Fandom


Bunki この記事はスタジアムの「ハイジャンプ」について書かれています。
  • コピー能力の「ハイジャンプ」については、ハイジャンプをご覧ください。
スティックを引いて、ジャンプの高さを競え! [2回勝負]

—ゲーム内説明

ハイジャンプとは、カービィのエアライドスタジアムの一つである。

概要 編集

その名のとおり、ジャンプ台からの高度を競う。エアグライダー同様、マシンの防御力はかなり高くなっているので、足を引っ張るなどの行動はほぼ無駄[要出典]。この競技は2回勝負であり、良いほうを記録としている。7985m辺りに見えない壁がある[1]

高度 編集

エアグライダー同様ジャンプ台を飛びたってから計測が始まり、床にぶつかるまで一番高く飛んだ地点を高度としている。記録はメートルまで計測され、床は高度に比例して間隔が広くなっていく。この床は上昇の際はすり抜けるため上昇の妨げにはならないが、下降の際には普通の床のように機能する。また青、茶、緑…と様々な色がある。

攻略法 編集

優秀マシン 編集

ウィリースクーター
エアグライダー同様の高い飛行能力を発揮。特に大したスティック操作なしでゆうに300mを超える。ダッシュパネルの2枚踏みとスタースリップを使えば400mも超す。
ヘビースター
A連打の無限上昇で7985m飛べる。ただし非常にシビアである(プッシュした時に床に着地しやすい)。
ジェットスター
ウィングスターと違い、垂直上昇できるのと、上昇時の加速が魅力。実際、ウィングスターよりも好成績をたたきだせる。
ライトスター
最高速、飛行能力、軽さを非常に重視したライトスターはスティックを手前に傾けてほぼ垂直に(場合によっては手前)に飛ぶことが出来る。

そのほか 編集

  • もちろん飛行能力も重要だが、飛行中なるべく距離を稼ぐための最高速度もとりわけ重要。
  • ドラグーンは垂直上昇が苦手だが、滑空能力と最高速は秀逸なので有利。

脚注 編集

  1. ^ 現在7986mを出している動画が確認されている - 強化ハイジャンプ ドラグーン 7986m【カービィのエアライド】

関連記事 編集


Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。