Fandom


(宮廷シェフ・カワサキ) ← 第11話 | 第12話 | 第13話 → (ププビレッジ年忘れ花火大会)
Theater012

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater012h

シアターの間で見られたアニメの表紙

デデデ城のユーレイ』( - じょう - )はアニメ『星のカービィ』の第12話のサブタイトルである。初回放送日は2001年12月22日、初回放送の視聴率は4.6%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

魔獣

あらすじ 編集

エスカルゴンの作ったインスタントカメラで、早速自分の姿を撮るデデデ。現像された写真には、半透明のユーレイが写っていた。エスカルゴンや城の住民たちの前では強がっているが、デデデはそうとうの怖がりで、一人でガタガタ震えていた。城の住民たちは次々と心霊現象を体験していく。しかし、それはデデデに復讐を望むエスカルゴンとそれに協力したカービィブンロロロ・ラララのイタズラだった。イタズラの場面が目撃され、白状するエスカルゴン。すべてが終わったと思ったが、本当の恐怖はその後だった……。

次回予告の台詞 編集

デデデ(以下デ)&エスカルゴン(以下エ):陛下、この城には恐ろしいユーレイが住み着いてるでゲスよ。(デ)ユ、ユーレイなんているわけないぞい。(エ)じゃあ1人でトイレに行ってごらんな。(デ)トイレに?お前も来るぞい。(エ)っへへへ。こわいんでゲショーが。(デ)怖くないぞい!でも一緒にくるぞい。(エ)うへへー、次回まで我慢するでゲースかー?あはは…。うぇっ。(デ)みんな!次の星のカービィは1人で見るでないぞい!

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 Escargoon Squad
エスカルゴン団[3]

名台詞・迷台詞編集

  • 「モデルがいいせいか良く撮れておる」(デデデ)
  • 「もし(幽霊が)でたらテレビで放送してやるぞい!」(デデデ)
  • エスカルゴンは居留守でゲス」(エスカルゴン)
  • 「わしの命令は絶対ぞい!」(デデデ)
  • 「おしっこ漏れるぞい」(デデデ)
  • 「誰にもいわねぇから」(エスカルゴン)-上記のデデデの発言に対して。
  • 「何をするんでゲスか、ちょ ちょっと あは~あ や、やめて許して~お止しになって、あれ~あ~~!」(エスカルゴン)
  • 「あらら大人のくせに気を失ってるよ」(ブン)
  • 「でも、エスカルゴンと一緒に悪戯できるとは思わなかったぜ」(ブン)
  • 「暗い怖いキャー」(エスカルゴン)
  • 「憎い陛下にいつかきっと仕返ししようと思って」(エスカルゴン)
  • 「まるで、いじめだな」(パーム)
  • 「なんて言うと思ったら大間違いぞい!」(デデデ)

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。