
未知の攻撃により、最終プログラムをアンロックした星の夢。
H.W.C.せいレーザーガン
『星のカービィ スターアライズ』で登場。秘書スージーが持つ光線銃。フレンズ能力で属性を受けることでその性質が変わる。

その他ハルトマンワークスカンパニー関連 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。
ウィンドメーカー
送風機。ハルトマンワークスカンパニーのマークが書かれている。ポイズンガスとセットになっていることも。
クローンデデデ
プロダクトナンバーD-0030。スージー曰く「デ」ーンジャラスで、「デ」ーッドリーで、「デ」ーラックスなクローンモンスター。デデデ大王の細胞を基に作られた。
クローン剣士ダークマター
ダークマターの細胞を基に作られた。ダークマターは謎が多く、その正体は全容解明に至っていないらしい。虹のつるぎに対する意識を具現化し剣がたまに虹色に光る。また、ピンチのになると真の姿での攻撃も行う。
クローンセクトニア
ワールドツリーの花に残っていたクィン・セクトニアの細胞から生まれた。胸のハートマークが割れており、体や目の色も紫っぽくなっている。
マッドなフラスコ
『KHZ』のヒールドクターの武器装備。「とある カンパニー製 というウワサ」があり、そのフラスコ底面にハルトマンワークスカンパニーのロゴが記載されている。
ハルトニウム合金
インベードアーマーや『KHZ』のヒーローソードのぼうぐ「ハルトニウムヘルム」に用いられている未知の合金。

脚注 編集

関連記事 編集


Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。