Non kirby.gif この記事は星のカービィシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、カービィWikiではカービィ関連についてしか記述していません。また、編集の際はカービィに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。

サテラビューとは、スーパーファミコン専用の周辺機器。1995年4月中旬より申込者に発送が開始された。同年11月1日には店頭でも発売され、価格は18,000円。ゲームなどを取り扱った番組が不定期に放送・配信されていた。

概要[編集 | ソースを編集]

1995年に発売され、1995年4月23日から2000年6月30日までBSアナログ放送にて実施されたスーパーファミコン向け衛星データ放送サービスを受信することができた。BSアナログ放送受信環境とサテラビュー機器があれば、無料で楽しめる事ができた。ゲームに関係するラジオは有料だが、ゲームとラジオ音声が連動する『サウンドリンクゲーム』では、ラジオ放送も無料で楽しめた。しかし通信販売(後に一部店舗で販売)が主であったこと、広報活動が少なかったこと、BSアナログ放送が高価だったことや次世代機が登場したことなどにより、そこまで普及には至らなかった。サテラビュー向けのゲームを現在プレイするのは非常に困難である。

システム[編集 | ソースを編集]

衛星放送専用カセット『BS-X ~それは名前を盗まれた街の物語~』のカセットからゲームを受信できる。BS-Xを起動し、「ぼくの家」からサテラビューのゲームを受信し、プレイできる。ゲームを予約することができ、8Mメモリーパックに保存できる。このメモリーパックはデータが非常に消えやすく、カービィのおもちゃ箱Special Tee Shotなどのゲームをプレイすることを困難にする原因のひとつである。

カービィが出演するゲーム[編集 | ソースを編集]

カービィのおもちゃ箱 (1996年2月8日配信開始)
星のカービィ SDXの宣伝も兼ねたミニゲーム集。1日2本配信されていた。1本あたり、2M使用。[要出典]

カービィに関係するゲーム[編集 | ソースを編集]

Special Tee Shot (1996年配信開始)
カービィボウルの元となったゲーム。ちなみに、サテラビュー向け衛星データ放送終了の日にも再放送されていた。

関連記事[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。