Fandom


Cappy dot この記事は“書きはじめ”です。まだ十分な情報が書かれていない可能性があります。この項目について知っている方はこの記事を書き、カービィWikiの手助けをしてくれると助かります!

デリバリーシステムは、アニメ『星のカービィ』に登場する機械。

概要 編集

デデデ大王ホーリーナイトメア社から買った魔獣デデデ城に送る装置。魔獣だけでなく、物品や魔獣以外の生物も転送できる。なお、クーリングオフは1時間以内。
9話の回想シーンによると、カービィプププランドに来る数年前(フームブンが赤ん坊の頃)の時点で既に設置されているのが確認できる。設置に掛かる費用は不明だが、98話デスタライヤーに壊された際に、デデデが取り替えるように要求すると、取り換えには9000億デデン掛かるという。
80話によると、客側の操作なしにカスタマーサービスの独断で作動させる機能が仕込まれている模様であり、65話冒頭で滅ぼされた惑星からナックルジョーが逃亡する際にこれが作動していたことから、ホーリーナイトメア社の判断によっては一方的に魔獣を送り込んで対象の惑星を滅ぼすことなども理論上可能だと思われる。
また、65話の同エピソードおよび、37話での使い方から、利用者側がカスタマーサービスの応答とは無関係に転送機能を使うこともできるようである。
100話では、プププランドの住民たちがデリバリーシステムを利用しナイトメア要塞からデデデ城に帰るというシーンもある。星のカービィ 参上! ドロッチェ団デデデ大王戦の背景にも登場した。

関連記事 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。