Fandom


ザ ファウンテン オブ ドリーム
KNiD Fountain of Dreams Intro
GBA夢の泉デラックスより
読み: ざ ふぁうんてん おぶ どりーむ
英名: The Fountain of Dreams
初登場: 星のカービィ 夢の泉の物語
BGM: ザ ファウンテン オブ ドリーム
ボス: ナイトメアナイトメアーズパワーオーブ&ナイトメアウィザード)
登場:

ザ ファウンテン オブ ドリームとは、『星のカービィ』シリーズに登場する場所。

概要 編集

星のカービィ 夢の泉の物語』、『星のカービィ 夢の泉デラックス』におけるレベル8のステージで当作品のラストステージである。 英語でファウンテン (fountain) は「泉」、ドリーム (dream) は「夢」を意味する。 The fountain of dreamで「夢の泉」となる。

レベル7デデデ大王戦から直接続くステージで、ボス戦のみであり、プレイヤーがカービィを操作して進めるマップが存在しない。 ただし、オート操作で下記のストーリーが繰り広げられ、その時にカービィが歩いている夢の泉までの道のりが実質的なステージマップと言える。ゲームとしては、デデデ大王戦からの連戦となる。

ステージ開始時のムービーの内容 編集

夢の泉に辿り着き、デデデ大王からスターロッドを取り返したカービィ。 デデデ大王は、傷ついた体でなおもカービィがスターロッドを夢の泉に戻さないよう、頼み込み必死に食らいつこうとしていた。 しかし、プププランドの住民の良い夢を取り戻すという大きな目的を持っていたカービィは、自分の邪魔をして来るデデデ大王を不愉快に感じるだけで、彼を引きずりながら強引に歩みを進める。

夢の泉の目の前まで到着すると、カービィは鬱陶しいデデデ大王をスターロッドを振って弾き飛ばしてしまう。 邪魔者を退けたカービィの手によって、遂にスターロッドが夢の泉に戻されるのであるが……

それが悪夢の化身・ナイトメア復活の引き金となってしまう。

ステージの内容 編集

ステージ名こそ「夢の泉」を意味するが、ナイトメア復活後、カービィはスターロッドと共にデデデ大王に吸い込まれ、夢の泉から上空高くに向かってはき出される。 そのため、実際の戦場となるのはプププランド上空およびである。

プププランド上空に吐き出されたカービィは空中でナイトメアーズパワーオーブと激突。そのままシューティング形式で戦うことになる。撃破すると敵が逃げていくため、出現したワープスターで追うことになる。なお、一定時間が経過するまでにワープスターに乗れないとミスになる。

ワープスターに乗ったカービィは月に到着、そこでナイトメアウィザードが放った星形弾で撃ち落とされ、最終決戦になる。

ここでは専用のコピー能力、スターロッドで戦うことになる。

いわば「最終ボスと戦うためのチャプター」に該当するため、セーブデータから直接このステージに入ることはない。また、スターロッド以外のコピー能力は存在しない。

撃破後 編集

ナイトメアは爆発し、その衝撃で月は大きく欠けた(リメイク版ではエンディングのムービーに入る前から爆発の描写がある)。その後ワープスターに乗ったカービィがやってきて、そこで事件の真相が語られる。

実は、夢の泉から悪夢「ナイトメア」が生まれていた。それは夢の泉の流れに乗って、プププランドの全ての生き物を苦しめようとしていた。そこでデデデ大王はナイトメアを封じるために夢の泉の力の源であるスターロッドを7つに分け、あえて泉で水浴びをして悪役を演じていた。

カービィは飛んできたデデデ大王に手を振った後、ワープスターから夢の泉にスターロッドを投げつける。スターロッドは無事に夢の泉に戻り、プププランドの住民は再び夢を見ることができるようになった。

余談 編集

脚注 編集

関連記事 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。