Fandom


(勝ち抜け! デリバリー時代) ← 第68話 | 第69話 | 第70話 → (トッコリ卿の伝説)
Theater069

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater069h

シアターの間で見られたアニメの表紙

ウィスピーの森のエコツアー』( - もり - )はアニメ『星のカービィ』の第69話のサブタイトルである。初回放送日は2003年2月8日、初回放送の視聴率は3.5%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

あらすじ 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

次回予告の台詞 編集

フーム:ウィスピーウッズを斬り倒してゴルフ場を造りたくてたまらないデデデをどうやって止める?森を守るためには積極的にみんなに自然を楽しんでもらって、ビジネスと結び付けることが大切、と気づいた私はそれをエコツアーと名付けた。次はカービィと一緒に森の大冒険よ!

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 Trick or Trek
イタズラか小旅行か[2]

備考 編集

  • ストーリー全体が森林伐採に関する環境問題の風刺である[3]

名台詞・迷台詞 編集

  • ゴミを捨てた事をフームに咎められて「ワシの部屋と勘違いしたゾイ」(デデデ
  • 落ち葉が栄養源だとフームに言われて「どう見てもゴミゾイ」(デデデ)
  • 「うるさいことばっかり言うからみんなに煙たがられてるでゲス」(エスカルゴン)に対して「良き市民運動家の宿命ゾイ」(デデデ)
  • 木を切り倒そうとして「風水によれば、あれは森に悪影響を及ぼすゾイ」(デデデ)
  • 「ゴミ捨てて、木ぃ切って、火ぃ焚いて、こんなのエコツアーじゃなーい!!」(フーム)
  • 「残念だけど現実を直視しなきゃ」(フーム)
  • レン村長ボルン夫妻の様子を見て「大人って大したことねぇな…」(ブン
  • 「ちょっ、ちょっとま、ちょっと、こわい、やめて、やめ、やめて!馬鹿!ヤメロ!おい!!」「あああ、あんた、お、おも、重いんだからさ!」「だから言ったのにいいぃぃぃ」「泳げない!」(エスカルゴン
  • ブンの発言を受けて「ワシらはどうしてこうも」「利用されやすいのかしらね」(ボルン夫妻)
  • デデデの「ワシらは完全に遭難ゾイ」という発言に対して「そうなんです」(エスカルゴン)
  • 「愛してたゾイ」「愛してるでゲス」(デデデ&エスカルゴン) - デデデが過去形なのに対してエスカルゴンは現在(進行)形である
  • 「ああ、死なばもろともだ…!」(ウィスピーウッズ

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。