FANDOM


ガードは、カービィのアクションの1つ。

概要 編集

星のカービィSDX』と『星のカービィUSDX』と『Wii』以降の本編作品やそのシステムを使うミニゲームやその派生作品で使うことができる。LボタンまたはRボタン(Wii、カビコレではAボタン)を押すと行える。敵の攻撃を防ぐ。ただし、敵の攻撃の中にはガード不能[1]のものも存在する(デデデ大王の吸い込み、メタナイトの竜巻斬り、マルクのブラックホール等)。

また、ガードけずり[2]の技も存在する。ガードけずりの技は、ガードは出来るものの、通常より少ないダメージを受けてしまう(デデデ大王のハンマー攻撃等)。ただし、普通に受けると喰らい無敵で抜けられるがガードすると連続でヒットしてしまい、結果ガードした方が大きなダメージを受けてしまうものも存在する(マスクド デデデのデデデトルネイド等)。

『SDX』と『USDX』ではガードしている時に敵に触れると、その敵に1ダメージ与えられる[3]

ガードが使えるゲーム 編集

星のカービィ スーパーデラックス
ガードが初めて使える様になった作品。
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
ガードけずりの技を食らった時にも下画面に「いてっ!」が表示される様になった。
星のカービィ Wii星のカービィ 20周年スペシャルコレクション
これまでの作品よりガードけずりされる技が増え(ザコ敵の攻撃は完全防御できる)、中ボス・ボス本体への接触時のガードは必ずガードけずりされるようになっている。多人数プレイでおんぶ中に全員がガードのボタンを押すと「せーのでドン!」が発動できる。
星のカービィ トリプルデラックス
Wii』に比べるとガードけずりされる技が減り、スーパーデラックスのガードの仕様に近くなった。また、ガード中に十字ボタンを押すと「そのばかいひ」ができる。「カービィファイターズ!」では時間制限があり、ゲージが無くなると、フラついて隙ができてしまう。攻撃を受けるタイミングに合わせてガードを行うことで、「ジャストガード」となり、その間ゲージが減らなくなる。
カービィファイターズZ
「カービィファイターズ!」と同様
星のカービィ ロボボプラネット
U.F.O.では使用不可。「みんなで! カービィハンターズ」では「カービィファイターズ!」と同様。また、ステッカーUSDXでのガードのイラストのものがあり、「劇画風/カービィ」のポーズもガードに似ている。
みんなで! カービィハンターズZ
「カービィファイターズ!」と同様。
星のカービィ スターアライズ
『Wii』と同様の方法で「せーのでドン!」が発動可能。

ガードが特殊な効果を持つ能力、キャラ 編集

  • ジェットドクタードロッチェ秘書スージー - 攻撃のチャージ中やチャージ完了後にガードをする事で、そのチャージを保存することが可能。中にはチャージを最大にして保存した状態からのみ出せる技もある。なお、保存はガードだけではなくジャンプでも可能。
  • ニンジャ(TDX以降)、エスパー - 攻撃を受ける瞬間にガードすると、姿を消し、出現と同時に反撃できる。エスパーに関しては効果時間内はエネルギーに包まれる演出があり、ガードをしたタイミングが良ければさらに強力な技になる。
  • スティック - 攻撃を受ける瞬間にガードすると、反撃する。ガードのモーションも専用の、棒を構えるものが用意されている。
  • ロボボアーマースマブラ(ロボプラ)、リック&カイン&クーグーイ - ガード削りを無効化する。
  • ヒーローソード - ガード削りを無効化可能。また、自分を中心にバリアを張りその範囲内にいる仲間がガードしていなくてもガード削りを含めた攻撃が無効化できる。また、盾を構える専用演出がある。
  • ミラーダークメタナイト - ガード削りを無効化できる上、敵の飛び道具を反射できる。ミラーに関しては『ロボプラ』では一定時間経過でその効果が消える。
  • アイス(Wii以降) - ガード削りの攻撃も無効化できる上、解除時に攻撃判定が発生。
  • ベルスパイダータランザ - ガード削りも無効化できる上、攻撃を受けるとザコ敵にのみ効く攻撃判定が発生。
  • マホロア - ガード削りを無効化できるが、ガード削りか否かに関わらず10回攻撃を受けるとその効果が消える。2回攻撃を受けるたびに大ボスにも攻撃できる攻撃判定が発生。
  • タック - 殆どの攻撃が当たらなくなる。ガード不能の攻撃も避けられる。
  • リーフアドレーヌ&リボン - 殆どの攻撃が当たらなくなる上、解除時に攻撃判定が発生。ガード不能の攻撃も避けられるが、ストーンの石ころへんしんでも防げない攻撃は受けてしまう。
  • アイス(SDX・USDX)、パラソルソード(スタアラ) - アイスは氷に包まれる、パラソルは傘を構える、ソードは剣を構えるという専用のガードモーションがあるが、特殊効果はない。

その他 編集

  • 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズカービィがシールド防御をしたときのポーズは、ガード時のポーズと同じである。
  • カビコレ』付属ブックレットによれば、『SDX』の開発時には、ガード状態で身動きが取れなくなると爆発して攻撃する「ガードボム」が考えられていたが実用されなかった。

脚注 編集

  1. ^ 『任天堂公式ガイドブック 星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』小学館 p.155
  2. ^ 『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス ザ・コンプリートガイド』小学館 p.101
  3. ^ バトルウィンドウズ戦で確認出来る。
Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。