Fandom


ナゴバーニング
Nagoburning
読み: なごばーにんぐ
初登場: 星のカービィ3
分類: 仲間と合体

ナゴバーニングは、カービィが仲間と合体して使えるコピー能力の1つ。

概要 編集

ナゴと合体しているときにバーニングをコピーしていると使える能力。カービィが縦に長い火柱を前方に吐き出して攻撃する。この火柱は地面を這うようにして高速で進み、敵などを貫通する性質を持っている。火柱の長さはだんだん長くなるが、ある長さに達すると逆にだんだんと短くなっていく。威力は低め。『星のカービィ3』の公式サイトや取扱説明書では「ナゴファイアー」と誤植されている。

星のカービィ デデデでプププなものがたりでのナゴバーニング 編集

9巻 第9話「デデデ大王、大爆発!?」に登場。小さくなってデデデ大王の胃に入ったカービィが、生焼けの肉を食べる為に使用。これにより、デデデは体中の穴という穴から火を噴いて苦しむ羽目になった。

画像 編集


Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。