Fandom


ディメンションミラー
DimensionMirror
読み: でぃめんしょんみらー
英名: Dimension Mirror
ボス: ダークメタナイトダークマインド()
ダークメタナイト リベンジ(TDX)
登場:
鏡の国
← エリア9 | ディメンションミラー | --

ディメンションミラーは、『星のカービィ 鏡の大迷宮』のラストステージで、セントラルサークルの中央にある鏡の内部。もしくはその鏡の事。

概要 編集

プププランドの上空にある鏡の国の入り口の鏡、もしくはセントラルサークル中央にある鏡、その内部。縦の楕円形大型の鏡で、金色の翼と星の装飾がある。元は映った願いを叶える鏡だったが、ダークマインドの仕業で、悪い心のみを映すようになってしまった。一部攻略本ではエリア10と表記しているものもある[1]

登場作品 編集

星のカービィ 鏡の大迷宮
鏡の国の入口になっている他、ディメンションミラー内部への入口にもなっている。後者は冒頭でダークメタナイトにより、メタナイトが封印され、さらに8つに割られてしまう。この8つの鏡のかけらを集めることが本作の目的となる。
星のカービィ トリプルデラックス
クィン・セクトニアの自室にこれが飾られている。「デデデでゴー!」ではここからブラックデデデが召喚され、ディメンションミラー内でダークメタナイトと対峙する。ダークメタナイトが封印されたディメンションミラーは、最終的にデデデ大王に破壊された。Miiverse - スタッフルームにて、これは美を求める女王のためにと、フロラルドと同じ、プププランドの上空にあった鏡の国から、ささげものとしてタランザが取ってきて献上したもので、結果として鏡の持つ強い力によりセクトニアは暴君と化してしまったという記述がある。なお、デデデ大王は『星のカービィ 鏡の大迷宮』には登場しておらず、ディメンションミラーの存在を知っていたのかは不明。レアキーホルダーも存在し、ワイルド ワールド・ステージ2で入手できる。
タッチ! カービィ スーパーレインボー
サウンドルームにおける『鏡の大迷宮』のアイコンとなっている。
みんなで! カービィハンターズZ
黒い鏡として登場しているが同一のディメンションミラーであるかどうかは不明。映った者の闇の心を増幅させ実体化する。デザインは、翼が無くなり、ダークマインド第一形態についていたような尖った形のオブジェがついている。鏡の中からはタランザの心の闇「ダークタランザ」と、本作のラスボスの「キングD・マインド」が出てくる。
星のカービィ スターアライズ
イラストの「御宝争奪大迷宮」「虫ケラが鳴くロカビリー」に登場。Ver4.0.0以降ダークメタナイトでに入った時のマークでもある。

マップ 編集

かちぬきボスバトルではボス2からマップ3までのみカットされる。

ボス1
ボス「ダークメタナイト」との戦闘。
ボス2
ラスボスダークマインド」との戦闘。地面以外は特に何もないシンプルなステージとなっている。
マップ1
遺跡のようなマップ。シャッターとそれに対応するスイッチがたくさんある場所を進む。うまく進むとマキシムトマト1UPが手に入る。マップの最後にツイスターフレイマーがいる。
ボス3
ラスボス「ダークマインド」との戦闘。ステージの両端にすりぬけ床がある。
マップ2
主に水中を進む。4つの水流があり、左からマキシムトマト、無し、チェリー1UPである。一番左を進むと下にグランクがいるので勢いでぶつからないように注意。その先はトゲゴルドーを避けて進み、マップの最後にはスパーキーソードナイトがいる。
ボス4
ラスボス「ダークマインド」との戦闘。地面の両端が水場になっている。
マップ3
氷に覆われた場所を進む。スタート付近に骨付き肉スイッチがあり、壁の中のスイッチを押してシャッターを開けばすぐに次の戦闘に進めるが、回り道をすることでマキシムトマト1UPが手に入る。道中にスカーフィサーキブルブロントバートゴルドーソードナイトが居り、マスター等、スイッチを押せる能力を持っていない場合は、ここでソードを取得する必要がある。
ボス5
ラスボス「ダークマインド」との戦闘。地面が氷になっているので戦いにくい。
ボス6
ラスボス「ダークマインド(最終形態1)」との戦闘。
ボス7
ラスボス「ダークマインド(最終形態2)」との最終決戦。縦スクロールシューティングでの戦闘となる。

その他 編集

画像 編集

脚注 編集

  1. ^ メディアワークス「星のカービィ 鏡の大迷宮 鏡の国を大ぼうけん!! 100%クリアブック」p.141

関連記事 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。