Fandom


クローンデデデ
DededeClone
星のカービィ ロボボプラネット』のクローンデデデ
読み: くろーんででで
英名: Dedede Clone
能力: ビーム(シャイニングハンマー)
初登場: 星のカービィ ロボボプラネット
分類: 大ボス
デーンジャラスで、デーッドリーで、デーラックスなクローンモンスターですわ。

—秘書スージー(『ロボプラ』ムービー内セリフ)

クローンデデデは、星のカービィシリーズに登場する敵キャラクター

概要 編集

星のカービィ ロボボプラネット』で初登場。エリア5「リポジトリム リズム」のボス。スージーがひそかに採取したデデデ大王のわずかな細胞とハルトマンワークスカンパニーの技術力によって生み出された、見た目も強さもデデデ大王にそっくりなクローン兵士。細胞が持っていたカービィ(Re:はメタナイト)へのライバル心が襲い掛かるが、一方で完璧にクローン化することは断念しているようである。試作では食べ物ばかり求めたり、とある昆虫(おそらくクィン・セクトニアの蜂)を恐れたりと兵士として不完全であったためとのこと。色は紫色で、ハンマーやガウンの背にはハルトマンワークスカンパニーロゴが描かれている。当初はクローンデデデ1体だが、第2段階から3体に分裂してデデデクローンズとなる。倒した後は、デデデクローンズは、立体砲台D3砲に乗り込み、クローンデデデ&D3砲との戦闘になる。プロダクトナンバーは「D-0030」で、これはデデデ+王様の語呂合わせ。「メタナイトでゴー リターンズ」では強化版のRe:クローンデデデが登場。色が淡いクリーム色になり、攻撃も強化される。3体になったときの名称はRe:デデデクローンズ[1]

クローンデデデが登場するゲーム 編集

星のカービィ ロボボプラネット
概要の通り。

攻撃技 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。
がんばり吸いこみ Term icon official
カービィを吸い込もうとする。吸い込んだ後は画面手前に吐き出す。分裂後は使用しない。
スライディング Term icon official
ダッシュしてずっこけてくる。
ハンマー叩き付け Term icon official
ハンマーを振りかぶって接近し、カービィの近くで振り下ろす。ジャンプした場合は、ハンマーを地面に叩き付けるとともに衝撃波を放つ。Re:は移動速度が上昇する。
ホバリング体当たり Term icon official
ホバリングして体当たりをする。
3連デデデジャンプ Term icon official
3回連続でジャンプして攻撃。単発のジャンプも使用する。Re:は動作が高速化する。
デデデクローンズ Term icon official
第1段階を撃破すると3体に分裂する。倒しても1体につき2回まで復活するが、復活する度に身体が小さくなり、体力も落ちていく。
みんなでハンマーファーマー Term icon official
第2段階で使用。デデデクローンズ3体全員でハンマーを鍬で耕すように連続で叩きつけて移動する。最後に高く跳んでハンマーを地面に叩きつけ衝撃波を放つ。
みんなでスライディングターン Term icon official
Re:で第2段階冒頭に使用。デデデクローンズ3体全員でスライディングをする。1回したあとに、向きを変えてもう1回する。
ハンマーショット Term icon unofficial
Re:で使用。ブラックデデデのアクスショットに同じ。名称もそれから推測。弾を2発飛ばす。
シャイニングハンマー Term icon unofficial
Re:で使用。マスクド・デデデ リベンジのシャイニングアクスに同じ。名称もそれから推測。ハンマーを掲げて黄色い弾を大量に放つ。弾をコピーするとビーム

ポーズ時の説明文 編集

星のカービィ ロボボプラネット
クローンデデデ
この星で かなり強い 生命体として、あの
デデデ大王の さいぼうを スージーが ひそかに
さいしゅ。そこから生まれた クローンモンスター。
声も すがたも、そして強さも まるで本人…
いや、強さはそれいじょう かもしれない。
Re:クローンデデデ
声も すがたも まるでデデデ大王 と同じだが、
その心まで クローン化する ことは だんねんした。
いくつかの しさくでは、食べ物ばかり もとめたり、
とある こん虫を やたらと おそれたりと、
兵士として、不完全で あったため である。

画像 編集

余談 編集

  • クローンデデデ登場前ムービーのスージーの台詞「デーンジャラスで、デーッドリーで、デーラックスな」は全て頭文字がDで始まる単語で、3つでDDDである。

脚注 編集

  1. ^ 『任天堂公式ガイドブック 星のカービィ ロボボプラネット』(小学館)p.264

関連記事 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。