FANDOM


ダークマター族は、『星のカービィ』シリーズに登場する種族。

概要 編集

『星のカービィ』シリーズにおける悪役であり、ラスボスとして登場する事が多い。黒い雲を拠点として星を侵略する他、ダークマターリアルダークマターは生物に憑依する能力を持つ。グーイカービィのようにコピー能力が使える。

ダークマター族とされているキャラクター 編集

ダークマター族とされているキャラクターは以下の4体である。

ダークマター族と似たキャラクター 編集

以下のキャラクターはダークマター族であるという公式発表がないが、姿形や能力がダークマター族そっくりであり、多くがラスボスとして登場している。

この上記5キャラクターに関しては、北米版ではDark Matterとして扱われていたことがある[1]が、国内版では関連性ははっきりとしていない設定である[2]

  • ダークマインド - "mind(マインド)"は"matter(マター)"の対義語である。
  • ダークゼロ - ゲーム中で生物に憑依している。
  • ダーククラフター - 同上。
  • エンデ・ニル - 闇の物質を崇めているという一族のハイネスに復活され、ソウル版のスペシャルページで闇の物質に生まれたと語られている。その上天使形態ではゼロツーに似た羽を見せ、最終コアはゼロツーに似た表情、ミラクルマターを彷彿とさせる技、球体ダークマターに酷似した姿を見せる。さらに最終的な強化版のニルは、ダークマインドに酷似した技を使い、球体ダークマターの姿の時にゼロのような色合いになる。

登場作品 編集

星のカービィ2
グーイダークマターリアルダークマターが登場。ダークマター族の初登場作品。
星のカービィ3
グーイとダークマターとゼロが登場。
星のカービィ64
本人ではないが、ダーク・リムラに取り憑かれたアドレーヌ戦で球体のダークマターが描かれる。
星のカービィ 参上! ドロッチェ団
収集要素のグラフィックピースで見られるイラストに剣士姿のものが見られる。
あつめて! カービィ
サブゲームのカービィマスターにダークマターが登場。最初は剣士姿だが、倒すと球体姿になる。
星のカービィ トリプルデラックス
収集要素のキーホルダーで『2』の剣士姿と『3』の球体姿のダークマターが登場。
星のカービィ ロボボプラネット
ダークマターの細胞を基にして生まれたクローン剣士ダークマターが登場。また、収集要素のキーホルダーで『2』の剣士姿と『3』の球体姿のダークマターとゼロが登場。
星のカービィ スターアライズ
グーイが登場。また、ゲーム内の収集要素イラストピースのイラスト、「くものうえドリーム」と「星空のいたずらパニック」にはグーイが、「バッドボスブラザーズ」には剣士姿のダークマターとゼロが描かれている。

脚注 編集

  1. ^ 北米任天堂公式サイト-Kirby 64: The Crystal Shardsより"Kirby's first 3-D adventure is also his Nintendo 64 debut, and it finds the always-versatile hero battling a new enemy called Dark Matter. Dark Matter is after a distant land's powerful crystal, but a young fairy named Ribbon attempts to save it by escaping with the gem to Dream Land. " (一部抜粋)
  2. ^ 星のカービィ プププ大全」p.21

関連項目 編集