(内容を「このページは記事の下書きができるページとなっています。カービィシリーズの最新作が発売されてから1ヶ月以内のネタバレ…」で置換)
タグ: ソースの編集置換
タグ: ソースの編集
2行目: 2行目:
   
 
*現在以下の作品のネタバレが下書きされているので見る際は自己責任でお願いします。
 
*現在以下の作品のネタバレが下書きされているので見る際は自己責任でお願いします。
  +
  +
**[[星のカービィ スターアライズ]] (余談の項目) * 『公式設定資料集』より、本作のパッケージデザインは「新しい王道感」をテーマにしており、カービィの後ろに続くフレンズヘルパーはフレンズアクションを象徴した[[バイオスパーク]]、おなじみの[[パラソルワドルディ]]、新能力の[[ビビッティア]]などバランスや役割を考慮して選ばれている。 * 『公式設定資料集』より、本作ではドリームフレンズの概要が初期段階で決まっており、開発初期の資料でもマホロアが描かれている資料が存在する。また、[[アーティスト]]や[[スパイダー]]はドリームフレンズを作るときにより原作に齟齬がないように先行して作られている。 * 本作では「ハーフトーン」という表現手法で描かれたイラストが多く存在する。 [[フェスティバル]] *サンバの羽飾りに、マーチングバンドをモチーフとした帽子 [[アーティスト]] *『公式設定資料集』によると、新コピー能力としてだけでなく、アドレーヌ&リボンの登場がより高い確度で実現できるように考慮されて作られた。 [[スパイダー]] *『公式設定資料集』より、スパイダーの帽子は蜘蛛を模しているが、極力気味悪く見えないように装飾品とも見えるデザインを目指している。例えば、蜘蛛の目は金色の6個の楕円で表され、蜘蛛の足は膨らんでぬいぐるみのようにすることで虫に見えないようなデザインになっている。 *『公式設定資料集』より、コモがフレンズの一体と抜擢されたことがこのコピーが作られるきっかけとなった。 [[スティック]] *『公式設定資料集』より、この能力に限らず、武器を持つコピー能力は現実と非現実の中間を取り、実際に真似ができそうでできないバランスで技が作られている。 [[ティンクルスターアライズ]] *『公式設定資料集』によると、4人プレイすることを考えて全員に操作性が存在するようなデザインとして星が選ばれた。 [[星の〇〇〇〇]] * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』で掲載されたリック&カイン&クーの星の〇〇〇〇のタイトル画面デザイン案ではリック&カイン&クーの画像の代わりに[[コックカワサキ]]が使用されており、サブタイトルも「画像はカワサキで代用」になっている。 * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』で掲載されたマホロアおよびタランザおよび秘書スージーの星の〇〇〇〇のタイトル画面デザイン案ではサブタイトルが「サブタイトルサブタイト」になっている。三魔官シスターズも同様だが、名前が「三魔官」のみになっている。 [[三魔官シスターズ]] * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、当初は3体個別にドリームフレンズとして登場させる案があったが、担当プログラマーによりバトンタッチで交代することになった。 [[クライマックス オブ デデデ]] * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、背景は『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』を意識しつつも、プププランドで最後に訪れるステージとしてよりゴージャスにクライマックスの雰囲気が出るように作られている。 * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、デデデ大王戦の前の部屋には戦闘要素が存在したが、プレイヤーに緊張感を与えるために撤去された。 [[グリーングリーティング]] * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、草原と湖が広がる構図は『星のカービィ Wii』を継承している。 [[プルアンナ]] ** 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』で公開された資料によると、別デザイン案としてクジラをイメージしたデザインもあった。 [[ビビッティア]] * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、2本のおさげなどの案が出ていたが、攻撃するポイントを強調したいという理由から一本になり、かつ髪を垂らすのではなく頭上に掲げるようになった。また、どことなくドロシアやペインシアをと同じ種族を思わせるようなデザインになっている。 [[ドンパフル]] * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』で公開された資料によると、デザイン案ではクラッカーそのものやクラッカーに巻き付いた蝶があったが、スカキャラのような見た目になってしまったことから現在のデザインに落ち着いた。 [[メラーガガード]] * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、盾があるときとない時の対比が重要なキャラクターとして作られ、縦がない状態のデザインは薄い色など、「何もできない弱いキャラ」というイメージで作られている。 [[デデデ大王]] * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、マッチョ姿が登場したのはもともとのパワータイプの印象が薄れてきているからである。

