Fandom


カインスパーク
Kine-spark1a
読み: かいんすぱーく
初登場: 星のカービィ2
分類: 仲間と合体

カインスパークは、カービィが仲間と合体して使えるコピー能力の1つ。

概要 編集

カインと合体した状態でスパークをコピーしていると使えるコピー能力。カインの口から電球を出して敵を攻撃する。また、ライトのように暗いエリアを明るく照らすことができ、謎解きをする際にしばしば必要となる能力である。

登場作品 編集

星のカービィ2
ボタンを押している間中電球を出し続けることができ、ボタンを離すとミサイルのように電球をとばすことができる。とばされた電球は敵や地形にぶつかったり、ボタンをもう一度押すと激しく爆発する。
星のカービィ3
電球を出したままにしてしばらく経つと電球が割れるが、敵を攻撃することはできる。ボタンを離しても電球はとばず、普通にしまわれる。

漫画でのカインスパーク 編集

星のカービィ デデデでプププなものがたり 編集

カイン単独での使用が可能。出力が高くなると、カインの胸鰭が棘っぽくなるようである。カービィや電球以外のキャラクターを咥えて使うこともでき、その場合は咥えているキャラクターを感電させる。カインのコピー能力の中では、出番が多い。

3巻 第2話「一大事、デデデ大王に暗殺予告!?」
対暗殺者の厳戒態勢の中、突如停電してしまう。カービィはカインとの合体コピーで明かりをつけようとするが、暗かったために間違ってデデデ大王の口に入ってしまい、更に間違ってニードルストーンを発動。ポピー達の指摘でスパークも使うが電球が出なかったので一旦離脱し、今度こそカインと合体してスパークを使ったところ、そこにはボロボロになったデデデが転がっていた。
3巻 第7話「プププランド演劇発表会、主役はだれだ!?」
デデデ主演の「桃太郎」で何とか目立ちたいカインは、スパーク状態になり、マジックペンで体に亀甲模様、電球に顔を書いてウミガメになりきって登場。Mr.フロスティが演じる犬の出番と思っていたデデデは怒ってカインを蹴り付けるが、そこにリックが演じる浦島太郎が現れる。
5巻 第2話「カービィ、ばかとのを忍法でこらしめる!!」
「忍法 しびれ豆電球」として使用。デデデ配下のクールスプークを咥えて感電させた。
6巻 第6話「デデデ大王のテレビショッピング!!」
カービィが何かを売ろうと思い立った時、スパーク状態のカインを「日焼けライト」として100円で売ろうとした。カインの目が時計に、尻鰭が台座になっている。ちなみに他の商品は、薄く伸ばしたリックを使った「ふかふかベッド」(500円)と、クーを使った「ほこりとり」(10円)。
6巻 第7話「ひみつけーさつポームズ登場!! デデデ大王殺人事件!?」
うそ発見器として登場。縦向きになったカインが被験者を咥え、その頭上にランプと化したカービィをセット。被験者が嘘をついていない場合、ランプとブザーが作動するようである。起動中は被験者に電撃が加わる為、実際には拷問器具に近い。作中ではデデデ殺害の最有力容疑者となったポピーに使った。
6巻 第9話「プププランドお楽しみツアー!?」
旅行に来たデデデ達をツアーガイドのカービィ達が出迎えた際、咥えた4つの電球に「ようこそ」と書いてある状態で使用。
後半では、カービィと合体した状態で「深海潜水艦ツアー」に使用。しかしカービィ以外にもリック・クー・デデデ・ポピーがカインの中にぎゅうぎゅう詰めの状態だった上、窓が無いので外が見えなかった。
7巻 第6話「デデデ大王のおうちに、おとまりする!!」
夜中に尿意を感じて目覚めたカービィだったが、既に消灯されていた為、カインスパークを使ってトイレに向かう。先にトイレに入っていたデデデは暗がりでカービィ達を見てお化けだと勘違いする。
9巻 おまけのカービィ4コマ劇場 3「きつい取り調べ」
なかなか口を割らないデデデ容疑者に対し、リック捜査官が照射。あまりの眩しさに耐えかねたデデデはついに罪を認める。
9巻 第9話「デデデ大王、大爆発!?」
デデデが飲み込んだ時限爆弾を取り出すべく、小さくなってデデデの体内に乗り込んだカービィ達。しかしそこは真っ暗だったため、カインスパークの出番となる。発動時にはデデデの全身が帯電した上、目と口からは閃光が放たれた。
9巻 第10話「ナゴVSリック! ライバル大激突!!」
ナゴとリックを仲直りさせたいカービィが、あるアイデアを閃いた時のイメージとして登場。それが失敗し、次のアイデアが閃いた時はクーが電球を咥えていた。
12巻 第3話「カービィの夏休み」
カービィが読んだ自由工作についての本に「手近な材料で作りましょう」と書いてあったため、作品「室内用ライト」の素材にされる。本体は縦向きになったカインで、電球はカインに咥えられたナゴ、傘はクリーンピッチ。カインは電池を繋がれたりテープや糊を付けられたりしているが、意味があるのかどうかは謎。

画像 編集


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。