2021年5月13日 (木) 12:16時点における版

このページは記事の下書きができるページとなっています。カービィシリーズの最新作が発売されてから1ヶ月以内のネタバレ規制期間にはネタバレに抵触する編集も可能ですが、「<!--」「-->」で挟むことで、コメントアウトするようお願いします。

  • 現在以下の作品のネタバレが下書きされているので見る際は自己責任でお願いします。
    • 星のカービィ スターアライズ (余談の項目) * 『公式設定資料集』より、本作のパッケージデザインは「新しい王道感」をテーマにしており、カービィの後ろに続くフレンズヘルパーはフレンズアクションを象徴したバイオスパーク、おなじみのパラソルワドルディ、新能力のビビッティアなどバランスや役割を考慮して選ばれている。 * 『公式設定資料集』より、本作ではドリームフレンズの概要が初期段階で決まっており、開発初期の資料でもマホロアが描かれている資料が存在する。また、アーティストスパイダーはドリームフレンズを作るときにより原作に齟齬がないように先行して作られている。 * 本作では「ハーフトーン」という表現手法で描かれたイラストが多く存在する。 フェスティバル *サンバの羽飾りに、マーチングバンドをモチーフとした帽子 アーティスト *『公式設定資料集』によると、新コピー能力としてだけでなく、アドレーヌ&リボンの登場がより高い確度で実現できるように考慮されて作られた。 スパイダー *『公式設定資料集』より、スパイダーの帽子は蜘蛛を模しているが、極力気味悪く見えないように装飾品とも見えるデザインを目指している。例えば、蜘蛛の目は金色の6個の楕円で表され、蜘蛛の足は膨らんでぬいぐるみのようにすることで虫に見えないようなデザインになっている。 *『公式設定資料集』より、コモがフレンズの一体と抜擢されたことがこのコピーが作られるきっかけとなった。 スティック *『公式設定資料集』より、この能力に限らず、武器を持つコピー能力は現実と非現実の中間を取り、実際に真似ができそうでできないバランスで技が作られている。 ティンクルスターアライズ *『公式設定資料集』によると、4人プレイすることを考えて全員に操作性が存在するようなデザインとして星が選ばれた。 星の〇〇〇〇 * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』で掲載されたリック&カイン&クーの星の〇〇〇〇のタイトル画面デザイン案ではリック&カイン&クーの画像の代わりにコックカワサキが使用されており、サブタイトルも「画像はカワサキで代用」になっている。 * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』で掲載されたマホロアおよびタランザおよび秘書スージーの星の〇〇〇〇のタイトル画面デザイン案ではサブタイトルが「サブタイトルサブタイト」になっている。三魔官シスターズも同様だが、名前が「三魔官」のみになっている。 三魔官シスターズ * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、当初は3体個別にドリームフレンズとして登場させる案があったが、担当プログラマーによりバトンタッチで交代することになった。 クライマックス オブ デデデ * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、背景は『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』を意識しつつも、プププランドで最後に訪れるステージとしてよりゴージャスにクライマックスの雰囲気が出るように作られている。 * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、デデデ大王戦の前の部屋には戦闘要素が存在したが、プレイヤーに緊張感を与えるために撤去された。 グリーングリーティング * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、草原と湖が広がる構図は『星のカービィ Wii』を継承している。 プルアンナ ** 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』で公開された資料によると、別デザイン案としてクジラをイメージしたデザインもあった。 ビビッティア * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、2本のおさげなどの案が出ていたが、攻撃するポイントを強調したいという理由から一本になり、かつ髪を垂らすのではなく頭上に掲げるようになった。また、どことなくドロシアやペインシアをと同じ種族を思わせるようなデザインになっている。 ドンパフル * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』で公開された資料によると、デザイン案ではクラッカーそのものやクラッカーに巻き付いた蝶があったが、スカキャラのような見た目になってしまったことから現在のデザインに落ち着いた。 メラーガガード * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、盾があるときとない時の対比が重要なキャラクターとして作られ、縦がない状態のデザインは薄い色など、「何もできない弱いキャラ」というイメージで作られている。 デデデ大王 * 『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』によると、マッチョ姿が登場したのはもともとのパワータイプの印象が薄れてきているからである。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。